投資回収までの時間から見る「メンフィス不動産」投資の優位性

今回は、「発展途上国・東南アジア不動産」と「先進国・メンフィス不動産」をテーマに、海外不動産投資で不可欠な「時間的投資対効果」という観点について説明します。※本連載では、WIN/WIN Properties, LLCパートナー兼株式会社WIN WIN Properties Japan代表取締役である柳原大輝氏が、アメリカ不動産投資の様々な魅力について解説します。

東南アジアの不動産投資は「プレビルド」が基本だが…

前回は、『発展途上国 東南アジア不動産』V.S.『先進国 メンフィス不動産』をテーマに、「東南アジア不動産とメンフィス不動産に求める利回り(=期待利回り)は、同じではない!それを知らないとハイリスク・ローリターンな投資をしてしまうことになる!」というお話をしました。

 

今回は、具体的にどのような点において、『メンフィス不動産』は『東南アジア不動産』を勝るのか、を解説しようと思います。

 

『メンフィス不動産』は下記8つの点において勝ると思っております。

 

①入金までの期間(=時間的投資対効果)

②売却時の流動性

③キャピタルゲイン

④減価償却メリット

⑤空室率(入居者の付き易さ)

⑥通貨の安定感・強さ

⑦経済の安定成長

⑧不動産市場の透明性(国の信用力)

 

今回はその中の「①入金までの期間」について解説していきます。

 

①入金までの期間(=時間的投資対効果)

 

東南アジアの不動産投資は、プレビルドが基本です。なぜプレビルドかというと、完成するか分からず完成期間も遅れるなどのリスクを負うことによりキャピタルゲインを得よう、というスキームでないとリターンが出ないからです。

 

しかし、プレビルドが故に、投資資金を入れてから、完成までに、3、4年、それに賃貸付けにもう1、2年掛かると言われております(ケースバイケースですが)。5年間はずっと資金を塩漬けして、5年後にやっとキャッシュフローが回るようになるわけです(プレビルドなので、完成時期が大幅に遅れる可能性もあります)。

 

一方、弊社のメンフィス不動産投資は、全て入居者を入れて、キャッシュフローがまわる状態にしてから、皆さんに投資のご紹介をしております。投資したら、その日からキャッシュフローが回るということです。この違いが数字的にどれ程違うのかを見ていきましょう。

 

メンフィスの街並み
メンフィスの街並み

利回りは「どの程度の期間で」という観点が不可欠

皆さんもご存知の、投資効率を判断する上でもっともよく使われる「利回り」という指標がありますね。しかし、これには多くの方が見逃していることがあります。それは「時間的投資効率」です。「利回り」は、いくらの投資に、どれだけのリターンがあるか、だけではなくて、「どれ程の期間で」という観点が入らなければ何の意味も成さない指標へと変わってしまうのです。

 

例えば、「利回り100%の投資」と「利回り1%の投資」どちらが良いか?これは一概に前者とは言えません。なぜなら前者は100年で、後者は1年で、という時間的観点が入ったら、年間利回りは1%で、同じということになりますから。

 

実際の不動産投資でも同じで、東南アジア不動産のよくある実質利回り5%、というのは、5年掛けて5%が入るということになり、年利はたったの1%なのです。

 

一方、弊社のメンフィス不動産では、実質利回り5%、と同じですが、全ての物件に入居者を付けてお引き継ぎするスキームを取っていますから、1年目から5%、5年で25%、と東南アジア不動産と、5倍の差があるのです(しかも、提示家賃で賃貸が付くのを証明していることもご理解頂けると思います)。

 

入金までの期間(=時間的投資対効果)が、どれ程大切なのか、ご理解頂けましたでしょうか。

 

②~④に関しては、次回で詳しく解説します。

本連載は、株式会社WIN WIN Properties Japanが運営する「不動産投資、なぜ今アメリカなのか!?」(http://winwin-pro.com/blog/)から転載・再編集したものです。稀にその後の制度改正等、最新の内容には一部対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載インカム&キャピタルゲイン、タックスメリット・・・アメリカ不動産投資の魅力を知る

WIN/WIN Properties, LLC 共同代表
株式会社WIN WIN Properties Japan 代表取締役

日本を中心にアジア圏の不動産投資家・市場開拓のため、現在東京オフィスに籍を置く。
過去50回を超えるセミナー講師経験と500名以上のマンツーマン個別相談経験から、各個人の財務状況と知識に合った投資戦略を寄り添って提案する。
海外不動産投資が初めての方には基礎からの知識を、お金の準備ができていない方には融資をはじめとしたお金の引き方もアドバイスする。

WEBサイト http://winwin-pro.com/

著者紹介

出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【名古屋会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年10月版)

~【名古屋会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年10月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年10月15日(日)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

※一部、予定項目を変更いたしました(2017/8/2)。

会場 イオンコンパス 名古屋駅前会議室 Room A
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【名古屋会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年10月15日(日)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 イオンコンパス 名古屋駅前会議室 Room A
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年10月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年10月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年10月24日(火)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年10月24日(火)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【福岡会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

~【福岡会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月12日(日)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

※一部、予定項目を変更いたしました(2017/8/2)。

会場 アクロス福岡 6F 606会議室
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【福岡会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月12日(日)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 アクロス福岡 6F 606会議室
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【神戸会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

~【神戸会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月26日(日)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

※一部、予定項目を変更いたしました(2017/8/2)。

会場 三宮コンベンションセンター Room504
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【神戸会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月26日(日)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 三宮コンベンションセンター Room504

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧