ヘッジファンド「マネージド・フューチャーズ」活用の留意点

先物を投資対象とし、100%コンピューター・プログラムで運用するトレンド・フォロー型のヘッジファンド「マネージド・フューチャーズ」。今回は、その透明性・流動性など、活用時の留意点を中心に見ていきます。

一般のファンドに比べて高いコスト負担が求められる

第13回で見たよう、大手マネージド・フューチャーズ(BIG4と呼ばれる「マン」「ウィントン」「ブルートレンド」「トランストレンド」の大手4ファンドがあります)の大半は、投資可能な最低金額がかなり高く設定されているため、一般の方にとってはハードルが高いといえるでしょう。

 

ただし、一般のヘッジファンドでよく指摘される透明性の低さに関しては、さほど心配はありません。まず、マネージド・フューチャーズは欧州の金融当局の管理下にあり、手口の公開義務を課されています。さらに、投資先は株式指数や商品指数といった先物で、これらは一般の個人投資家ですら投資できる、極めて流動性と透明性の高い市場です。そのため、透明性はむしろ高いといってもいいのです。

 

よくいわれるヘッジファンドの欠点として、流動性の低さもあります。たとえば、リーマン・ショックの直後に、多くのヘッジファンドは投資家からの解約請求に応じることができず、償還停止状態になりました。しかし、マネージド・フューチャーズに関しては、解約停止を行ったファンドを知りません。

 

ヘッジファンドが解約停止状態になった理由は二つあります。

 

一つは、投資先があまりに複雑で、しかもリーマン・ショックの影響でその価値が急落したこと。つまり、投資家に返すお金そのものがなくなってしまったのです。

 

二つ目の理由は、レバレッジのかけすぎです。投資家から集めた資金を、さらに銀行などから借り入れた資金で数倍に膨らました上で運用していたため、投資対象のわずかな下落で大きな損失を計上したわけです。

 

これに対してマネージド・フューチャーズは、基本的にレバレッジをかけません。そればかりか、投資家から集めたお金の大半を銀行に預託し、おもに短期国債など流動性の高い資産で運用しています。

 

その一方、ファンドによって違いますが、一般的に20%程度のお金を証券会社に差し入れ、先物市場で証拠金取引を行っているわけです。投資家が解約請求をした場合、銀行預託部分から支払えるため、解約停止は起こりにくいといえるでしょう。

 

ただし、相場のトレンドがはっきりしているときに利益を出しやすく、トレンドのない凪のような相場になったとき、成績が低迷する傾向にあります。それを考えると、ポートフォリオの大部分をマネージド・フューチャーズが占めるというのもまた、当然のことながらリスクが高いといえます。

 

さらに保有手数料の点でも注意が必要です。おおむね3〜5%程度の高い購入手数料や、運用成果に対して20%程度の成功報酬を設定するなど、一般のファンドに比べ高いコスト負担を求められることにもなります。

 

解約しづらい点にも注意が必要です。最近は週一度のタイミングで解約できるものも増えてきましたが、月一度しか解約できないファンドもあります、この場合、解約申し出のタイミングによっては、現金が戻るまで3カ月程度かかる場合もあります。

投資家はファンド側からの直接購入はできない

●買うタイミング
ヘッジファンドの場合、常に一定の利益を目指しているという性質上、特に買いどきはありません。投資家が買いやすいタイミングで買うのが一番です。

 

●どこで買えばいい?
マネージド・フューチャーズは、おもに英国など海外の会社が運用しています。購入する場合、運用会社と投資家が直接契約することになりますが、一般にファンド側は投資家からの直接的な連絡を受けません。

 

日本から投資する場合、たとえばシンガポールや香港などのエージェントのサポートを受け、購入するのが一般的です。自分で銘柄を選ぶことができなければ、信頼できる投資助言会社を見つけ、投資助言契約を結ぶとよいでしょう。金融庁に正式に登録した投資助言会社は、その助言行為の中で顧客のポートフォリオを設計します。

 

そこにマネージド・フューチャーズを組み込むことは、助言業者の行為として認められていますが、購入の仲介や勧誘は違法です。投資家側としても、このような法律の仕組みを理解した上で、購入すべきか否か検討してください。

 

スイスなどのプライベート・バンクに口座を持っていれば、そこからたとえばBIG4と呼ばれる大手マネージド・フューチャーズも購入することができます。一般にこれらのファンドの最低投資額は約1億円と高額ですが、プライベート・バンク経由で投資する場合、約1000万円程度と、比較的小口で購入することもできます。すでに口座をお持ちであれば、一度検討してみてもよいでしょう。

本連載は、2013年12月19日刊行の書籍『日本が財政破綻しても資産を奪われない10の投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

田中 徹郎

株式会社 銀座なみきF P事務所 代表

ファイナンシャルプランナー、認定テクニカルアナリス ト。神戸市出身。神戸大学経営学部卒業後、三洋電機入社。本社財務部勤務を経て、1 9 9 0年ソニー入社。おもにマーケティング畑を歩む。2 0 0 4年に退 社後、ソニー生命を経て独立。現在に至る。 現職では、会社員時代から独自に積み上げてきた豊富 な金融・経済の知識を武器として、資産運用アドバイ スを展開する。その理論の明確さで幅広い支持を集め、 数多くの富裕層の顧客を抱えるようになる。自身も株式投資歴は長く、不動産投資も行う。また趣味として クラシック・コイン、紙幣などの収集を手掛けており、 経験に裏打ちされたわかりやすい助言には定評がある。 著書に『50歳からの30年‼ ゆうゆう生きるお金学  あなた! 年率7%で資産運用できますか?』(こう書房)がある。

著者紹介

連載「実物資産」「ペーパー資産」のバランス投資で財産を守り抜く

日本が財政破綻しても資産を奪われない10の投資

日本が財政破綻しても資産を奪われない10の投資

田中 徹郎

幻冬舎メディアコンサルティング

日本の財政は深刻な事態に陥っており、「財政破綻」も決して非現実的なシナリオではありません。特に、資産を円建ての現預金や国債などのペーパー・マネーに集中させていれば、その損害は計り知れません。財政破綻によって、円…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest