家は購入すべきか、賃貸にすべきか・・・その判断基準とは?

今回は、家は購入したほうがいいのか、賃貸のほうがいいのか、その判断基準について見ていきます。※本連載は、元メガバンカーで、現在はファイナンシャル・プランナーとして人気の高い高橋忠寛氏の著書、『ズボラでも「投資」って、できますか?』(大和書房)の中から一部を抜粋し、大切なお金をしっかり守り、上手に増やすために必要な基礎知識を伝授します。

家賃を払い続けるのはもったいない?

山田:マンションではなく、戸建てであれば、土地という資産は残るのではないですか?

 

高橋:でも、人口が減少しているので、35年後に土地の値段がどうなるかは不明です。都内のいい場所にはそれなりの値段が付くかとは思いますが、当然ながらそういった場所は購入価格も高いですよね。普通のサラリーマンが戸建ての家を買おうと思ったら、多少なりとも郊外に行かざるを得ないと思います。そういった郊外の土地の価値が35年後にどうなっているのか、正直わかりません。

 

山田:なんだか下がりそうな気がします。

 

高橋:投資と同じで、うまくいけば価値が上がるかもしれませんが、逆に価値が低くなる可能性もあります。多額の借金を抱えてまで、そういったリスクを取るべきなのか、家を買う前にちゃんと考えるべきだと思います。

 

山田:・・・(やっぱり家を買う前に聞いておけばよかった)。でも、家賃を払うのはもったいない、ですよね?

 

高橋:私は、この発想もあまり意味がないと思っています。住宅ローンを払っているわけですから、最終的に価値が残らないのであれば、賃貸でお金を払うのと何ら変わりがないのではないでしょうか。

 

山田:確かに・・・。じゃ、高橋さんは賃貸派なんですか?

 

高橋:実はそうでもないんですよ(笑)。私は、購入派でも賃貸派でもどちらでもありません。

 

山田:お、どちらにもいい顔をするわけですね!

家の購入は「損得勘定」だけでは決められない

高橋:そういうわけではないですよ。家を購入したほうがいいのか、それとも賃貸のほうがいいのかを考えるとき、よく損得で勘定するわけですが、私は損も得もないのではないかと思っています。結局のところ、その人のライフスタイルや生活するうえでのこだわりなのではないか、と思うからです。

 

山田:その人次第、ということですか?

 

高橋:はい。地域や土地に縛られずに自由に好きなところに住みたいという人もいれば、ひとつの地域に根を下ろして暮らしていきたいという人もいます。リタイア後は海外で暮らしたい人もいるでしょうし、田舎に戻りたいと思っている人もいるでしょう。また、それなりに設備が整っているマンションに住みたい人もいれば、大きな庭がある戸建てに住みたい人もいますし、畑で野菜を育てながら暮らしたい人もいます。都内の高級住宅地に住むことが、生きるうえでのモチベーションになる人もいます。

 

山田:つまり、自分のライフスタイルによって決めたらいいということ?

 

高橋:逆に言えば、自分のライフスタイルで決めずに、何を基準に決めたらいいのでしょうか?

 

山田:・・・。

 

高橋:家を買うかどうかを決めるのは、自分のライフスタイル次第。そこに、損得勘定を持ち込む必要はないと思います。

 

山田:確かに損か得かではないような気がしてきました(ちょっとホッとしました)。

本連載は、2017年7月5日刊行の書籍『ズボラでも「投資」って、できますか?』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載元メガバンカーFPが伝授! お金を守る・増やすための基礎講座

株式会社リンクマネーコンサルティング 代表取締役

1980年東京生まれ。2004年上智大学経済学部卒業後、東京三菱銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)に入社。法人営業拠点にて、事業性資金融資業務やデリバティブ商品の販売に携わる。
その後、個人富裕層を対象とする不動産関連融資や相続ビジネスを経験し、さらに本格的なリテールビジネスに取り組むため、2007年10月シティバンク銀行に転職。個人富裕層に対するコンサルティング業務に従事し、証券仲介や保険商品、住宅ローン・不動産投資ローンなど、幅広い個人向け金融商品を販売。高い営業実績を残し、社内全営業スタッフの上位約20名が任命されるリレーションシップマネージャーとして活動。顧客向けセミナーでは講師も務め、資産運用の基礎について解説。
2014年9月、株式会社リンクマネーコンサルティングを設立し独立。金融教育ビジネスや資産運用コンサルティング事業を展開。金融商品の販売には関わらない完全に独立した立場で資産運用や保険、相続について総合的なアドバイスを提供している。投資助言代理業者 関東財務局長(金商)第2855号

<保有資格>
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会会員 (CFP®認定者)
日本証券アナリスト協会検定会員 (CMA)
宅地建物取引士
行政書士
住宅ローンアドバイザー
第一種証券外務員

著者紹介

ズボラでも「投資」って、できますか? 元メガバンカーが教える お金を守り、増やす超カンタンな方法

ズボラでも「投資」って、できますか? 元メガバンカーが教える お金を守り、増やす超カンタンな方法

高橋 忠寛

大和書房

リスクは超コワイ! でも、銀行だけっていうのもなんか不安! という人へ 「毎月2000円でもほっとくだけで…… いやむしろ、ほっとくほうが、投資はいいんですよ! 」(お金のプロ・高橋) 「なんすか! その情報! 」(お…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧