相続・事業承継 相続対策 ドクター向け
連載院長夫人のための「相続対策」の進め方【第6回】

スムーズな遺産相続を実現する生命保険金の活用方法

相続対策開業医

スムーズな遺産相続を実現する生命保険金の活用方法

前回は、節税だけではない相続対策での生命保険活用のメリットを見てきました。今回は、スムーズな遺産相続を実現する生命保険金の活用方法について説明します。

相続税の納付等には多額の「現金」が必要

これまでに何度も申し上げてきたように、相続にはとにかくキャッシュが必要となります。相続に向けて子らがコツコツと資金を貯めていければいいですが、たいていの人は毎日の生活でいっぱいで、納税資金や代償分割(遺産の少ない子に多い子から支払うお金)の資金を貯めるだけの余裕はないものです。しかも、自分が努力して貯めたお金は自分や家族のために使いたいと思うのが人情で、国に納めたり他の相続人に渡したりするのは惜しいと感じるのではないでしょうか。

 

そんなときに保険金が支払われたら、とても気が楽になるはずです。親がつくってくれたお金を納税や代償金にスライドさせればいいだけです。自分の懐から出ていくお金は惜しくても、思いがけず手に入ったお金をスライドさせるだけなら抵抗感は少なくて済むと思うのです。

母親だからこそ可能な「公平な遺産分割」

遺産分割は、ひとつのケーキを複数の相続人で分けるのに似ています。母親の経験がある人なら、子どもたちにケーキを切り分けたことがおありでしょう。私も息子が2人いますが、彼らが幼い頃に誕生日やクリスマスで、ホールケーキを分けたときのことを思い出します。息子たちは「どっちのケーキが大きいか」を瞬時に見極めていました。

 

相続ではケーキがお金や不動産、出資持分などの財産に置き換わっただけです。大人になってもやっぱり、人より大きいほうやおいしそうなほうがほしくなる気持ちは変わりません。だからこそ、片寄った分け方をすると遺産争いが起きてしまいます。

 

そんなとき、母親だからこそ、子どもたちに公平な気持ちで切り分けてあげられるのではないでしょうか。私が「相続対策は奥様がおやりになるべき」と申し上げるのは、母親ならばこの気持ちをもって遺産分割を考えられるからです。

 

先ほど、特別受益の話をしました。子どもたちに学費や結婚資金、住宅資金、育児費用などでいろいろとお金を渡して、相続のときに不満が出ないようにしていたとします。それでも相続のときには、もらったことを子がすっかり忘れていたり、「そんな昔のこと」と片づけられたりしてしまうことがあります。

 

今、目の前にケーキがあって分けようとしているときに、「あなたには1週間前に、お兄ちゃんに内緒でプリンをあげたでしょ。だから、今回はケーキを少なくするね」と言われても、その子にしてみれば「今、目の前にあるケーキ」がほしいのです。もう食べてなくなってしまったプリンのことをもち出されても、「そんなの知らないよ」と言いたくなる気持ちはよくわかります。きっと私がプリンをもらった弟の立場だったら、そう言うと思います。誰しも心はやっぱり子どものままなのかもしれません。

 

そういう場面で、ふと横を見ると板チョコが数枚積んであったら、どうでしょうか。

 

「ケーキは小さいけど、チョコレートをもらえるなら、まあいいか」と我慢できるのではないでしょうか。「ケーキよりチョコのほうが好き」と言う子もいるかもしれません。

 

そのチョコにあたるのが、生命保険金です。少なくもらう子の横に現金の山を積んであげられれば、「まあ、これでOKにしよう」と思ってくれやすくなるでしょう。

本連載は、2016年8月27日刊行の書籍『開業医の相続対策は「奥様」がやりましょう』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

芹澤 貴美子

相続・事業(医業)承継コーディネーター/フィナンシャルプランナー
株式会社 ライフ・プロデュース 代表取締役 

淑徳大学卒業後、養護学校教員を経て、日本を代表する大手生命保険会社に入社。全国2位の成績を誇るも、顧客を守るため2003年10月、株式会社ライフ・プロデュースを設立。「お客様が人生をかけて築いてこられたもの、想い、そしてお客様自身を守る」という理念のもと、2000人以上のライフプランニング、100社以上の法人コンサルティングを実施、サポートし続けている。コンサルタント養成塾も主宰し、業界への教育事業を推進している。
著者自身も相続を経験し、獣医師と大手木造住宅メーカーに勤務する2人の息子がいる。次世代につなげる様々な活動を実践し、特に医師家族の相続対策に強みをもっている。単なる節税だけではなく、気づきにくいリスクを読み解き、未来を守る知識がある。顧客一人ひとりの「想い」に沿ったコンサルティングは評判を呼び、日本のみならず、世界各地から相談に訪れる家族が後を絶たない。

著者紹介

連載院長夫人のための「相続対策」の進め方

開業医の相続対策は「奥様」がやりましょう

開業医の相続対策は「奥様」がやりましょう

芹澤 貴美子

幻冬舎メディアコンサルティング

開業医は、今、目の前にいる患者さんの命と健康を預かる、専門的な職業です。新しい医療技術のこと、新薬のことなど、たくさんの情報を常に仕入れていなくては務まりません。なかなかお金の知識を得るための時間はないのが現実…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest