子どもの「伸びる力」が存分に発揮された事例

前回は、子どもが受験に失敗した際に、親としてどう対応するかを説明しました。今回は、子どもの「伸びる力」が存分に発揮された事例を見ていきます。

中学校で「落ちこぼれ」になってしまったFくん

私が子どもの可能性というものに真に気付かされたのは、中学を卒業したばかりのFくんとの出会いがきっかけです。私が中学浪人予備校を立ち上げて、4年目の早春のことでした。Fくんの母親はがんで入院中とのことで、痩せ細って見るからに痛ましい姿で学院を訪れ、こう話しました。

 

「私はここしばらく手術と入退院を繰り返してきましたが、子どものために死ぬわけにはいかないという一心で、病気と闘ってきました。息子が小学5年のときに夫と別れたので息子はおばあちゃんに預けましたが、住んでいる地域の教育レベルが高かったためでしょうか、だんだん落ちこぼれてしまい、中学ではついに全校最下位になってしまいました。

 

でも、息子はいい子なんです。私の入院している間、たびたび見舞いに来てくれ、私にニコニコと微笑みかけてくれました。私は息子が見舞いに来るたび、まじめにやりなさい、まじめにやれば必ず報われるから、と言い続けてきました。

 

うちの息子はいい子で、それまで見舞いに来た私の前で一度だって愚痴をこぼしたり、嫌なことを言ったりしませんでした。今回の高校受験も誰にも相談できず、一人で受験しました。

 

しかし受けても落ち、二次募集でも三次募集でも落ちて、私の顔を見るなり、病院中に響かんばかりにわんわん泣いたのです。

 

『俺は3年間、まじめに学校に通ったよ。学校では勉強なんか全然わからなかった。3年間、みんなから馬鹿だアホだと言われ続けた。だけど、母さんがまじめにやればなんとかなるって言うから、まじめに通ったけど、何ともならなかったじゃないか! わからない授業をじっと椅子に座って聞く辛さ、母さんにはわからないだろう』

 

私はこれでは死んでも死にきれません。先生、お願いですから面接だけでもしてください。それでダメなら、私はあきらめます」

 

私はFくんに会うことにしました。目の前に現れたFくんを見て、びっくりしました。身長180㎝はあるような、実にきちんとした少年が立っていたからです。これが学年最下位で、中学にも高校にも見放された少年かと目を疑いました。

 

そこでFくんを座らせ、紙に英語の中学1年のスタートである「This is a pen.」と書きました。読んでごらんと言うと、彼は首を横に振りました。わからないのです。数学と国語の先生を呼んで同じように見てもらいましたが、まったくダメでした。

 

私は驚くと同時に、怒りがこみ上げてきました。「こんないい子が取り残され、高校にも行けずに将来を閉ざされてしまうなんて間違っている!」と。

 

そしてFくんに問いかけました。

 

「高校に行きたいのかい?」

「はい」

「できる勉強ならしてみたいかい?」

「はい」

「よし、わかった。明日から君に勉強を教えよう」

 

そこから、私たちの戦いが始まりました。

子どもはみな、伸びていく力、成長する力をもっている

Fくんを入学させることを決めると、彼が自分と似たような子たちも助けてほしいと言うので、Fくんを含めて中学の学年最下位レベルの5人の子が高校受験を目指して勉強をすることになりました。

 

彼らの指導は、一つ覚え、二つ覚え、三つ目に行こうとするとそれまでのものが崩れるといった調子で、正直、生易しいものではありませんでした。こちらが泣きたくなったことも何度もあります。

 

しかし、さまざまな紆余曲折を経て秋頃になると、成果が目に見えるようになり始めました。かつて落ちこぼれと言われた子どもたちも、私たちの必死の指導に懸命に食らいついてきます。

 

そして翌春。とうとう5人全員が無事に高校に合格したのです!

 

私たちはあまりの感動に腰が抜け、へなへなになっていたのを覚えています。Fくんと仲間たちはピカピカの制服を身にまとい、晴れやかな顔でそれぞれの高校へと進学していきました。

 

世間は成績や学力だけで子どもを判断して、あの子は「落ちこぼれ」「ダメな子」と決めつけてしまいがちですが、そういう偏見からは何も生まれません。

 

子どもはみな、伸びていく力、成長する力をもっています。親御さんや私たち大人にできることは、成長の土台となる食事と生活をしっかり整え、子どものなかの伸びていこうとする力を信じることなのです。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「健康」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載食卓等で「受験生のモチベーション」を高める方法

一般社団法人・日本青少年育成協会理事
食と健康財団副理事長
北海道健康医療フロンティア理事 

1940年札幌生まれ。
昭和60年(1985年)に札幌の中学浪人予備校が計画倒産し、中学浪人生が投げ出されたニュースに接し、その子どもたちを救おうと成績上位者から不登校や非行に陥った生徒に至るまでを対象とした中学浪人予備校「池上学院」を開校。2004年、学校法人池上学園「池上学院高等学校」開校。不登校や高校中退者を積極的に受け入れる。2009年、池上学院グローバルアカデミー専門学校開校。社会生活学科は全国唯一で発達障がい支援を必要とする若者たちを就労に結び付けている。また、学年、学力が異なるさまざまな生徒を広く全国から受け入れる総合学院として教育界における重責を担っている。
全国でも例を見ない「英語教師のためのプロ講座」はNHKで特番が組まれ話題を呼んだ。ラジオ、TV等での「池上公介のワンポイントイングリッシュ」は今もファンが多い。教育、食育の講演は全国で感動を呼んでいる。

著者紹介

学力は「食育」でつくられる。

学力は「食育」でつくられる。

池上 公介

幻冬舎メディアコンサルティング

勉強は「基礎が大事」と言われます。基礎がきちんとしていなければ、その上にいくら知識を積み上げても結局崩れてしまいます。同様に、学習に取り組む意欲や自己を律する自制心、困難に負けずに学び続ける気力・体力も大切です…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧