スリランカ経済発展の懸念材料「労働力」不足の実態とは?

農業における季節労働者を筆頭に、スリランカでは外国人労働者が活躍できる場が多く用意されています。各セクターでどれだけの人材が不足し、その労働力不足はどのような影響をもたらしているのでしょうか。

労働力の不足は各産業で問題に・・・

今のところスリランカにおいては、労働許可が下りていない農場での季節労働者などの違法労働者も含めて、外国人労働者は歓迎されていると言えるだろう。なぜなら、スリランカでは労働者間でのスキルの差が顕著だからだ。

 

世界銀行によれば、スリランカの保健セクターでは看護師が12,000人、X線技師が600人も不足している他、薬剤師や検査技師も足りていない。2011年には、当時の厚生相は7,000人の医者が不足していると推測した。

 

この先数年に及び、経済的なポテンシャルがもっとも高い観光産業では、世界銀行が2014年に出した予測によれば、訓練を受け、観光産業に精通した人材 が毎年30,000人必要になるということだが、現状の訓練体制ではこの予測の15%である年間4,500人ほどしか人材を輩出できない。

 

開発計画局(National Planning Department)は、スリランカの建設セクターには15,000人の職人が必要だと予測しているが、実際には11,000人しかいない。ITセクターも、スリランカ情報通信技術労働力調査(National ICT Workforce Survey)によれば、人材不足に直面している。

世界トップクラスの「失業率」の低さ

スリランカは、2011年から2014年の間に24万件ほど雇用を増やした。この4年間での労働人口はのべ8,800万人を超え、そのうち8,400万人は何かしらの収入源を持つ。僅か4.3%の失業率というのは驚異的な低さだろう。

 

他国における経済研究によると、失業率が5%以下の場合、求職者の中から相応しい人材を見つけようと各企業が競合し、賃金が上昇する。労働者不足とその結果による人材コストの増加は、市場の効率を落とし、投資を妨げる要因になる。

 

スリランカの国境を移民に対して開放するかどうか議論するにあたり、さまざまな分野で労働力が不足している現状を見過ごすことは出来ない 。建設業の労働者、ホテルの料理人、教師、医療従事者が不足していることによって、既にスリランカ経済は痛手を負っており、また国民に対しても、そのコストやサービスの質の悪さという形で負担を押し付けている状況だ。また、中間所得者層の経済状況をすぐにでも向上させたいと望むスリランカにとって、労働力の不足は経済成長のボトルネックだとも言えよう。

 

本連載では、スリランカで働ける外国人労働者や移民に対し国境を開放しない限り、そしてその中でスキルがある者には、スリランカに家族を呼び寄せることを認め、永住権や市民権を与えない限り、スリランカにおける経済成長の可能性、そして国民生活をより良いものにすることは見込めないと主張するつもりだ。


次回は、海外出身者が多い欧米の例とともに、スリランカの国境開放がもたらす可能性を探ります。

この連載は、GTACが提携するスリランカのメディア「ECHELON」が2015年12月に掲載した記事「Sri Lanka must throw open its borders to foreign workers & immigrants, without many conditions」を、翻訳・編集したものです。

「スリランカへGO」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外メディア」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載労働力不足解決の切り札になるか?スリランカの移民政策

『ECHELON(エシュロン)』は、スリランカの三大ビジネス誌のひとつ。著名な経営者・ビジネスパーソンのインタビュー記事から、同国の金融・経済・投資・不動産などの最新事情、ラグジュアリーなアイテムやライフスタイル等の記事を幅広く掲載。経営者層やハイクラスなビジネスパーソンなど、同国の物的・知的富裕層を多数読者に抱える。(写真はチェアマンのChanna De Silva氏)

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧