食卓の会話が学力の土台に!? 家族で食事をする重要性

近年ではライフスタイルの多様化により、かつての日本では当たり前だった、家族みんなでコミュニケーションを取りながら食卓を囲む機会が減少しています。本連載では、食事を通した親子のかかわりの大切さや、勉強のモチベーションを高める食卓作りについて考えていきます。

食卓は一家が一つになる、大切な団らんの場

本連載では「家族の食卓」をキーワードに、親から子へと伝えていきたい食文化や生活習慣、学習のヒントなどについても述べていきます。

 

まず私が提案したいのは、食卓での家族の団らんを取り戻そうということです。

 

家庭の食卓というのは、ただ単に食事をとる場所ではありません。食卓は家族の団らんを端的に示す場であり、子どもたちが成長していく場です。

 

親子やきょうだいで、あるいは祖父母を交えて一家そろって食卓を囲む姿は、ついこの間までは、ごく普通にどこの家庭でも見られたものです。

 

食卓に並ぶ料理は質素だったかもしれませんが、すべて母親の手による心の温まるものでした。家族それぞれに使う茶碗や箸、座る場所などが決まっており、そこには家庭における秩序が反映されていました。食卓につきながら食事の作法もそれとなく教えられ、子どもは食生活の大切さを自然と身に付けていきました。

 

そして食卓には笑いが起こり、涙があり、会話がはずんでいました。同じ時間に同じものを食べることで、より互いに共感し合える家族が形成され、食卓こそ、一家が一つになる大切な場所だったといえます。

薄れつつある「家族と過ごす食卓」の重要性を見直す

ところが、今はどうでしょうか。

 

孤食、個食といった言葉に表されるように、家族それぞれが違った時間に、違った場所で、一人で黙々と食事をとる姿も珍しくなくなっています。

 

また最近は、せっかく家族がいてもテレビの前で無言で食事、というシーンも多いかもしれません。あるいは、各自がスマホを眺めながら、黙々と食べているという寒々しい風景もあるようです。

 

私も当校の生徒の家庭の食事風景を見る機会があり、驚いたことがあります。

 

その子の家では食事時間になると、家族がそれぞれに自分の食べる分をプレートにのせ、各自テレビの見やすい場所に陣取って、目をテレビに釘付けにしたまま黙々と食べているのです。これではいくら同じ場に家族がいても、とても団らんとは呼べません。なかには「必要がないから、食卓自体がない」という家もありました。

 

父親と母親は仕事、子どもたちは習い事や部活動、塾と、慌ただしい現代の生活では、毎日家族がそろって食事をとるのは難しいケースもあるでしょう。しかし、毎日でなく週に何日かでもかまいません。また夕食が無理なら朝食だけでもいいので、家族で食卓を囲む時間をつくる努力をすることです。

 

小中学生を対象にしたある調査では、成績が上位のグループの子どもたちほど、朝食や夕食で家族そろって食事をする回数が多い、という結果も出ています。

 

研究者は「家族での食事を楽しんでいる家庭は、親も意識して努力をしている。子どももそれを知っているから『夕飯には遅れないように帰ろう』と考える。そして食卓でさまざまな会話をすることが学力の土台になり、成績にもつながっているのでは」と分析していますが、私もまったく同感です。

 

食生活がきちんとしている子の陰には、自分たちもそれなりにきちんと行動している親がいます。子どもは親の言うとおりにはならない、するとおりになるのです。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「健康」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載食卓等で「受験生のモチベーション」を高める方法

一般社団法人・日本青少年育成協会理事
食と健康財団副理事長
北海道健康医療フロンティア理事 

1940年札幌生まれ。
昭和60年(1985年)に札幌の中学浪人予備校が計画倒産し、中学浪人生が投げ出されたニュースに接し、その子どもたちを救おうと成績上位者から不登校や非行に陥った生徒に至るまでを対象とした中学浪人予備校「池上学院」を開校。2004年、学校法人池上学園「池上学院高等学校」開校。不登校や高校中退者を積極的に受け入れる。2009年、池上学院グローバルアカデミー専門学校開校。社会生活学科は全国唯一で発達障がい支援を必要とする若者たちを就労に結び付けている。また、学年、学力が異なるさまざまな生徒を広く全国から受け入れる総合学院として教育界における重責を担っている。
全国でも例を見ない「英語教師のためのプロ講座」はNHKで特番が組まれ話題を呼んだ。ラジオ、TV等での「池上公介のワンポイントイングリッシュ」は今もファンが多い。教育、食育の講演は全国で感動を呼んでいる。

著者紹介

学力は「食育」でつくられる。

学力は「食育」でつくられる。

池上 公介

幻冬舎メディアコンサルティング

勉強は「基礎が大事」と言われます。基礎がきちんとしていなければ、その上にいくら知識を積み上げても結局崩れてしまいます。同様に、学習に取り組む意欲や自己を律する自制心、困難に負けずに学び続ける気力・体力も大切です…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!