目の「光・色の感じ方」の変化から探る病気のサイン

前回は、「朝起きたとき」に感じる目の違和感のQ&Aを紹介しました。今回は、目の「光・色の感じ方」の変化から探る病気のサインについて見ていきます。

光がないのに目がチカチカ――通常はすぐ元に戻るが・・・

目は、ものの形を見るだけでなく、光を感じたり色を判別する機能を持っています。しかし人によっては、まぶしさを感じやすかったり、色の認識が人と異なったりする場合があります。

 

「まぶしい」「目がチカチカする」などの原因には、長時間目を酷使したことや、一時的に血圧が下がって脳内の血液量が減ることで起こる「起立性低血圧(脳貧血)」などがあります。これらの場合、しばらくすると元に戻ることが多いので心配はいりません。

 

しかし、実際には光がないのに、暗い所や目を閉じたときにチカチカした光が見える症状は「光視症」といい、注意が必要です。

 

これは加齢などによって眼球内の硝子体というゲル状の組織が液状化して眼底の網膜をひっぱり、光が見える症状で、網膜がひっぱられて穴が開いたり(網膜裂孔)、網膜が一緒に剥がれてしまったりする(網膜剥離)ことがあります。

チカチカする光に加え、部分的に視野が欠けたら要注意

また、季節の変わり目など急激な温度変化や、ホルモンバランスの崩れ・ストレスなどで脳の血管が一時的に収縮し、「チカチカ・キラキラする光が見える」「ギザギザ稲妻のような光が見える」と同時に部分的に視野が欠けるといった症状が起こることがあります。これを「閃輝性暗点」といいます。

 

脳の血流が元に戻り、大量の血液が流れはじめると頭痛(片頭痛)を引き起こすこともあります。まれに脳腫瘍などの可能性もあるので、念のために病院を受診しておくようにしましょう。

 

ものの見え方が一般的な感覚と異なる色覚異常には、先天性のものと後天性のものとがあります。先天性の場合遺伝的なものなので、現時点では有効な治療法がありませんが、早期の検査で発見することができます。赤と緑、オレンジと黄緑などの色の区別がしづらく感じるようです。

 

[図表]色の感覚が正常と異なる色覚異常

*理論的にシミュレーションした画像のため、実際にはこのように見えているとは限りません。
*印刷のため、実際にこのように見えるとは限りません。
*理論的にシミュレーションした画像のため、実際にはこのように見えているとは限りません。
*印刷のため、実際にこのように見えるとは限りません。

 

後天性の場合は、緑内障や網膜の病気などのひとつの症状として、色覚に異常があらわれます。また、加齢によって水晶体が黄色く変色し、青色や緑色など似た色が見分けにくくなる場合もあります。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「健康」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載目の違和感は病気のサイン!? 見え方の変化Q&A

日本眼科学会認定眼科専門医
指導医 

1998年名古屋大学医学部卒業後、社会保険中京病院に勤務。
2000年、社会保険中京病院眼科医員。
2005年ハーバード大学 Massachusetts Eyeand Ear Infirmary 留学。2006年、イリノイ大学眼科留学。2012年慶應義塾大学医学部大学院卒業博士号取得。同年、岐阜赤十字病院眼科主任部長、名古屋アイクリニック角膜・眼表面担当医に就任。白内障、レーシック、フェイキックIOLから角膜移植術、角膜クロスリンキング、眼瞼手術など最先端の手術をマルチにこなす。2011年~2015年までの手術実績約3700眼。
慶應義塾大学医学部 眼科学教室 非常勤講師。
大連医科大学客員教授。
中華人民共和国 非常勤医師免許取得。
ICLインストラクター。
トラベクトームインストラクター。

著者紹介

目の悩み・疑問がスッキリ解決する500のQ&A

目の悩み・疑問がスッキリ解決する500のQ&A

小島 隆司

幻冬舎メディアコンサルティング

「白内障の手術受けるべき?」「目がかすんで見えるけど、これって病気?」ウェブ上の「眼科相談室」には、毎日全国の方々からたくさんの悩みが寄せられています。著者は、約10年間にわたって約6000件以上の質問に丁寧に答え…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧