相続・事業承継 相続対策 贈与
連載知っておけば親を動かせる、相続税節税50のコツ【第6回】

相続トラブル防止のために把握しておきたい「親の保証債務」

みなし相続財産連帯保証人債務者

相続トラブル防止のために把握しておきたい「親の保証債務」

前回は、親の財産を把握するために、相続財産としてリストアップするべき貴金属、骨董品、美術品、貸付金、そして借入金などについて説明しました。今回は保証債務、保険・年金について見ていきます。

連帯保証人は「債務者」と同等の支払い義務を負う

前回から引き続き、親の財産を把握するために、リストアップするべきものを見ていきます。

 

【保証債務】
親が誰かの保証人や連帯保証人になっている場合は、将来的に負の財産になる可能性を含んでいます。親が保証人や連帯保証人になっていて困る点は、相続時にはその存在が分からず、相続が済んで何年もしてから発覚することが多い点です。ある日突然、借金の取り立てが子に回ってくる可能性があります。


保証人は、債務者(お金を借りた本人)が借りたお金を返せなくなった時、債務者に変わって借金を払う義務を負います。債務者に支払い能力があれば、原則として保証人のところに債務が回ってくることはありません。


連帯保証人は、債務者と同等の支払い義務を負います。債務者の返済が滞った時、業者は連帯保証人にも直接請求をかけることができます。連帯保証人にはその請求を拒否することができません。また、連帯保証人から債権者(お金を貸した人)に連絡をして交渉することも禁じられているので、ただちに支払い義務に従うしかないのです。「保証人・連帯保証人にはなるな」とよく言われるのは、このためです。


保証債務の記録は、債務者の名前・連絡先/債権者の名前・連絡先/保証した日/保証した金額などを記します。どういう経緯で保証人になったのか、債務の弁済が回ってきた時にどうするか、といったことも事前に親から聞いて準備しておく必要があるでしょう。

生命保険は相続時に強い味方となるが・・・

【保険・年金】
医療保険や死亡保険、火災保険や自動車保険、国民年金や厚生年金、個人年金保険など将来の生活に備えて掛けてある保険や年金です。


親に記録しておいてもらいたいのは、保険会社名/連絡先・担当者/契約の種類・内容/証券番号/満期年月日/契約者名/被保険者名/保険金受取人/保険金額/支払満了期日/証券保管場所など。今後の人生で親に病気やケガ、地震や火事など万一のことがあった時、自分たちが生活していけるかを、できれば親と一緒にシミュレーションできると良いでしょう。保証内容が頼りない場合は、改善の方法を考えなくてはなりません。

 

また、生命保険は相続時に強い味方となります。相続対策として複数加入している親も多いでしょう。ところが、その加入の仕方によっては、被相続人に掛けていた死亡保険が「みなし財産」として相続財産に含まれる場合があります。被相続人が5000万円の死亡保険に入っていたら、その5000万円を相続財産として計上しなければならないということです。すると、5000万円分の相続財産が増え、それが相続税に反映されてしまいます。生命保険には相続人一人につき500万円の非課税枠がありますが、相続税対策に有効でない入り方をしている場合や、保障の内容が頼りない場合などは、入り直すことも検討すべきです。

 

他にもさまざまな種類の財産がありますが、どの家族にも当てはまりそうな財産としては、こんなところでしょうか。親が何も言い残さずに亡くなってしまった場合でも、このリストに沿って探していけば、大きな財産を見逃すことはないはずです。

本連載は、2014年8月25日刊行の書籍『相続貧乏にならないために 子が知っておくべき50のこと』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

大久保 栄吾

税理士法人大久保会計 税理士

1974年埼玉県熊谷市生まれ。一橋大学経済学部卒。税理士。これまでに扱った相続案件は事務所として数千件を超え、相続人の立場を考えた相続税対策にノウハウと実績がある。自身も、祖父が埼玉県行田市に60年以上前に開業し、現在は父親が代表社員をつとめる税理士法人大久保会計にて事業継承中。日本政策金融公庫認定農業経営アドバイザー。行田青年会議所会員(2014年現在)。

著者紹介

連載知っておけば親を動かせる、相続税節税50のコツ

相続貧乏にならないために子が知っておくべき50 のこと

相続貧乏にならないために子が知っておくべき50 のこと

大久保 栄吾

幻冬舎メディアコンサルティング

額の大きな相続は、しっかり対策をとらないと相続税が大変。だからといって親が生きているうちから子が積極的に相続対策に関与することは「縁起でもない」ということで、なかなか難しい。本書では親が生きているうちから、子が…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest