ノベル版『女騎士、経理になる。』~第2章その⑫

幻冬舎コミックス運営のWEBマンガ雑誌「デンシバーズ」と幻冬舎ゴールドオンラインによる特別コラボ企画。デンシバーズの好評連載『女騎士、経理になる。』の原作小説で、2016年6月24日に発売された単行本『女騎士、経理になる。①鋳造された自由』のプロローグと第1章、第2章、第3章を無料公開します。今回は第2章「ガバメント・オブリゲーション」その⑫です。

▼夕刻、王宮

 

家臣「申し上げます! 港町銀行の者たちが到着しました」
財務大臣「報告ご苦労。では国王陛下をお呼びするとしよう」

 

家臣「いえ、それが……。すでに謁見の間に向かわれたとのことです」
財務大臣「何? まったく、どいつもこいつも私を差し置いて……」

 

家臣「もしや陛下は、嘆願を聞き入れるおつもりなのでしょうか」

 

財務大臣「そのようだ。名君たるもの民意に耳を傾けるべきだと、内務大臣に入れ知恵されたらしい。衆愚に振り回されては国を傾けるとご忠告したのだが、無駄だった。反抗期かもしれんな、あれは」

 

家臣「反抗期」
財務大臣「もう少し素直に育ってもらいたいものだ」

 

家臣「では、仲介業者の件はいかがですか?」
財務大臣「そちらについては、すでに手は打ってある」

 

家臣「どの銀行を仲介業者に選ぶか……最終的な決定権は精霊教会の代表者が握っていると存じますが」

 

財務大臣「その通りだ。港町銀行に応募を取り下げさせるか、もしくは──」
家臣「もしくは?」

 

財務大臣「何かしらの醜聞を見つけて、信頼を傷つけてやればいい。手はいくらでもある」

家臣「なるほど」

 

財務大臣「もとより、私は帝都銀行を推薦しているのだ。まかり間違っても、港町銀行が仲介業者に選ばれることはありえんよ。ふふふ……」

 

▼謁見の間

 

ショタ王「遅いぞ! ぼくは宿題をがんばって終わらせてきたんだぞ? このぼくを待たせるとは……」

 

財務大臣「どうかご容赦ください。ところで、あそこでひざまずいているのが?」
ショタ王「ああ、港町銀行の代理人だ。……顔を上げて名を名乗れ!」

 

衛兵「おもてをあげよ!」

 

女騎士「私はシルヴィア・ワールシュタット。国王陛下と拝謁する栄誉にあずかり、恐悦至極に存じます」

 

ショタ王「ふむ、ワールシュタット家か……。どこかで聞いたことがある名だ」

 

財務大臣(現在は人間国に併合された『波国』の名家でございます。……偽名でなければ、ですが)ボソッ

 

ショタ王「そうか、思い出したぞ。ワールシュタット家といえば、新大陸への入植初期に渡った五大貴族の1つだな?」

 

女騎士「さようでございます」
ショタ王「たしか、『副都の悲劇』で……」

 

女騎士「……はい、私を残して一族は滅びました」
ショタ王「そうか、悪いことを訊いた。……それで、もう1人のほうは?」

 

黒エルフ「あたしはルカ・ファン・ローデンスタイン。影国の商家の出身よ。わけあって港町銀行に雇われているわ」

 

財務大臣「貴様、陛下に向かってその口のきき方は何だ!」

 

ショタ王「よい。影国の生まれであれば、この国の言葉に不慣れなのだろう。……ふむ。その肌は生まれつきなのだな? まるでコーヒーを塗ったような色だ。できれば洗い流すところを見せてほしいが……」

 

黒エルフ「お断りするわ。ダークエルフを見たことがないの?」

 

ショタ王「かつて影国を創った誇り高き種族だと教わった。だが、最近では数が減ってしまったと聞く」

 

黒エルフ「ええ。今では影国の住民の大半は、あなたたちと同じ人類よ」

 

ショタ王「何にせよ、2人ともよくぞ帝都に参じてくれた。ぼくはフェリペ・ロペス・デ・レガスピ! 卑賤なる魔族を討ち滅ぼし……えっと……」

 

財務大臣(この世界の王となる)ボソッ
ショタ王「……こ、この世界の王となるべき者だ!」

 

女騎士・黒エルフ ハハーッ

ショタ王「諸君らの嘆願書、読ませてもらったぞ」

 

ぴらっ

 

ショタ王「港町は人間国の貿易の要。町を栄えさせるためには、貿易商たちにカネを融通する必要があり、国債購入の余裕はない……という内容だな」

 

黒エルフ「ええ。言われた額の半分までしか、あたしたちはカネを貸せないわ」
財務大臣「この国難のときに身勝手な……」

 

ショタ王「よし、1割だ」

 

財務大臣・黒エルフ「「ええっ」」
ショタ王「事前にぼくたちが勧告した額の1割でいい。お金を貸してくれ」

 

黒エルフ・女騎士 ぽかん……
ショタ王「どうした、不満か?」

 

黒エルフ「い、いえ……不満はないけど……」
財務大臣「陛下! どうかお考え直しください!」

 

ショタ王「なぜだ?」
財務大臣「戦艦の建造や改修が今後本格化します!」

 

ショタ王「海軍元帥から聞いたよ。シーサーペントの対策に、新型の大砲を調達するそうだな」

 

財務大臣「それだけではありません! 動員する兵士の給料、武器、兵站……カネはいくらあっても足りないのですよ?」

 

ショタ王「だけどぼくはもう決めた。そして、あの者たちは不満はないと言った。ぼくが決めた提案に、あの者たちは同意したのだ。これで契約成立だろう」

 

財務大臣「しかし──!」

 

ショタ王「ぼくが誰かと交わした約束を勝手にくつがえす……そんな権限はお前にはないはずだぞ、大臣」

 

財務大臣「お、おっしゃるとおりです……」

 

▼宮廷、正門

 

衛兵「こ、困ります! どうかお引き取りくださいませ!」
???「まあ! そんなことおっしゃらないでくださいな」

 

衛兵「国王陛下は、ただいま謁見に応じておいでです!」
???「あらあら、うふふ……。それならちょうどいいですわぁ」

 

衛兵「ああっ! お、お待ちください──」

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エンタメ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載特別コラボ特別企画――『デンシバーズ』発の異色人気ノベルを無料公開!

女騎士、経理になる。 ①鋳造された自由

女騎士、経理になる。 ①鋳造された自由

原作:Rootport,イラスト:こちも

幻冬舎コミックス

特殊スキル「簿記」を武器に世界を救え! twitter累計550万view! 話題沸騰の異世界会計英雄譚、原作小説登場!!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧