不動産 国内不動産 資産形成
連載未公開のプラチナ物件が狙える「任意売却物件」投資の魅力【第7回】

投資物件選びで重要となる「管理のしやすさ」という視点

任意売却物件

投資物件選びで重要となる「管理のしやすさ」という視点

今回は、投資物件選びで重要となる「管理のしやすさ」という視点について見ていきます。※本連載は、株式会社フィナンシャルアドバイザーズ代表取締役社長・泉水京氏の著書、『不動産投資は“未公開の"「任意売却物件」を狙いなさい!』(かんき出版)の中から一部を抜粋し、普通の不動産投資とは違う、未公開のプラチナ物件を狙う「任意売却物件投資」とは何かを説明します。

物件の管理は「専門会社に委託」が今では一般的

物件の紹介後も、筆者の会社が管理する任意売却物件のオーナーの皆さんは、基本的に物件の鍵を持っていません。管理物件に関しては私たちが鍵を預かり、物件管理、家賃管理、空室管理、水漏れなどの事故処理を行っています。

 

かつては地方の1棟ものの投資用のアパートなどで、オーナー自身が管理するケースもありましたが、賃借人と直接接することはトラブルを引き起こす可能性もあり、今では専門の管理会社に委託するのが一般的です。

 

当社では現在、数百戸ほどを管理していますが、月々4000円(税別)ほどの管理料で全ての問題を処理しています。オーナーの皆さんは店子である賃借人の行動を気にすることなく、本業や他の投資に神経や能力を注いでいただくことができます。

バブル期の失敗を繰り返さない

また、周辺とのトラブルを引き起こしやすい投資用物件を紹介しないことも、管理をしやすくする方法のひとつと考えています。

 

例えば、バブル期には郊外の物件への投資も盛んに行われましたが、バブルが崩壊するとそうした物件の多くは価格が大幅に下落し、オーナーの多くは損出を出して物件を処分したことはよく知られています。

 

そういった投資物件を多く抱えるマンションは賃料を下げるため、入居者が安定しなかったり、頻繁に空室が出たりして、居住環境としての質が下がります。当然、投資用のマンションとしては収益力が下がり、投資用不動産の商品価値も下がります。

 

このため私たちは、そうした物件は基本的に最初から扱わないようにしています。

 

当社はサブリースも行いますので、基本的には私たちが現地に赴いて、投資物件を直接見て判断するようにしています。その際に物件の投資用不動産としての収益性を確認するとともに、管理しやすい物件であるかも判断しています。

 

私たちのお客さんが物件を一度も見ずに購入できるのも、また、安心して鍵を預けて管理を任せてくださるのも、私たちが投資物件の収益性や将来性を事前に十分に調査・検討し、プロとして紹介するに値する物件であるかを判断しているからです。

 

また、当時は伊豆の熱海や湯河原、上越の越後湯沢などで盛んにリゾートマンションが開発され、3000万円や5000万円などという物件までありました。それが今では500万円、1000万円にまで下がり、なかなか買い手のつかない物件もあります。

 

そうしたバブル期に起きた不動産投資の失敗を、不動産業界にいた私自身もよく知っていますので、同じ轍を踏まないように十分注意しながら紹介する任意売却物件を選定するようにしています。

 

[図表]フィナンシャルアドバイザーズ(FA)の基本業務と賃貸管理

 

泉水 京

株式会社フィナンシャルアドバイザーズ 代表取締役社長

昭和51年生まれ、千葉県千葉市出身。日本大学法学部卒業。平成11年、投資不動産会社へ入社(現ジャスダック上場)、同18年「株式会社フィナンシャルアドバイザーズ」を設立後、リーマンショックに襲われる。米国サブプライムローンを発端に日本国内でも投資マンションローンの不良債権が顕在化、不動産投資はあくまで立地と購入価格次第と確信する。
平成28年7月現在、11期目を迎える不動産会社として顧客の信頼を得てセミナーや紹介営業中心に業務展開。紹介物件は、東京・横浜・名古屋・大阪・福岡、そして米国ロサンゼルス・NZオークランド。 「不動産を通じてより良い人生」をモットーにしている。

著者紹介

連載未公開のプラチナ物件が狙える「任意売却物件」投資の魅力

不動産投資は“未公開の"「任意売却物件」を狙いなさい!

不動産投資は“未公開の"「任意売却物件」を狙いなさい!

泉水 京

かんき出版

超低金利を背景に不動産投資が活況を呈している。ところが、返済金利負担が少なくなったぶん、投資用不動産物件の値は上がる一方だ。利回りも2%が限界。3%以上の物件となるとバブル期前のワンルームしかないのが現実だ。本書は…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest