なぜ不動産の高値売却には「プロ」の助力が必要なのか?

オーナーがどんなに不動産の知識を得ても、プロである不動産屋さんにはかないません。連載第1回目は、不動産取引を有利に進めるために「プロ」の助力が必要な理由を見ていきましょう。

インターネットで直接売買という選択肢もあるが・・・

不動産を高値で売却するために必要なのは、専門家のパートナーです。どんなに不動産についての知識を勉強したところで、仕事で毎日、実物の不動産に触れているプロの不動産屋さんにはかないません。

 

ですから、あなたの代理人(エージェント)となって、高値売却のために奔走してくれる、腕のよい不動産仲介業者を見つけることが、ワケあり不動産売却への第一歩といえるでしょう。

 

不動産投資家のなかには、不動産仲介業者に支払う仲介手数料が惜しいから、直接、自分で顧客を見つけて売買をしたいという考えの人もいるかもしれません。たしかに、売買金額の3%+6万円という仲介手数料は決して安くはありません。1000万円の物件でも36万円、5000万円の物件なら156万円という金額になります。

 

そう考える人は、ヤフオク!などのネットオークションで、自己責任で不動産を売りに出すこともできますから、直接売買を試してみてください。不動産屋をいっさい通さないのであれば、仲介手数料を支払う必要はなくなります。ただし、その場合はプロのアドバイスをいっさい受けられなくなります。

 

買い主がはたして信用できるのかどうか、クレームをつけられたらどうするのかなどの対応も自分でやらなければなりませんし、不動産屋同士のコネクションで買い主を探してもらうこともできなくなるでしょう。

 

高額な不動産になればなるほど、買い手は事業会社や富裕層など、クローズドなネットワークの中にいる相手に限られてきますから、業者同士のコネクションを抜きにして買い手を探すことは難しくなります。インターネットは、無料で膨大な情報を世間一般に開放しましたが、その特性上、ネット住人の多くは一般人です。

 

なかでも、インターネットで情報を多く発信している人は、時間があり余っている学生か、もしくはフリーターに近いような自由人であると考えたほうがいいでしょう。どちらも、不動産を購入するお客様の候補にはなりません。ネットは、どちらかといえば貧者の楽園です。何千万円もするような不動産を購入するようなお客様層が、ヤフオク!で物件を探す姿が想像できるでしょうか。

人間は顔の見えない相手と高額な取引をしたがらない

本物のセレブは自らインターネットで情報を探すよりも、自分の手足となって動いてくれるプロフェッショナルを使うものです。私は、インターネットは非常に便利なものだと思いますし、自分でもよく利用しますが、不動産のような高額商品の売買においてはそれほど役に立たないと感じています。

 

人間は、顔の見えない相手と高額な取引をすることを好まないからです。また、広大な土地を分譲販売するようなことも、宅建免許を持つ不動産屋にしかできないことです。個人の地主が所有する土地を売却することは自由ですが、継続的に行うのであれば宅建免許が必要となるからです。

 

不動産は、個人が完全に所有して、自由に利活用ができるというようなものではありません。日本という国の国土の一部である以上、個人の所有物といえども、その使用や処分については、さまざまな法令に従わねばならないものです。住宅を建てるのにも、お店を開くのにも許可が必要です。

 

それらの不動産関係の法令や実務、業界の慣習や市場の動向などが全て頭に入っているのがプロの不動産業者です。私自身が不動産業者なので、視点にバイアスがかかっているかもしれませんが、不動産取引にはプロの業者を介在させたほうが、メリットが大きいと思います。

 

なにしろ、不動産仲介業者は、物件の売買が成約するまではいっさいの報酬をいただかずに手弁当で仕事をしています。広告費も何もかも持ち出して仕事をして、それでも成約を他社に奪われることまであるのですから、仕事熱心な人が多いです。

本連載は、2016年1月29日刊行の書籍『「ワケあり物件」超高値売却法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載不動産取引を有利に進める「プロ」の活用法

株式会社アズ企画設計 代表取締役

東京都渋谷区に生まれる。実家は渋谷区神宮前で鰻屋を経営。 中央大学を卒業後、複数の不動産会社に勤務し、1993年にアズ企画設計を川口市に設立。 「空室のない元気な街を創る」を経営理念として、賃貸、売買、ビジネスホテルなどのビジネスを幅広く手がける。

著者紹介

「ワケあり物件」超高値売却法

「ワケあり物件」超高値売却法

松本 俊人

幻冬舎メディアコンサルティング

「駅から遠い、築年数が古い、ごみ収集所が近くにある――そんな物件を持つオーナーは、高値売却の方法について頭を悩ませているのではないでしょうか。本書では、どんな「ワケあり物件」であっても優良物件に変える巧みな「演…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧