太陽光発電投資で必ず実施したい「パネルの洗浄」とは?

前回は、太陽光発電の具体例として、太陽光発電第3者所有「屋根貸しスキーム」について説明しました。今回は、太陽光発電投資で必ず実施したい「パネルの洗浄」について見ていきましょう。

洗浄の実施で「約18%」発電量が向上したケースも

パネルは一見きれいに見えても意外と汚れています。気づかないうちに発電量が失われているかもしれません。場所にもよりますが、1年間稼働している発電所のパネルは発電量が平均で1枚あたり3〜4%も失われていると言われています。

 

ある発電所では、隣に工場があり、そこから鉄粉がパネルまで飛んできてしまい、洗浄を実施したところ、約18%も発電量が向上したケースもあります。このように、得られるはずだった発電量をムダにしないためにも、定期的な洗浄は必要となります。

砂埃、鳥のふんや樹脂・・・パネルの汚れは雨では落ちない

アドーラーソーラーワークスで主におこなうパネル洗浄には2種類の方法があります。1つは水道水や蒸留水を使用し、洗浄する方法、もう1つは洗浄剤を使用する方法です。

 

水道水や蒸留水を使用する場合は、水を吹きかけ、パネルに傷をつけないようなスポンジなどで擦る方法が一般的です。洗浄剤を使用する場合は、噴霧器などでパネルに洗浄剤を吹きかけ、汚れを浮かせてから布などで拭き取る方法が一般的です。

 

水を使用する場合と洗浄剤を使用する場合での大きな違いは、洗浄能力です。発電所でよく見られる、砂埃が溜まっているものについては大きな違いは見られませんが、鳥のふんや、近くに木が生えている場合、その木の樹液などがパネルに付着する場合があります。

 

これらは、雨や水での洗浄では落ちません。もちろん、特殊な薬剤を使用する分、費用面の問題などもありますが、確実に発電量を向上させるには洗浄剤を使用した洗浄が有効だと弊社では考えています。また、洗浄剤の場合、パネルを擦る必要が無いため、パネルを傷つけるリスクを減らすことも出来ます。

 

では、実際にパネル洗浄はどの程度有効なのでしょうか。例えば、下の写真は、砂埃がパネル全体に膜の様に張ってしまっており、雨では流れ落ちないケースです。左側の一枚だけきれいなパネルのみが洗浄されておりますが、他のパネルと比べて明らかにきれいになっていることがわかります。

 

 

左側が洗浄後、右側が洗浄前
左側が洗浄後、右側が洗浄前

 

左サイド3列は洗浄中、右サイド3列は洗浄後
左サイド3列は洗浄中、右サイド3列は洗浄後

 

写真のように目で見て分かる場合であれば、すぐに判断することが出来ますが、見た目ではそれほど汚れていないように見えていても、実際には発電出力が下がってしまっている場合もあります。その場合、I-Vカーブトレーサーという機器を使用することで、洗浄前後の発電量の違いを見ることが出来ます。

 

この話は次回に続きます。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「クリーンエネルギー」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載買取価格21円時代の賢い「太陽光発電投資」

アドラーソーラーワークス株式会社
マーケティング営業部 
セールスマネージャー 

北海道札幌市出身。秋田大学工学資源学部環境応用化学科へ進学。
卒業研究では金属鉱山における廃水処理を学ぶなど、大学時代から環境問題への強い意識を持つ。2016年にアドラーソーラーワークス株式会社に入社。入社時は検査や分析を学ぶことで知識を蓄え、現在はセールスマネージャーとして営業を主としながら広告・宣伝などのマーケティング業にも携わるなど、広い分野で躍進している。

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧