家業に入社した後継者の育成・・・「初期の仕事経験」の重要性

前回は、後継者の入社前の他社経験について考えました。今回は、家業に入社した後継者の育成における、「初期の仕事経験」の重要性について見ていきます。

家業の仕事の基本を「より深く」学ばせる

今回は、ファミリービジネスの長期にわたる後継者育成において、特に初期の仕事経験が持つ二つの要素について考えていきます。

 

一般的にあらゆる仕事では、新参者に対して修業の期間が存在します。将来の事業承継が予定されているファミリービジネスの後継者も例外ではありません。筆者による老舗ファミリーの企業調査でも、家業へ入社後、初期の仕事経験の積ませ方に様々な方法がとられていることが明らかになっています。

 

この初期の仕事経験で持つ第一の要素が、家業での業務の基本的な手順や方法の習得です。

 

某海苔製造販売業での事例では、歴代当主を継承する後継者に、仕入部を経験させる慣習が存在しています。これは、仕入部の仕事が各部署との横断的な連携が必要な業務であり、全社的な業務の動きを理解することができるからです。

 

また、某産業資材販売業では、後継者は入社後かならず営業部門に配属され、六ヶ月間、経験豊かな営業員と同行して業務を学んでいました。これは、同社の基幹事業である営業部門では、現場の顧客接点における提案や関係維持、新規開拓などの業務の基本を学ぶことができるからです。

 

このように初期の仕事経験では、将来の経営者として帝王学を学ぶというよりも、自社の製品サービス、家業の各部署の役割、外部取引先との取引慣行などを習得することに重きが置かれています。

家業の組織文化や商慣習もきっちり理解させる

初期の仕事経験が持つ第二の要素は、ファミリービジネス関係者(家業の従業員など)と後継者との関係性の構築にかかわるものです。

 

入社直後の後継者にとって従業員は、家業での勤務経験において先輩にあたります。そのような経験豊かな従業員から受入れられるためには、後継者は家業の組織文化や商慣習を理解しなければなりません。

 

先述の某海苔製造販売業では、後継者が入社初期の頃に現場従業員と協働して煮炊きものを製造する作業を経験していました。また、某酒造メーカーの後継者の場合は、製造工場において他の従業員よりも早く出社して製造業務に従事するよう指導されていました。

 

これらの事例が示唆することは、現場の厳しい仕事経験は、後継者に対して仕事そのものの教訓以上に、現場従業員との厳しい仕事の協働を通じて組織的な受容をもたらしてくれる可能性があります。極端な話をすれば、ファミリービジネスの後継者は将来の事業承継が予定されていることから、職場の同僚や上司に気兼ねする必要はありません。

 

他方で、後継者は気兼ねする必要がないからといって高飛車な態度をとってしまうと、将来組織の中で裸の王様になってしまう可能性もあります。初期の仕事経験は、後継者が将来の経営者として組織から受入れられる下地づくりとして重要な意味を持っているといえるでしょう。

 

【図表 後継者の初期の仕事経験が持つ二つの要素】

出所)Barach et al.(1988)の図1(p. 52)およびHandler(1992)の図表5-5(訳書, 136頁)を参考に、筆者が作成。
出所:Barach et al.(1988)の図1(p. 52)およびHandler(1992)の図表5-5(訳書, 136頁)を参考に、筆者が作成。

 

かつての三井本家の家訓である宗竺遺書(そうじくいしょ)によると、「同族の子弟を丁稚や手代と同様に扱い、決して特別扱いしてはならない」と定められています。ファミリービジネスの後継者は将来の経営者候補であるからこそ、事業の当事者として家業の仕事の基本をより深く学び、家業の価値観を共有することによって従業員からも受入れられなくてはなりません。だからこそ、三井家では、後継者の家業入社後の仕事経験の重要性を認識し、家訓として世代から世代へと継承していったといえるでしょう。

 

<参考文献>

「中小企業の事業承継と企業変革:老舗企業の承継事例から学ぶ」『プログレス 2016年11月号(中部産業連盟機関誌、pp. 9-14)』(落合康裕、2016年)

『事業承継のジレンマ:後継者の制約と自律のマネジメント』(落合康裕、白桃書房、2016年)

Barach, J. A., Gantisky, J., Carson, J. A., & Doochin, B. A. (1988). ENTRY OF THE NEXT GENERATION- STRATEGIC CHALLENGE FOR FAMILY BUSINESS. Journal Of Small Business Management, 26(2), 49-56.

Handler, W. C. (1992). The Succession Experience of the Next Generation. Family Business Review, 5(3), 283-307.

本連載は書下ろしです。原稿内容は掲載時の法律に基づいて執筆されています。

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載円滑な世代交代を実現――事業承継の要諦

日本経済大学 経営学部 准教授 名古屋商科大学大学院 マネジメント研究科 客員教授

1973年神戸市生まれ。神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程修了。博士(経営学)。経営学者。
大和証券(株)入社後、本社人事部、大和証券SMBC (株)金融法人部をへて、2014年より日本経済大学経営学部(東京渋谷キャンパス)准教授就任。ファミリービジネス学会理事。
現在、ファミリー企業の事業承継について経営学の観点から研究を行う。大学での研究活動を軸に、ビジネススクールにおけるケースメソッド形式による事業承継講座を担当するほか、企業の事業承継に関する助言指導や実務家向けセミナーの講師などを務める。2015年末に日本で初めてとなる同族経営の実証研究書となる『ファミリービジネス白書』を同友館から発刊。同書の初代企画編集委員長を務める。

著者紹介

事業承継のジレンマ

事業承継のジレンマ

落合 康裕

白桃書房

【2017年度 ファミリービジネス学会賞受賞】 【2017年度 実践経営学会・名東賞受賞】 日本は、長寿企業が世界最多と言われています。特にその多くを占めるファミリービジネスにおいて、かねてよりその事業継続と事業承継…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧