税制面を考慮して資産の配置を考える「アセットロケーション」

今回は、資産形成をする上で重要な、アセットロケーションという考え方を見ていきます。本連載は、元メガバンカーで、現在はファイナンシャル・プランナーとして人気の高い高橋忠寛氏の著書、『ズボラでも「投資」って、できますか?』(大和書房)の中から一部を抜粋し、大切なお金をしっかり守り、上手に増やすために必要な基礎知識を伝授します。

「資産の置き場所」によって課税額が変化する!?

山田:他に節税になる制度はあるんですか?

 

高橋:個人資産に関わる税制優遇は多々あります。税金に対する意識を持っている人だけが、資産を守ることができるので、本連載の中でも特に大事な部分です。

 

山田:知らないと、いつの間にか損をしていることになるわけですね。

 

高橋:資産運用で言うと、同じ投資をしていたとしても、資産をどこに置くかによって、手元に残るお金が変わってきます

 

山田:どこに置くか?

 

高橋:そうです。本書籍『ズボラでも「投資」って、できますか?』の第1章では、資産を配分することが大事だという話をしました。

 

山田:資産の組み合わせによって、リスクを減らすことができて、効率的にリターンを追求するって話でしたよね。

 

高橋:そのような考え方を「アセットアロケーション(資産配分)」と言います。特に長期の投資においては、成果を決定づけるもっとも重要な要素です。そして、もうひとつ「アセットロケーション(資産配置)」という言葉があります。

 

山田:ん?アセット・・・、アロ・・・、ロ、ロケーション・・・?

 

高橋:少しややこしいですが、先ほどの「アセットアロケーション」から「ア」がひとつ取れただけですね。「アセットロケーション」とは、税制面を考慮して、資産をどこに置くか、どういった形で保有するかという考え方のことです。

 

山田:よ、よくわからないです・・・(すいません)。

 

高橋:要するに、資産を置く場所(=ロケーション)を考えることも大事ということです。

 

山田:どうして資産の置き場所が大事なんですか?

 

高橋:それは、資産を置く場所で、税金が違うからです。

 

山田:そ、そうなんですか? よく海外に資産を置いたほうがいいと聞きますが、そういう話ですか?

 

高橋;いえいえ、そういうのではなく、単純に非課税制度を利用するわけです。具体的には、書籍の第1章で解説しているNISA口座を利用します。

 

山田:NISA・・・。一時期よく聞きましたね。

最大600万円までが非課税になる「NISA」

高橋:NISAとは、少額投資非課税制度のことで、その名の通り、少額の投資であれば、その投資で得た5年の間の利益に税金がかからないという制度です。少額と言っても、1年あたり120万円までで、5年間、毎年利用できるので、総額で最大600万円までが非課税の対象になります。

 

山田:600万円というのは、かなり大きいですね。非課税になると、どのくらい得をするんですか?

 

高橋:通常、株や投資信託などで得た利益(配当金や分配金、売買差益)には、税金が20%かかります。例えば、1万円の利益が出たら、2000円を税金で差し引かれるわけです。もし100万円の利益が出ても20万円も引かれるのですから、手元には80万円しか残りません。

 

山田:かなり持っていかれるんですね。

 

高橋:ところが、NISA口座であれば、100万円まるまる自分のものになります。

 

山田:それはいい!

 

高橋:NISA制度は2014年から開始されました。当初は年間100万円までの投資からの利益が非課税の対象だったのですが、2016年から年間120万円までに拡大しています。

 

山田:NISAの狙いは何なのですか?

 

高橋:「貯蓄から投資へ」という流れを促すのが狙いで、既存の投資家よりも、投資初心者に投資を始めてもらうことでした。特に若い世代の投資経験がない人に対して、「少額であれば優遇しますので、ぜひ投資してください」という意図が金融庁にはあったのです。

 

山田:じゃ、若い世代もどんどん投資しているんですね?

 

高橋:残念ながら、現状ではNISAを利用している人は、投資経験のある高齢の方が中心というデータもあります。NISA口座を保有している人の属性を金融庁が発表しているのですが、それによると半分くらいは60歳以上で、しかも投資経験のある方とのこと。

 

山田:じゃ、あまりうまくいっていないんですね。

 

高橋:それはそうなのですが、NISAは投資初心者には優しい制度であることは、間違いありません。どうせ投資をするのであれば、使わない手はないですよね。

 

山田:利益がそっくりそのまま自分のものになるわけですもんね。

 

高橋:面倒だと思わずにNISA口座を開設してほしいと思います。

本連載は、2017年7月5日刊行の書籍『ズボラでも「投資」って、できますか?』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載元メガバンカーFPが伝授! お金を守る・増やすための基礎講座

株式会社リンクマネーコンサルティング 代表取締役

1980年東京生まれ。2004年上智大学経済学部卒業後、東京三菱銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)に入社。法人営業拠点にて、事業性資金融資業務やデリバティブ商品の販売に携わる。
その後、個人富裕層を対象とする不動産関連融資や相続ビジネスを経験し、さらに本格的なリテールビジネスに取り組むため、2007年10月シティバンク銀行に転職。個人富裕層に対するコンサルティング業務に従事し、証券仲介や保険商品、住宅ローン・不動産投資ローンなど、幅広い個人向け金融商品を販売。高い営業実績を残し、社内全営業スタッフの上位約20名が任命されるリレーションシップマネージャーとして活動。顧客向けセミナーでは講師も務め、資産運用の基礎について解説。
2014年9月、株式会社リンクマネーコンサルティングを設立し独立。金融教育ビジネスや資産運用コンサルティング事業を展開。金融商品の販売には関わらない完全に独立した立場で資産運用や保険、相続について総合的なアドバイスを提供している。投資助言代理業者 関東財務局長(金商)第2855号

<保有資格>
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会会員 (CFP®認定者)
日本証券アナリスト協会検定会員 (CMA)
宅地建物取引士
行政書士
住宅ローンアドバイザー
第一種証券外務員

著者紹介

ズボラでも「投資」って、できますか? 元メガバンカーが教える お金を守り、増やす超カンタンな方法

ズボラでも「投資」って、できますか? 元メガバンカーが教える お金を守り、増やす超カンタンな方法

高橋 忠寛

大和書房

リスクは超コワイ! でも、銀行だけっていうのもなんか不安! という人へ 「毎月2000円でもほっとくだけで…… いやむしろ、ほっとくほうが、投資はいいんですよ! 」(お金のプロ・高橋) 「なんすか! その情報! 」(お…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧