太陽光発電パネルの「洗浄」で発電量が大きく改善した事例

前回は、太陽光発電投資における「パネルの洗浄」の重要性について説明しました。今回は、太陽光発電パネルの「洗浄」で発電量が大きく改善した事例を紹介します。

パネルの洗浄後、発電量が「8.3%」も向上

前回の続きです。

 

IVカーブトレーサーとは、太陽電池が実際に稼働している状態での電流Iと電圧Vの関係をグラフ化したものです。このグラフに囲われた面積が発電出力(発電量)を示しています(図表1を参照)。

 

IVカーブの波形が乱れている場合は、出力が下がっていることがわかります。図表1のグラフを見ると、洗浄前のIVカーブは乱れていますが、洗浄後はきれいな曲線が出ています。出力も洗浄前と後では、8.3%向上していることがわかります。

 

[図表1]IVカーブトレーサー

 

その他にも、栃木県の野立て発電所(750kW)において、接続箱単位で洗浄前後の結果を比べると、発電所全体で約6.78%の出力の改善が見られました。すべての発電所で同じ出力改善が見られるとは限りませんが、投資家にとって6.78%は非常に大きい数字であるといえるでしょう。

 

[図表2]栃木県太陽光発電所750kW

汚れのせいで発熱!? 放置すればパネル故障の原因に・・・

さらに下の写真は、パネルの汚れがホットスポットになってしまっている写真です。出力はもちろんですが、汚れを放置してしまうとパネル自体の故障につながる危険性もあるということも考える必要がありそうです。

 

[図表3]パネルの汚れによってホットスポットが出来てしまう

 

パネルについた汚れは、雨で流れるケースとそうでないケースがあります。特に汚れに油が含まれている場合は、水では汚れが落ちないケースもありますので、発電所を訪れた際は、一度パネルの汚れを確認してみてください。汚れがひどい場合は、業者に洗浄を依頼してみてもいいかもしれません。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「クリーンエネルギー」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載買取価格21円時代の賢い「太陽光発電投資」

アドラーソーラーワークス株式会社
マーケティング営業部 
セールスマネージャー 

北海道札幌市出身。秋田大学工学資源学部環境応用化学科へ進学。
卒業研究では金属鉱山における廃水処理を学ぶなど、大学時代から環境問題への強い意識を持つ。2016年にアドラーソーラーワークス株式会社に入社。入社時は検査や分析を学ぶことで知識を蓄え、現在はセールスマネージャーとして営業を主としながら広告・宣伝などのマーケティング業にも携わるなど、広い分野で躍進している。

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧