事業投資 無料 終了

【オンライン開催(LIVE配信)】1事業所売上3,000万円強、利益1,000万円も!高成長「児童発達支援事業」ではじめる新たな収益柱の作り方

終了
満員御礼
募集締切
開催中止

日 時 2020年12月10日(木)15:00~16:00  
会 場 オンライン開催(LIVE配信) ※PC・スマホにてご視聴いただけます。
講 師 足立 崇株式会社ワンライフ
参加費無料
主 催株式会社ワンライフ
共 催合同会社幻冬舎ゴールドオンライン
予定内容

1事業所売上3,000万円強、利益1,000万円も!
高成長「児童発達支援事業」ではじめる、新たな収益柱の作り方

 

 

貴社の収益を安定させる新事業が「児童発達支援」業界にある!
 

「子どもの発達の遅れは、早期療育が重要」と言われるなか、児童発達支援事業所は圧倒的に数が少なく、1~2割ほどしかニーズを満たせていません。成長確実でありながら、専門的なノウハウが必要なため、参入障壁が高く、事業所の増加スピードが追い付いていないのです。

そんな児童発達支援業界で注目されているのが、株式会社ワンライフが運営する子ども療育園「chouchou(シュシュ)」です。最大の特徴は「保育園型事業所」であるということ。多数派の塾型サービスと比べて、児童の平均在籍年数は3年程度と長く、収益面でも運営面でも非常に安定しています。さらに独自に開発した療育プログラムのほか、IT教育や様々な行事など、ほかの事業所にはない珍しい取り組みで、競争力を発揮しているのです。

今回、子ども療育園「chouchou(シュシュ)」では事業拡大を見据えて、フランチャイザーを募集。成長分野でありながら参入障壁の高い児童発達支援事業も、充実のサポート体制でバックアップするから安心です。1事業所あたり年間売上3000万円以上、年間利益1,000万円超も可能で、しかも社会貢献性の高いビジネスは、企業として価値を高めてくれるでしょう。「新しい収益の柱がほしい」と模索する中小企業の経営者のみなさん、必見です!

 

【セミナー内容】

●発達障害を抱える子どもはますます増える、でも事業所はニーズの1~2割程度
だから、児童発達支援事業は安定収益が見込める!

●成長する児童発達支援事業、でも専門性の高いノウハウが必須で、参入障壁が高い
だから、参入できれば“勝ち”

●ワンライフの子ども療育園「chouchou(シュシュ)」ビジネスの強み
①発達障害改善を目的とした独自プログラム
園庭付きの建築デザインで差別化
③同業では珍しい、毎日通うことが前提の「保育型事業所

●子ども療育園「chouchou(シュシュ)」…フランチャイジーとしての魅力
手厚いサポート体制で新規事業でも心配なし
②1事業所あたり年間売上3000万円以上、年間利益1,000万円超の安定収益
社会貢献性が高いビジネス…企業価値が向上

講師紹介
足立 崇 株式会社ワンライフ 2008年3月 山梨大学教育人間科学部 卒
2015年9月 NPO法人ターサ・エデュケーション立ち上げメンバーとして理事に就任。子どもの貧困の解決に向けた活動を行う
2020年4月 NPO法人 ターサ・エデュケーション 副理事に就任
2020年10月より株式会社ワンライフに参画
資格 小学校第1種免許状、中学校第1種免許状、準認定ファンドレイザー(取得予定)
その他 ぐんまの子ども・若者支援フォーラム実行委員会 副実行委員長