外国人の労働許可に高いハードルを設けるスリランカ

外国人労働者を多く受け入れて成功したシンガポール。その一方で、スリランカの外国人労働者に対する規制は厳しいものになります。外国人労働者を受け入れる際に、スリランカの雇用者はどのような負担を抱えているのでしょうか。

医師やエンジニアさえも容易ではない就労申請

シンガポールとは異なり、スリランカは外国人に対する労働許可証の発行条件が厳しい。スリランカで働くことを望む外国人は、サービスの貿易に関する一般協定(以下GATS)に従う必要がある。スリランカで働きたい外国人は、いわゆるGATSの第3モードに該当しない限り、つまりスリランカに投資をしていない限り、スリランカに来ることは出来ない。どんなに有能で優秀なプロであろうと、スリランカで仕事できないのだ。

 

スリランカの学校が、国際的なカリキュラムに基づく試験対策をするために先生を何人か雇いたくても、現地採用というかたちは取れない。学校がその一人ひとりの代わって、どうにかして労働許可申請書を作成しているのだ。この作業は、外国人シェフを雇いたいホテルや、外国人コーチを雇いたいクリケット・チームにとって大変面倒なものだろう。

 

医者やエンジニアや会計士のような専門職の人を雇いたい場合、その職業協会が申請手続きを担わなければならない。そのため、現地の各団体は、海外の人材の受け入れ手続きに大変な嫌気がさし、また、その外国人労働者がスリランカで1、2年働いた後、労働ビザの延長を申請する手続きに、更なる嫌気を覚えている。

意欲的で向上心が強い移民労働者

移民労働者はやる気があり、向上心を持って一生懸命働こうと意欲的だ。移民を受け入れる国は、移民の若さ、熱意、そして経済活動から恩恵を受ける。また、スキルがある移民とあまりスキルがない移民の二分についても議論の余地があるだろう。シンガポールがそうしているように、移民の平均収入で分けることは難しくない。

 

スリランカにいる880万人の労働者のうち、学歴や肩書を見た場合、専門職だと見なすことが出来るのは僅か17%しかいない。それはつまり150万人しかいないということだ。一方のシンガポールはちっぽけだが、50万人以上の永住者、そして、外国人居住者や留学生などを150万人迎え入れている。そして、シンガポールでは非常に大勢の移民が毎年永住権を取得している。(編集部注:現在、シンガポールのビザ収得については厳格化されてきており、制度が変わっています)

 

自由貿易は、各国が生産性の高い産業やサービスに特化することを可能にする。そして、移民による労働力はその国が得意とする産業を拡張し成長させる手助けとなるのだ。規模が拡大すれば、イノベーションにかかるコストを薄く伸ばせて、競争力を維持することが出来るだろう。


次回は、スリランカが移民政策に取り組むにあたり最初に向き合うべき課題をご紹介します。

この連載は、GTACが提携するスリランカのメディア「ECHELON」が2015年12月に掲載した記事「Sri Lanka must throw open its borders to foreign workers & immigrants, without many conditions」を、翻訳・編集したものです。

「スリランカへGO」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外メディア」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載労働力不足解決の切り札になるか?スリランカの移民政策

『ECHELON(エシュロン)』は、スリランカの三大ビジネス誌のひとつ。著名な経営者・ビジネスパーソンのインタビュー記事から、同国の金融・経済・投資・不動産などの最新事情、ラグジュアリーなアイテムやライフスタイル等の記事を幅広く掲載。経営者層やハイクラスなビジネスパーソンなど、同国の物的・知的富裕層を多数読者に抱える。(写真はチェアマンのChanna De Silva氏)

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧