相続・事業承継 相続対策 節税
連載ビルオーナーのための「生前の財産承継」をスムーズに進める方法【第5回】

ビルを「区分所有」を円滑に運用するためのポイントとは?

区分所有プロパティマネジメント

ビルを「区分所有」を円滑に運用するためのポイントとは?

前回は、相続税対策で「先代の残してくれたビルを手放したくない」というニーズに応える「区分所有」について説明しました。今回は、不動産の区分所有化を円滑に進めるためのポイントを見ていきます。

どの部分を専有・共用部分にするべきか?

ビルオーナーにとって非常に都合のよさそうな不動産の区分所有化ですが、その分、敷居が若干高いのでは? と思われがちです。実際に区分所有ビルとして売却するには、管理組合などの設置も必要になります。また、どの部分を専有部分にして、どの部分を共用部分にすればいいのか、といったノウハウを持つ不動産会社もほとんどなく、実行にあたって誰に相談すべきかすらわからない状況であるといっても過言ではありません。

 

ところが、現在では小規模の「区分所有オフィス(店舗)」のような物件を専門に扱う不動産会社も登場しています。例えば、弊社顧問先のボルテックス社は、区分所有物件を積極的に扱っており、事業用区分所有ビルを購入した会社が、本社あるいは事業所として利用するほか、個人の相続税対策などにも活用されています。

 

同社の場合、商業ビル1棟といった単位から区分所有の事務所まで、さまざまな種類の不動産を扱っていますが、中でも区分所有の事務所や店舗の販売で実績があります。例えば、区分所有と1棟所有の違いは図表のようになります。

 

区分所有することによって、例えば、先代の残してくれたビルを手放したくないというようなケースでも、相続対策が可能ですし、何よりも物件に「流動性」が出てくるというメリットがあります。流動性というのは、単純にいえば売買が可能になり、銀行などの融資も共有名義で持つよりも自由度が高くなるわけです。

 

共有名義だと、1人が銀行から融資を受けようとしても、他の共有名義人が「NO」といえば、融資は成立しませんが、区分所有であれば問題はなくなります。これまでは、商業ビルの相続対策として区分所有方式を使うのは、苦肉の策といわれてきましたが、現在ではオプションの一つとして、また選択肢の一つとして考えてもいいということです。

 

【 図表 区分所有と1 棟所有の違い】 

出所:株式会社ボルテックス HPより作成
出所:株式会社ボルテックス HPより作成

区分所有物件は普通の不動産会社の店頭には出回らない

とりわけ、ボルテックス社のような専門に扱う業者が現れたことで、市場も徐々に拡大しつつあり、流動性も増してきています。5億円や10億円でビルを丸ごと購入できる人は限られてきますが、5000万円とか1億円単位であれば、所得の高いビジネスマンなども対象となり、購入できる人はぐんと拡大するわけです。ただし、まだ普通の不動産会社の店頭には出回らない商品なので、購入を検討される場合には積極的な情報収集が必要になるでしょう。

 

さらに、区分所有方式の大きなメリットは、区分所有にする場合は法律で「管理組合」の組成を義務づけられており、ビルのメンテナンスや管理を管理組合がやってくれるということです。むろん、その分コストはかかりますが、専門の不動産会社が一括して管理をやってくれるために、ビル管理が重荷になっていた人にとっては、十分なメリットになるのではないでしょうか。

 

そういった一括した管理サービスを「プロパティ・マネジメント」といいますが、そういったことを引き受けてくれる業者を見つけられるかどうかも、区分所有がスムーズにできるかどうかの分かれ目になります。

本連載は、2013年7月29日刊行の書籍『ビルオーナーの相続対策』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

川合 宏一

マックス総合税理士法人 代表社員 税理士

昭和46年横浜市生まれ。平成10年税理士試験合格。平成11年東京税理士会に税理士登録。都内の不動産所有者を多く扱う会計事務所に勤務した後、東証一部上場の情報通信系ベンチャー企業に社内税理士として勤務。法務部、主計部に在籍。
その後、平成13年に川合総合会計事務所を開業し、独立。平成21年にはマックス総合税理士法人に組織変更して現在に至る。資産家に対し、財産に関するコンサルティング業務や講演を行うなど幅広く活躍している。また、国内外に不動産を所有する投資家でもある。

著者紹介

連載ビルオーナーのための「生前の財産承継」をスムーズに進める方法

ビルオーナーの相続対策

ビルオーナーの相続対策

川合 宏一

幻冬舎メディアコンサルティング

ビルを所有しているような資産家であれば、顧問税理士をつけて節税も抜かりなくやっていて不思議はなさそうなものですが、実はほとんど有効な手だてを講じていない人が多いのが現実です。そのため、そのような人は相続税で数千…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest