あるはずのない光がまぶしい――考えられる症状とは?

前回に引き続き、目の「光・色の感じ方」の変化から探る病気のサインを探っていきます。今回は、Q&A方式で見ていきましょう。

実際にはない「光」を感じたら、早めの眼科受診を

Q:最近、視界にチカッと小さな青い光を感じます。これは何でしょうか?手術の可能性などはあるのでしょうか?

 

A:実際にないはずの光を感じる症状を光視症といいます。網膜裂孔や網膜剥離などの重篤な症状へと進行する可能性がありますので、早めに眼科を受診してよく診てもらうようにしましょう。網膜裂孔の場合は、レーザー治療で穴や裂け目の周囲をレーザーで焼き固め、網膜が牽引を受けている場所がしっかり癒着すれば治まることが多いです。

 

Q:私は近視です。ここ10日ほどパソコンやテレビを長時間使っていました。すると、部屋の光をまぶしく感じたり、ピントも合わせにくくなって、光の点が見えたりするようになりました。はじめはただの疲れ目や眼精疲労だろうと思いましたが、改善しません。受診したほうがいいのでしょうか?

 

A:症状からすると眼精疲労と考えられますが、光の点が悪化しているなら網膜裂孔の可能性もあります。進行するようなら受診しましょう。

症状によっては内科、脳神経外科への受診も検討

Q:白内障手術を終え、1年が経過しようとしているのに、術後の症状が改善しません。主な症状は、「まぶしく見えすぎる」「少し歩くとふらつく」「涙が溜まってこぼれる」「頭が割れそうに痛い」などです。眼科に相談をしても「何も問題がない」と診断され、困っています。

 

A:術後1年以上も経過して現在の症状があるのは別の原因を考えた方がよいでしょう。加齢性のドライアイやマイボーム腺機能不全、眼瞼痙攣などが疾患として考えられます。頭痛については内科で調べてもらうといいでしょう。

 

Q:突然、視界の周囲がチカチカにじんだように見えました。脳や血管の病気なのか、不安です。

 

A:閃輝性暗点の可能性があります。頭痛を伴う場合は片頭痛の可能性が高いと思いますが、頭痛がない場合は、脳の病気などの可能性があるので神経内科や脳神経外科で相談してください。

日本眼科学会認定眼科専門医
指導医 

1998年名古屋大学医学部卒業後、社会保険中京病院に勤務。
2000年、社会保険中京病院眼科医員。
2005年ハーバード大学 Massachusetts Eyeand Ear Infirmary 留学。2006年、イリノイ大学眼科留学。2012年慶應義塾大学医学部大学院卒業博士号取得。同年、岐阜赤十字病院眼科主任部長、名古屋アイクリニック角膜・眼表面担当医に就任。白内障、レーシック、フェイキックIOLから角膜移植術、角膜クロスリンキング、眼瞼手術など最先端の手術をマルチにこなす。2011年~2015年までの手術実績約3700眼。
慶應義塾大学医学部 眼科学教室 非常勤講師。
大連医科大学客員教授。
中華人民共和国 非常勤医師免許取得。
ICLインストラクター。
トラベクトームインストラクター。

著者紹介

連載目の違和感は病気のサイン!? 見え方の変化Q&A

目の悩み・疑問がスッキリ解決する500のQ&A

目の悩み・疑問がスッキリ解決する500のQ&A

小島 隆司

幻冬舎メディアコンサルティング

「白内障の手術受けるべき?」「目がかすんで見えるけど、これって病気?」ウェブ上の「眼科相談室」には、毎日全国の方々からたくさんの悩みが寄せられています。著者は、約10年間にわたって約6000件以上の質問に丁寧に答え…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧