駆け引きに溺れるのは百害あって一利なし

縁とタイミングが大切なM&Aでは、お互いの立場を理解しつつ主張や譲歩していかなければ、交渉が決裂してしまいます。ここでは、従業員たちのためにも忘れてはならない点などについて解説します。

値段やプライドに溺れないこと

ほとんどの場合、M&Aによる売買金額は客観性のあるもので、売り手と買い手の双方が歩み寄って落とし込まれた金額になるものです。この点を忘れて、値段の吊り上げなどに走るのはよくありません。

 

大事なことなので何度もいいますが、M&Aは、縁とタイミングが大切です。

そのうえで、双方が互いの立場を理解して相手をおもんばかりつつも、主張すべきところは主張し、譲るべきところは譲るといった態度が求められます。

交渉にあたっては、ビジネスの常識や紳士的な態度が必要になるということです。

 

M&Aは結婚のようなものであると繰り返し述べてきましたが、「自社(自分)だけいい目を見よう」「相手を少しでも出し抜いてやろう」といった姿勢では、良縁を結ぶことはできません。

仮に結婚できたとしても、すぐに相性が合わなくなり、ひと昔前に流行した「成田離婚」のようになってしまうのがオチです。

従業員のためにも、本筋を見失わない

アドバイザーから見れば、本筋でないところで揉めることもあります。

売り手の社長のプライドやエゴが邪魔をするケースが典型的で、例えばM&A後の自分の肩書きなどにこだわってしまうと、よい話を自ら逃すことになりかねません。

「会社のブランディングにも貢献している愛着のある商標を残したい」などといった理屈の通る主張ならともかく、瑣末な肩書きや名前、見栄えなどにこだわれば、買い手がそっぽを向いてしまうこともあると心得ておくべきでしょう。

 

そんなことでせっかくの良縁がブレイクしてしまうなら、社長本人はもちろん、残される従業員やその家族までが不幸になってしまいます。

本連載は、2013年7月2日刊行の書籍『オーナー社長のための会社の売り方』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

GTAC(ジータック)とは、株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/(写真は代表取締役の山下征孝)

著者紹介

連載オーナー社長のための会社の売り方

オーナー社長のための会社の売り方

オーナー社長のための会社の売り方

編著 GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

オーナー社長にとって、会社人生の最後で最大の仕事こそが事業承継。創業以来、長年に渡って経営してきた会社を次代に残す。また、従業員の雇用を守りつつ、買い手企業の新たな資本の元で、会社の価値をさらに高めていくことで…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧