円滑なクリニック開業に不可欠な「コンサルティング」の活用

前回は、注意しておきたい「クリニック開業」に際し近付いてくる人々について説明しました。今回は、円滑なクリニック開業に不可欠な「コンサルティング」の活用について見ていきます。

街の診療所は「家族経営」であることが多いが・・・

開業支援コンサルティング、およびクリニックの経営コンサルティングが必要かどうかというのは、人それぞれでしょう。

 

おそらく20年前、30年前であれば、クリニックの経営コンサルティングというものは、それこそ、薬品卸会社、税理士などが、ビジネス上の付き合いの中で行うもので、あらたまったコンサルティング会社などはほとんどなかったものと思われます。

 

しかし、昨今、一般の中小企業でも経営コンサルティング会社のお世話になることが多くなり、クリニックに経営コンサルティングが入ることも少なくありません。というのも、たとえクリニックであっても、理想の経営スタイルというものは存在するからです。

 

かつて、街の診療所というものは、それこそ家族経営の八百屋のようなもので、経営コンサルティングの必要などないと思われていました。その頃は、医師である院長先生と、それを補佐する院長夫人がいて、事務やスタッフの面倒を取り仕切っていました。院長先生夫婦が親代わりの、まさに「家族経営」だったわけです。

 

しかし「家族経営」は、本当に家族だけの小さなビジネスを展開するのであれば経費がかさまないというメリットがありますが、クリニックが大きくなるに従って歪みが出てきます。

院長夫人が仕方なく財務・労務管理に携わるケースも

一番の問題は、たいていの場合、院長先生も、その奥様である院長夫人も、経営のプロフェッショナルではないし、プロフェッショナルになる気もないということです。

 

人にはそれぞれ向き、不向きがありますし、好きなこと、やりたいことも異なります。ほとんどの医師は、人を助けたいために医師になったのであって、クリニックの金勘定をしたいわけではありません。奥様もまた同じで、クリニックの経営を取り仕切りたくて、医師と結婚した、という方はまれでしょう。

 

つまり、多くのクリニックでは「他にやる人がいないし、しょうがないから」という理由で、院長夫人が財務管理や労務管理に携わっている側面が見られます。

 

もちろん、最初は好きで始めたわけでなくても、意外な適性を発見したり、凄腕を振るったりする方はいくらでもいらっしゃいます。医師にしても、独立開業を志す人は、多かれ少なかれ経営にも関心を持っていますから、経営難になっても逆にやる気を見せる院長先生もいます。

 

この話は次回に続きます。

本連載は、2017年1月26日刊行の書籍『自己資金ゼロ・ローリスクで 儲かるクリニックを開業する方法』(幻冬舎メディアコンサルティング)の本文から一部を抜粋したものです。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「ドクター向け」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載自己資金ゼロで「儲かるクリニック」を開業する方法

株式会社GSKコミュニケーションズ 代表取締役

1971年生まれ。
1999年から労務を主にしたコンサルティング業務を行い、2004年、株式会社GSKコミュニケーションズを設立。
不動産賃貸業、管理・ソフトウェア開発のほか、飲食業や人材派遣、自動車販売業などさまざまな業種のコンサルティングに従事。さらに2006年4月より「大志の会」「有志の集い」「市川直樹塾」を主宰し、中小企業経営者に向けて講演会やシンポジウムなどを積極的に開催。これまで300社以上の中小企業経営者のコンサルティングに取り組んでいる。 2011年にはしいの木子どもクリニックを開業、クリニックと調剤薬局の経営コンサルティングを手がけ、開業以来5年間で約9万人の患者の集患に成功している。

著者紹介

自己資金ゼロ・ローリスクで 儲かるクリニックを開業する方法

自己資金ゼロ・ローリスクで 儲かるクリニックを開業する方法

市川 直樹

幻冬舎メディアコンサルティング

勤務医は慢性的な医師不足で時間外の労働が多く、給与も働きに見合わず、過酷な労働環境におかれています。 一方、そうした状況から理想の医療の実現を目標に開業する医師もいますが、都市圏のクリニックは今や乱立状態にあり…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧