気鋭の日本人ファンド・マネージャーに聞く投資戦略【後編】

株式会社GCIアセット・マネジメントで活躍中の日本人ファンド・マネージャー山本 匡氏へのインタビュー。今回は後編です。聞き手は、香港に拠点を置く日系金融機関NWB(Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank)でCOOを勤める長谷川建一氏です。

独自性を重視する欧米のファンド

長谷川 日本人投資家と外国人投資家の趣向の違いについて、何か感じていらっしゃることはありますか?

 

山本 あくまで一般論ですが、機関投資家に関して言えば、日本の人事評価は減点方式と言われます。それ故、日本の機関投資家は保守的で、失敗しないものを選ぶように感じます。大きな組織で、安定感のある運用を好む傾向にあると感じます。もちろんそうでない人もたくさんいて、当社のファンドを採用して頂いている投資家様はそうでない人達に分類されるのだと思います。外国人投資家は、むしろファンドマネージャーの個性や戦略の独自性を重視し、自分が考えないような運用スタイルのものに関心を持っています。

 

長谷川 日本を拠点とするヘッジファンド・マネージャーが少ないことについて、何か感じ入るところはありますか?

 

山本 欧米では、ヘッジファンドという存在や、独自性のある運用を手掛けているファンドは非常に多く、ヘッジファンドといえば、そういうものという考え方です。当たり前になっています。そういう点では、もっと多様で独自性のある運用戦略を持ったファンドは日本でも、増えて欲しいと思います。

 

長谷川 日本での運用にこだわりはありますか?

 

山本 日本で生まれて日本で学んで、たまたま、入った運用会社が日本だったというだけですね。場所を問わない運用を手掛けているので、日本にこだわっているというわけではありません。日本ものの取引の実行には東京に一日の長はあります。逆に時差のあるところでの取引執行は、面倒な点はありますが。

低金利という逆風を受けているが・・・

長谷川 オルタナ全般に関して、金融リテラシーのあまり高くない投資家はやはり避けるべきなのか、それとも分散の観点から一部でもポートフォリオに組み入れるべきなのか?これはどうお考えになりますか?

 

山本 理解できないから組み込まないという判断もありますが、自分ではできない運用だからこそ、組み込んで分散するという考えも有用と思います。ひとりで考え、理解するには、限界がありますね。それより、他者を利用して、自分では考えられない対象や手法で運用するからこそ、結果も自分だけの運用とは異なり、分散の意味合いが出るということです。

 

長谷川 最近ヘッジファンドの運用成績が振るわず、サイズの大きなファンドが閉じたり、手数料の高さが改めて取りざたされたりしていますが、今後のヘッジファンド業界についてどのような見通しを持っていらっしゃいますか?

 

山本 低金利の環境がヘッジファンドの運用のベースを苦しくしていることは事実です。手数料ひとつとっても、それを打ち返す数パーセントの運用すら難しいという現実は、厳しいですね。ただ、環境は常に変化しますし、悲観的に考えてはいません。

(了)

本稿は、情報提供を目的として、インタビュー時点での経済データ等をもとに個人的な見解を述べたもので、GCIアセット・マネジメントおよびNWBとしての公式見解ではありません。また、特定の金融商品への投資の勧誘を目的とするものではありません。

「ヘッジファンド」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載香港に拠点を置く日系金融機関NWBのCOOによる特別インタビュー①

株式会社GCIアセット・マネジメント クオンツリサーチ&ストラテジー
京都ラボ:チーフ・サイエンティスト

経済学博士(東京大学)。大学院に通う傍ら2005年7月よりGCIアセット・マネジメントにインターンシップとして参画。2010年博士号取得後同社に入社。システマティック・マクロ戦略という独自の数量モデルに基づくヘッジファンドの運用に加え、為替オーバーレイや株式ダウンサイド・プロテクション等のカスタマイズ型リスクヘッジ戦略の運用を行う。2007年経済学修士(東京大学)。2005年東京大学理学部数学科卒。

著者紹介

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB/日本ウェルス) CIO

京都大学卒、MBA(神戸大学)。 シティバンクグループ日本及びニューヨーク本店にて資金証券部門の要職を歴任後、2000年にシティバンク日本のリテール部門で商品開発や市場営業部門のヘッドに就任。2002年にシティグループ・プライベートバンクのマーケティング部門ヘッドに就任。 2004年末、東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)に移り、リテール部門マーケティング責任者として活躍。2009年からは国際部門でアジア・リテール戦略を担い、2010年は香港にてBTMUウエルスマネージメント事業の立ち上げに従事。 2013年よりNippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(ニッポン・ウェルス・リミテッド・リストリクティド・ライセンス・バンク/日本ウェルス)にてCOOに就き、2017年3月よりCIOを務める。

WEBサイト https://jp.www.nipponwealth.com/

著者紹介

出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【神戸会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

~【神戸会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月26日(日)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

※一部、予定項目を変更いたしました(2017/8/2)。

会場 三宮コンベンションセンター Room504
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【神戸会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月26日(日)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 三宮コンベンションセンター Room504
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年12月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年12月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年12月21日(木)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

※本セミナーは、11月26日(神戸)にも開催いたします。

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年12月21日(木)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

※本セミナーは、11月26日(神戸)にも開催いたします。

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧