ほとんどのマンションに採用されている「開き戸」のデメリット

前回は、田の字型の間取りが抱える「通風問題」について説明しました。今回は、マンションのドアに採用されることが多い「開き戸」の使いにくさについて見ていきます。

開き戸の近くには「使えない面積」ができてしまう

マンションのドアには開き戸が採用されることが多いようです。というと至極当たり前のように思うでしょうが、なぜ開き戸なのか、と考えたことはあるでしょうか? 

 

マンションを選ぶ際には、ドアの使い勝手にも注目してほしいのです。

 

前回は、通風のためにボトルネックとなる框扉を常時開けておく必要があると説明しましたが、開けていたはずのリビングの框扉が風にあおられ突然バタンッと大きな音を立てて閉まり、框扉のガラスが割れたとか、びっくりして昼寝から目覚めたというのはよく聞く話です。

 

これは田の字型の間取りに関係するのですが、リビングや和室の窓から入る風が玄関側の窓に抜けるために風のルートが一カ所に集中し、框扉付近で風が加速するために起こるのです。

 

それ以外にも開き戸には不愉快な点がいくつかあります。たとえば、開き戸では、戸を開閉するためのスペースを空けておく必要があります。つまり、開き戸の近くには家具は置けず、使えない面積ができてしまうことを認識しておく必要があるのです。

 

一坪いくらと表現されがちなマンションの貴重な床面積を有効に使う間取りになっているか、モデルルームや図面などを見る時は、必ず確認してください。

「狭い面積」に住むことの多い日本に開き戸は向かない

子ども部屋にはベッドと勉強机、本棚を設置したら、本棚の幅が思ったより広く、子ども部屋に入る開き戸が、全開できなくなった。収納部の開き戸がベッドに当たり、半分しか開かず、衣類の出し入れに不自由したなど、入居してから気付く扉の開き勝手による不満はよく聞く話です。

 

また、室内だけでなく、廊下側から考えても開き戸はドアノブが邪魔に感じます。

 

扉を開いて固定した時に扉自体の厚みやさらに出っ張るドアノブにより、廊下は10㎝程度狭くなるものですが、買い物帰りにスーパーのレジ袋をドアノブに引っ掛け、袋が破けて中身が散乱し卵が割れたとか、子どもを抱いて移動した時に不注意でぶつけてしまい泣かれたとか、そんな話もよく聞きます。

 

忙しいお母さんが思わず開けたドアに、視野に入らない我が子がぶつかったという話もあります。配慮のないマンションでは、トイレの扉と框扉を同時に開けたらぶつかるという設計も見かけたりします。

 

こうしたいくつもの不愉快な点を考えると、どこもかしこも開き戸というマンションの作られ方には疑問を感じます。特に日本では古くから限られた面積を生かし、通風を自在に操ってきた引き戸という知恵がありました。

 

マンションでは、開き戸が当たり前なので疑問に思う方は少ないでしょうが、改めてその住みづらさを考えてみてください。

本連載は、2011年3月23日刊行の書籍『本物マンション購入計画』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載マンション購入に潜む落とし穴――あなたを惑わす売り手の営業手法

株式会社リブラン 代表取締役

1967年、東京生まれ。株式会社大京にて分譲マンション事業用地の仕入を担当。その後、1992年、株式会社リブランへ入社し、2002年、同社代表取締役に就任する。マーケットシェアを奪い合う分譲マンション業界で、同業他社とは同じ土俵で勝負しない経営スタイルを堅持。24時間、音楽漬けを可能とするマンション「ミュージション」の分譲、賃貸事業を行い、新たなマーケットの創造を行う。

著者紹介

本物マンション購入計画

本物マンション購入計画

鈴木 雄二

幻冬舎メディアコンサルティング

人生最大の買い物を間違えたくないと、慎重に選ぶマンション。しかし、誰もがマンション選びの常識と思っている情報が、実は売り手の都合に塗り固められたものだとしたら・・・。本書の前半では、住み心地よりも効率優先で作ら…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧