縮小する住宅業界…ハウスメーカーの置かれる「厳しい立場」

前回は、自宅の建築に必要な「納得してから契約する」という姿勢について取り上げました。今回は、縮小する住宅業界で、ハウスメーカーが置かれる「厳しい立場」を見ていきます。

長引く不況による売上げ低迷、将来の人口減…

本連載で紹介してきたことは、私が下請けをしていた平成13年当時までのことを基本としていますが、今でも住宅業界の本質は変わってはいません。ただ、長引く不景気からどの会社も売上げが低迷しています。それ以上に、人口が今後大幅に減少していくことがわかっています。つまり、景気に関係なく、住宅市場も今後ますます縮小していくわけです。そうした中で、ハウスメーカーなども、昔のままの姿勢では受注が思うようにできません。

 

大手ハウスメーカーの場合、かつては予算が2500万円を切るお客様は客ではないとすら言っていたこともあるのです。それも昔の話だと思います。

 

ただ、その本質は変わりようがないのだと思います。施主となる個々人にとっての1000万円の重みが、住宅業界にいる多くの人間たちにはわかりません。いつも大きな金額を見ているせいで、感覚が麻痺してしまっているのです。

 

しかも、私たちもそうでしたが、景気が悪くなると、実入りは大幅に減っているのに、やることだけは増えて行きます。サービスが求められるようになり、しわ寄せはすべて下請けに行きます。それが施工精度、下手をすれば見えないところの施工品質に影響することも少なくないのです。

本当に頼りになる営業マンや住宅会社を見つけるには?

営業面にも焦りが見えます。

 

たとえばひと昔前まで、現場見学会は地域に根付いた中小工務店の専売特許でした。そうした手法は、ここまでの話でもおわかりいただけると思いますが、大手ハウスメーカーは嫌う方法でした。しかし、昨今では貪欲なまでに、そうした手法も取り入れています。その理由は地域密着ではなく、顧客情報の入手であり、その早期取り込みです。そうした場に参加することが必ずしも悪いこととは言いませんが、どうか、巧みに演出されたその勢いに流されることなく、家づくりのパートナーはしっかりと見極めていただきたいと思います。

 

また、こんな例もありました。ある会社のホームページで20人ほどのOBのお客様が顔出し動画のインタビューに答えていました。ほぼ全員の語る内容を集約すると「120%満足しています」というものでした。いわゆる口コミの操作です。

 

その会社の業界内での評価はそこまで高くなく、案の定ほどなくして倒産。その後、倒産に先立ち、工事途中のお客様からも工事代金の回収を急いでいたことまで判明しました。さらに、この動画についても後に実態がわかりました。全員に謝礼を払い、名前・表札を出して、筋書通りの返答をさせていたというのです。これは極端なケースですが、巧妙な手口で多くの人が騙されても仕方がないと言わざるを得ません。

 

本書『改訂版「家づくり」は住宅会社選びで9割決まる 』の第2章では、家づくりを任せる住宅会社を選ぶ際に、注意すべき点を10項目に分けて説明したいと思います。セミオーダーを主体とするハウスメーカー選び、フルオーダーを主体とする住宅会社選び、両方に関わるポイントです。

 

最低限、第2章で伝えるポイントを踏まえることが出来れば、家づくりの方向性を見失う可能性は極めて低いものになると思います。自分たちにとって、本当に頼りになる営業マンや住宅会社を見つけることが出来ると思います。

 

本書のタイトルにもある通り、「家づくり」の成否は住宅会社選びで決まります。選び方を間違えると、いくら悔やんでも取り返しがつかない事態に陥ってしまう危険性があるのです。

 

この人、この会社ならば人生を預けられる。人生を左右する数千万円を預けられる―そう思えるような最良のパートナーと巡り合うために、本書の次章以降で解説する住宅会社選びの指標を活用してください。

本連載は、2017年4月12日刊行の書籍『改訂版「家づくり」は住宅会社選びで9割決まる 』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載家づくりを成功させるために知っておきたい「住宅業界」の裏話

株式会社タマック 代表取締役

1961 年(昭和36 年)千葉県生まれ。  愛知学院大学商学部経営学科卒業後、父親の経営する会社に入社するも、間もなく経営破たん。家族として背負った負債を返済するために3 年間、究極の職場・佐川急便に勤務。
負債を全額返済し終えた1988 年、父親が再度立ち上げたタマックの前身となるハウスクリーニング業有限会社多摩クリーンサービスに入社し、1990 年より住宅建設業を開始、某大手ハウスメーカーの指定工務店となる。
1993 年株式会社タマックに商号変更、1995 年株式会社タマック代表取締役に就任。2001 年大手ハウスメーカーの下請けから脱却し、注文住宅の自社ブランド「タマックの家」の受注を開始。下請け時代の反省から一貫して拡大路線をとらず、「半径10km 圏内限定施工」、「年間80 棟限定施工」、「月間7 棟平準着工」を掲げ、施主の立場に立った「サービス業」としての家づくりを実践している。
神奈川県川崎市多摩区に本社およびショールームを構え「生涯一拠点体制」を宣言し、施主にとっての「一分の一の家づくり」を大切に、「家づくりは幸せづくり」をモットーとし、地元に必要とされる会社として根ざしている。

著者紹介

改訂版「家づくり」は住宅会社選びで9割決まる

改訂版「家づくり」は住宅会社選びで9割決まる

貞松 信人

幻冬舎メディアコンサルティング

人生を左右するほどの大きな買い物である「家づくり」。 「家づくり」は購買経験を積むことが出来ないため、何が正しくて、何を基準にすれば良いかわからない、とても難しい買い物です。 あるアンケート調査では、注文住宅を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧