その他 エトセトラ
連載今からはじめる“終活”ガイド【第3回】

自分史の一環として書く「感謝の手紙」とは?

終活

自分史の一環として書く「感謝の手紙」とは?

今回は、自分史の一環として書く「感謝の手紙」について説明します。※本連載は、NPO法人ライフデザインセンターの編著、『旅立ちのデザイン帖―あなたらしい“終活"のガイドブック』(亜紀書房)の中から一部を抜粋し、「終活」に向けた各種の生前準備についてご紹介します。

書くことで、あなたの「大切な人」が分かる!?

毎年お正月に、自分史の一環として、ご家族や友人・知人への「別れの手紙」を書いている六〇代の男性がいます。彼は「書きはじめようと思ったとき、大切な人の顔が浮かんでくる。そして自分はいま、その人に向けて『感謝のメッセージ』を伝えているような気がする」とおっしゃっています。

 

このように、自分史は、読み手を意識しながら書く場合もあります。その読み手は、自分にとって大切な人に違いありません。なにも「別れの手紙」というかたちでなくても、「感謝の手紙」でもかまいません。

 

自分の人生をふりかえり、他人へのメッセージを残そうと思ったとき、あなたの大切な人はだれか?ということが、必ずわかってきます。

新しい「生き方」の発見にもつながる

大切な人へのメッセージ(感謝の手紙)目次例

 

●夫・妻へのメッセージ

●子どもたちへのメッセージ

●孫たちへのメッセージ

●友人たちへのメッセージ

●社会へのメッセージなど

 

健康で、元気なときでも、人は死を意識することがあります。それをきっかけに感謝のメッセージを書きつづることは、いつかは必ず「死」という旅立ちを迎える自分という存在を確認する作業にもなります。

 

大切な人に向けての思いや願いを書きつづることで、いままでの自分とは異なった「生き方」を発見することにもつながります。

NPO法人 ライフデザインセンター

2001年6月に長野県で発足したNPO法人。自分らしく生きようとする人々に支援を行うことを目的として、主に高齢期の人々を対象とした活動を続ける。情報提供やセミナーおよび講演会の開催、各種の相談、講師派遣、成年後見人に関する事業や居宅介護支援事業などを行っている。弁護士、医師、司法書士、税理士、社会保険労務士、住職、牧師、ファイナンシャルプランナー、ケアマネージャーなどの専門家が理事として関わっている。2002年には「エンディングノート」の先駆けとして、『旅立ちデザインノート』『旅立ちアレンジ』を発行。現在、長野県長野市と松本市に事務所がある。代表理事は久島和子氏(写真)、小川和子氏、鈴木秀一氏の3名。

著者紹介

連載今からはじめる“終活”ガイド

旅立ちのデザイン帖あなたらしい“終活"のガイドブック

旅立ちのデザイン帖あなたらしい“終活"のガイドブック

NPO法人 ライフデザインセンター

亜紀書房

老後の保険、財産管理、介護サービス、終末期医療、遺言・相続から葬儀の生前準備まで……。 「生老病死」にまつわるお役立ち情報を満載。 あなただけの人生の旅立ちを準備するためのガイドブック!

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest