海外活用 香港 中国
連載香港発!グローバル資産防衛のためのマーケットウォッチ【第2回】

中国株式市場はやはり「異質」なのか?

理財商品中国経済金融緩和NWB(日本ウェルス銀行)

中国株式市場はやはり「異質」なのか?

経済実態と乖離した昨年11月からの「カジノ」化、今回の急落に対する証券監視当局の各種対策・措置などを受け、中国株式市場はやはり「異質」と見る動きが強まっている。本稿では長期的な観点から中国株式市場の抱える課題を整理しておきたい。

中国株式市場の課題はより長期的な問題

今回の株価の急騰や急落は、実体経済への影響は軽微と前回の原稿で記したが、今回の中国株価急落は、長期的な課題を浮き彫りにしている。特に、欧米の市場関係者や投資家にとっては、やはり中国の株式市場は異質なもの、という印象を強めてしまった可能性が高い。そういう意味では、問題は根深いと言える。

 

これまで、中国の市場開放・規制緩和に呼応して、中国への投資を検討し、機会をうかがっていた投資家・運用会社は少なくない。中長期スパンで、世界第二位の経済規模となった中国への投資ウエイトを一定程度確保したポートフォリオを組みたいと、グローバルな投資家が考えることは、当然のこととも言える。昨年11月から開始した、上海・香港間の株式市場の相互開放は、その機運をあと押ししていた。

 

一方で、昨年11月からの中国株式の急騰は、金融緩和で市場に溢れた中国国内の余剰資金が、一度は、不動産市場や信託商品、理財商品等の高金利な商品に流れて込んでいたものの、そうした市場や商品への資金流入が異常すぎたために、当局が規制を強化して、流れが一変したことと裏腹の関係にある。すなわち、資金が不動産市場や理財商品から、株式市場に一気に回帰したことで押し上げられた側面が大きい。そこに、中国の個人投資家たちが、借り入れを梃子にレバレッジを掛け、我先にと投機を拡大させたために、市場は一気に「カジノ」と化した。

 

こうした市場での投資では、経済の動向や企業の成長を予測して、投資をしていくという典型的な投資スタイルが取れないことを意味する。これでは、欧米の市場関係者から、中国の株価を予想するのは「不可能なミッション」で、中国株式市場は「いかなる合理的な計算からも完全にかい離した市場の典型」といった声まで聞こえる(7月29日付米経済誌フォーブス)のも無理はない。彼らは中国の株式市場が先進国の株式市場とは全く異質のものということを再認識させられたのではないか。

 

確かに、中国とは、国家の存立基盤も政治体制も人口も地政学的リスクも、欧米先進国とは異なる国である。しかし、経済も、その運営も、株式市場まで異質な市場と映ってしまうようでは、長期的な足かせになりかねない。

市場経済の大前提である「自由」を確保できるか?

そもそも、これまで、中国のマクロ経済成長率と株式市況の間には、残念ながら、あまり相関関係が認められるものではない。この基本的背景には、慢性的に実体経済の伸びを大きく超えるマネーが供給される過剰流動性の下、行き場を求めるマネーが、その時々に応じて、株式市場はもとより、不動産市場、高金利・高リスクの信託商品、さらには書画骨董の類にまでと資金が大きく揺れ動き、それらのボラティリティが極めて高いという状況がある。

 

行き場のなくなった過剰流動性資金が株式市場に流れ込み、実体経済とは乖離して急騰し、バブル的現象を引き起こしては、その後急落低迷するという事態が繰り返されるようであれば、マクロ経済の成長のために適正に資金配分機能を果たすという、株式市場本来のありようも問われる上に、まともな投資家は入ってこなくなるだろう。

 

また、急落時に、中国の証券監視当局が取った「対策」にも、違和感を覚える市場参加者は多かったであろう。人民銀行による利下げのほかに、当局は、空売り規制、信用取引の拡大、証券会社の株式購入による株価下支えなどの対策を講じたほか、大株主や経営幹部に6カ月間持ち株の売却を禁じるなどの措置をとった。メディアに対してすら、「暴騰」や「崩壊」といった言葉を使わずに公式発表を適切に報道するよう通達を出し、報道規制ともいえる措置を引いた。IMFですら、それらの措置を異例視し警告したほどである。

 

そもそも、市場や市場経済とは自由であることを前提としている。そして、自由を担保するためには、情報公開や規制緩和が要求される。そうした市場に、中国政府がどのように向き合っていくのかという本源的な問題をも、今回の出来事は改めて提起しているといえよう。

本稿は、個人的な見解を述べたもので、NWBとしての公式見解ではない点、ご留意ください。

長谷川 建一

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB/日本ウェルス) COO

京都大学卒、MBA(神戸大学)。 シティバンクグループ日本及びニューヨーク本店にて資金証券部門の要職を歴任後、2000年にシティバンク日本のリテール部門で商品開発や市場営業部門のヘッドに就任。2002年にシティグループ・プライベートバンクのマーケティング部門ヘッドに就任。 2004年末、東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)に移り、リテール部門マーケティング責任者として活躍。2009年からは国際部門でアジア・リテール戦略を担い、2010年は香港にてBTMUウエルスマネージメント事業の立ち上げに従事。 2013年よりNippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(ニッポン・ウェルス・リミテッド・リストリクティド・ライセンス・バンク/日本ウェルス)にてCOOを務める。
WEBサイト https://jp.www.nipponwealth.com/

著者紹介

連載香港発!グローバル資産防衛のためのマーケットウォッチ

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2016年12月10日(土)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?<緊急追加項目>

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年01月14日(土)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【大阪会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年03月05日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 イオンコンパス 大阪駅前会議室 (大阪駅前第2ビル15階 Room B)
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【名古屋会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年03月12日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 イオンコンパス 名古屋駅前会議室 Room A
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【福岡会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年04月16日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 アクロス福岡 6F 608会議室

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

The Latest