不動産投資における「信用」の重要性

「不動産を動かすこと」だけで思い通りに資産を増やすことは、究極の投資活動といえるでしょう。本連載では、株式会社OKAMURAの代表取締役・岡村恭資氏の著書『続・なりたい人だけが資産家になれる 企業経営者を目指すな! 個人企業家を目指せ!』(風詠社)の中から一部を抜粋し、不動産投資で大きな利益を得るためのノウハウを紹介していきます。

自由に「売値を設定する権利」を得ることで・・・

都市の商業地を例にとれば坪1千万円で仕入れて駐車場を経営すれば固定資産税にわずかですが補助となる収入を得られます。

 

広い土地は不要なので3LDK規模の85平方メートル以下を基準に考えます。坪にすると25坪です。25坪×坪1千万円だと2億5千万円になります。

 

これを、今まで蓄積してきた信用で貯めた2億5千万円と考えれば、購入できるのは当然と言えます。ここまで来るのが大変ですが、ここに到達すれば事は簡単です。25坪の土地を購入できる個人はなかなかいないし、融資もつくことはないのです。これが最大のメリットです。

 

あなたに対する信用の厚さは、この時点でこのクラスまで余裕で手に入るほどになっています。そしてあなたはその土地を購入したとしましょう。所有権はあなたの名義です。もちろん、あなたの言い値(他にないのですから、あなたが自由に価格を設定する権利を持っています)で売却できるわけです。さて、坪2千万円にしますか? 坪3千万円にしますか?

 

このように自由に売値を設定する権利を得るため、売りに出ている周辺の土地をすべて取得し、相場を形成するという作業をするわけです。特許取得のときも同様の作業をします。類似の特許申請を防止するために周辺の特許をすべて申請してしまいます。こちらも相場を形成する必要があるため、周辺の売却に出ている物件は可能な限り自ら取得します。

今年、5億円というお金が本当に必要なのか!?

こうしてあなたが取得した数件の土地にはあなたが希望する価格がつくということになるわけです。絵画のオークションと同じシステムの出来上がりです。世界でたった一つしかないという現在の状況を査定するのは所有者本人です。あなたがそのレベルに達すると、このような行為が簡単に出来るということに反論はないでしょう。

 

今年中にある利幅によって売却したければその価格で売ればよいのです。その土地が希少価値を持ったものであれば納得して購入する人が存在します。景気に左右されることがあるかもしれませんが、いずれ元に戻ります。それは個人の所有する不動産だからです。

 

わずか25坪の土地といえ、2千万円を上乗せすれば5億円が今年の個人所得もしくは法人利益になるのです。但し、繰り返しになりますが重要なのは、「あなたに今年5億円というお金が本当に必要なのか」ということ。

 

すでに年間利益が3千万円ある個人として債務が3億円あれば、すべて返済すればよいのです。財務諸表が大きく改善します。それでも、まだ2億円の余剰金が出ています。これで利回り7%程度の収益不動産を購入すれば資産はさらに増加。これを繰り返すたび信用度が上塗りされていくわけです。

株式会社OKAMURA 代表取締役

昭和26年生まれ。京都外語大学卒業後、宅地建物主任者資格取得。昭和58年2月福岡県にて登録。以降、不動産関連事業に従事し、現在に至る。

著者紹介

連載「不動産を動かす」だけで儲ける資産家のノウハウ

続・なりたい人だけが資産家になれる―企業経営者を目指すな!個人企業家を目指せ!

続・なりたい人だけが資産家になれる―企業経営者を目指すな!個人企業家を目指せ!

岡村 恭資

風詠社

手持ち資金0円から資産家生活へ!“なりたいシリーズ”待望の第2弾!不動産を動かすだけで思うがままに資産を増やすノウハウとは…。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧