不動産投資で「ブルー・オーシャン戦略」を実現する方法

前回は、賃貸住宅経営を成功に導く「ブルー・オーシャン戦略」について解説しました。今回は、不動産投資で「ブルー・オーシャン戦略」を実現する方法を見ていきます。

低コスト化と高付加価値化…双方の実現がポイントに

「ブルー・オーシャン戦略」を実現するためには、次の4つのアクションを組み合わせることが必要だとされています。

 

すなわち、業界における常識や標準に対して、

①「減らす」

②「取り除く」

③「増やす」

④「付け加える」

の4つを行うのです。

 

①「減らす」とは、次の「取り除く」のようにまったくなくすというわけではありませんが、業界の標準と比べて思いきり減らすべき要素はないかを探って、減らすことです。

 

②「取り除く」とは、業界の常識として製品やサービスにとって「当たり前だろう」と思われている要素の一部を、文字通りバッサリとなくしてしまうことです。

 

③「増やす」とは、業界標準としてこれまでの製品やサービスにも備わっているものの、まだまだ十分ではない要素を大胆に増やすことです。

 

④「付け加える」とは、業界ではこれまでほとんど提供されていなかったものの、今後付け加えるべき要素は何かを探り、新たに提供することです。

 

4つのアクションのうち、①「減らす」と②「取り除く」は低コスト化につながります。一方、③「増やす」と④「付け加える」は高付加価値化につながります。

 

低コスト化と高付加価値化の両方を、一度に実現することが「ブルー・オーシャン戦略」のポイントということになります。

 

[図表]「ブルー・オーシャン戦略」における4つのアクション

※出典:W・チャン・キム+レネ・モボルニュ著『ブルー・オーシャン戦略』(ランダムハウス講談社)
※出典:W・チャン・キム+レネ・モボルニュ著『ブルー・オーシャン戦略』(ランダムハウス講談社)

常識だったサービスを取り除き、低価格を実現した事例

日本における「ブルー・オーシャン戦略」の代表例のひとつが、ヘアカット専門店のQBハウスです。

 

ご存じの方も多いでしょうが、かつての理容業界では常識だったシャンプーや髭剃り、ブロー、肩もみといったサービスを思い切って取り除き、散髪だけに特化。10分で1000円(税別)という低価格を実現したのです。

 

また、店舗の外には信号機のような装置を付け、緑なら「すぐできる」、黄なら「5〜10分待ち」、赤は「15分以上待ち」ということがすぐ分かるようにしました。

 

1996年に第1号店を開いてからは破竹の快進撃で2017年1月現在、国内520店舗、海外112店舗を運営しています。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「コンパクトアパート」ではじめる「超ローリスク」不動産投資

ライディックス株式会社 代表取締役

富山県出身。高校卒業後に上京し、様々な仕事を経験した後に不動産業界に飛び込む。初営業したお客様より契約を頂くという業界ではきわめて稀有な実績をあげて以来、社内で圧倒的な営業成績を残す。その後、上場会社も含め数多くの不動産会社で事業責任者や執行役員を経験する。
2013年に独立しライディックス株式会社を設立、代表取締役に就任し現在に至る。経験から裏打ちされた物件の差別化戦略で、多くの資産家のサポートを行っている。販売実績は投資用・実需を含めて600棟を超える。

著者紹介

「コンパクトアパート」ではじめる超ローリスク不動産投資

「コンパクトアパート」ではじめる超ローリスク不動産投資

山上 晶則

幻冬舎メディアコンサルティング

2016年3月に不動産調査会社「タス」が行った調査によると、首都圏賃貸アパートが「空室率30%超」となっています。今後もさらに日本の人口減少は続き、その一方で貸家着工数は増え続けているため、多くの不動産オーナーが空室…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧