不動産 国内不動産 その他
連載成功する「デザイナーズマンション」投資術【第2回】

デザイナーズマンションの購入にかかる費用とは?

マンション登記費用不動産取得税

デザイナーズマンションの購入にかかる費用とは?

今回は、物件を購入するにあたって必要となるお金の話です。ローンの組み方、残債の一括返済、現金で購入した場合の収支について見ていきます。

「購入時」「毎月」「毎年」の費用を確認

物件情報をあたって、現地を見学し、投資に適した良い物件が見つかったとします。そうしたら、次は「物件を買うのにいくらかかるか」を確認しましょう。

 

マンション購入の費用は、「購入時にかかる費用」「毎月かかる費用」「毎年かかる費用」の3つに分けることができます。「購入時にかかる費用」は、登記費用、ローン事務手数料などの諸費用と不動産取得税。「毎月かかる費用」は月々のローンの支払いと賃貸管理手数料、管理費、修繕費など。「毎年かかる費用」は固定資産税と都市計画税です。

 

これらの費用は物件によって異なりますので、目安となるように典型的な東京のワンルームデザイナーズマンションを例にとって説明します。物件は「PREMIUM CUBE 田町301号室」。JR田町駅から徒歩8分の物件で、部屋の専有面積は21.31㎡です。

 

価格は2330万円で、募集家賃は9万6000円。この物件を頭金ゼロで購入する場合、登記費用、ローン事務手数料などを合わせると購入時にかかる諸費用は約135万円で不動産取得税が約15万円。ローンの組み方にもよりますが、ローンの頭金をゼロにすると購入時にかかる費用はこれだけです。

 

それでは、「毎月かかる費用」はどれくらいになるでしょうか。

 

最近のワンルームデザイナーズマンション投資では、サブリース契約が一般的になっています。このサブリース費が9600円。管理・修繕費が8510円、家賃振込手数料が420円。そして、ローンの支払いが8万9345円。これは35年払い、金利2.975%での計算で、ボーナス払いは0円です。

 

これらを合計すると10万7875円になります。毎月これだけの費用がかかりますが、家賃は自分の収入ですから、10万7875円から9万6000円を引いた1万1875円が実質的な毎月の支出です。

 

計算式にすると、「家賃収入-(ローン支払い+サブリース費+管理費+修繕費+家賃振込手数料)=毎月の収支」です。ローン返済後の収支は、計算式から「ローン支払い」をのぞきます。費用が35年後も変わらないとすると、この例では、毎月7万7470円がローン返済後の定期的な収入となります。

 

そして、固定資産税と都市計画税が「毎年かかる費用」です。税率は「PREMIUM CUBE 田町 301号室」の場合、固定資産税と都市計画税を合わせて約9万円。これが、物件を購入するとかかる費用の概要です。

投資用住宅ローンは「変動金利」が基本

投資用マンションの購入でローンを組むときは、マンションの販売会社が斡旋する金融機関で組むのが一般的です。自分で金融機関を探してローンを組むことも可能ですが、その場合より手続きなどがよりスムーズになります。

 

金利は金融機関によって違いますし、借り手の属性によっても異なります。現在は3%前後が目安。仮に頭金なしで2500万円を35年ローンで借りた場合、月々の支払額は10万円ほどになります。

 

そして現在の投資用住宅ローンでは、金利は「変動金利」が基本です。変動金利では、市場金利の動きに合わせてローンの金利が変わります。金利が低いときには少ない支払額で済みますが、金利が上昇した場合には支払額が増えることになります。変動金利により、ローンの支払い額は一定ではないことを覚えておきましょう。

高い投資効果が得られる残債の一括返済

ローンの残りを一括して払う「残債の一括返済」には大きな投資効果があります。

 

たとえば、41歳のときに価格2330万円の「PREMIUM CUBE 田町 301号室」を購入したとしましょう。全額ローンを利用し、ローン期間は35年としました。金利を2.975%とすると、24年でローン残高が1004万7555円になります。そしてこのときには65歳で定年を迎えていますから、退職金でこの残債を一括返済するのです。

 

残債を返済したため、以降は家賃収入からサブリース費、管理費・修繕費、家賃振込手数料を引いた額がそのまま収入になります。このケースの場合、毎月の収入は7万7470円と想定されます。1年では92万9640円ですから、92万9640円÷1004万7555円=0.0925となり、1005万円弱の支出で年利9.25%という高い投資効果が得られると考えられるのです。

 

退職時のローン残高を想定し、退職金で一括返済するとどれくらいの年利効果があるか、計算してみてください。計算式は「マンション投資による年間収入÷一括返済額×100」です。

現金でのマンション購入は累計収支で考える

ローンを組まず現金でマンションを購入した場合、収支はどうなるでしょうか。投資を始めた時点からの累計収支で考えてみましょう。

 

現金でマンションを購入するとローンの支払いがないため、家賃収入からサブリース費、管理費・修繕費、家賃振込手数料を引いた額が投資を始めた月から入ります。たとえば、価格2330万円の「PREMIUM CUBE 田町 301号室」を現金で購入したとします。購入した時点では、累計収支はマイナス2330万円。しかし、家賃収入9万6000円からサブリース費などを引いた7万7470円が毎月の手取り収入となります。年間で92万9640円の手取り収入です。

 

そうすると、最初の投資資金2330万円は26年目の最初の月で回収できます。ここで、累計収支がプラスに転じます。この時点で売却すれば、売却益が累計収支に上乗せされます。売却しなければ、以降、毎年92万9640円が累計収支に加わります。

 

また、最初の投資資金は累計収支がプラスになる前でも回収可能です。同じ物件で購入から15年経ったとき、累計収支は935万5400円のマイナスです。しかし売却すれば、売却価格が購入価格の半値になっていたとしても229万4600円の収益になるのです。

本連載は、2010年9月24日刊行の書籍『デザイナーズマンション+3つの条件で成功する不動産投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

川田 秀樹

株式会社ヴェリタス・インベストメント 代表取締役

1972年生まれ。青山学院大学卒業後、不動産会社へ営業職として入社。25歳にして管理職に抜擢され、以後マネジメント業務に携わる。前職では会社のNo.2としてIPOに携わり、当時不動産業界では最短となる設立4年目での株式上場を果たす。2008年、株式会社ヴェリタス・インベストメント設立とともに代表取締役に就任。高いクオリティを持つデザイナーズマンションの開発・販売に、力を注いでいる。

著者紹介

連載成功する「デザイナーズマンション」投資術

デザイナーズマンション+3つの条件で成功する不動産投資

デザイナーズマンション+3つの条件で成功する不動産投資

川田 秀樹

幻冬舎メディアコンサルティング

将来の年金不安を解消するため、不動産投資による資産運用に注目が集まっています。本書は株や定期預金、国債などのあらゆる資産運用のなかで、不動産投資がいかに有効かをリスクとリターンの観点から、初心者にもわかりやすく…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest