節税対策の臨時ボーナス支給が「愚の骨頂」と言える理由

本連載では、税理士、西浦雅人氏の著書『今すぐ社長の給料を半分に下げなさい』(リンダパブリッシャーズ)の中から一部を抜粋し、具体的な事例とともに、社長として気をつけたい「間違いだらけの節税対策」について解説していきます。

Q:今期500万円ほど利益が出そうなので、節税対策として10人の社員に50万円ずつ臨時ボーナスを出そうと思っているのですが……。

 

A:愚の骨頂です!

会社に現金を残すことが大事!

たしかに、社員に臨時ボーナスを出せば、利益を減らすことができますので、法人税を減らすことができます。さらに、臨時ボーナスをもらった社員は喜びますので、社員のモチベーションもアップして一石二鳥の対策だと考える人も多いことでしょう。

 

しかし、私に言わせれば、こんなものは愚の骨頂です。理由は2つ。

 

1つは、会社に現金が残らなくなってしまうからです。現金がないということは、急にお金が必要になったときに対応できないということです。借りられる当てがあればいいでしょうが、それがないのであれば、最悪の場合は倒産という事態にもなりかねません。それでは、何のための節税対策なのか、ということです。本末転倒も甚だしいといえるでしょう。

 

もう1つの理由は、社員のモチベーションというのは、すぐに下がってしまうものだからです。たしかに、一時的にはアップすると思います。しかし、モチベーションの高い状態がどれだけ続くのかというと、おそらく1か月も続けばいいほうだと思います。下手をすると、ほんの一瞬で終わってしまうこともありえます。

 

結局、お金の効果は、それほど長くは続かないのです。しかも、今年出した臨時ボーナスが来年は出ないということになると、社員のモチベーションは一気に下がってしまいます。「去年は出たのに……」とか、「今年のほうが利益は出ているはずなのに、なぜ臨時ボーナスを出さないんだ!」という不満のほうが大きくなるのです。したがって、安易な臨時ボーナスは、百害あって一利なしといえるでしょう。

従業員のやる気をアップさせる「3つの報酬」

じつは、報酬というのは、3種類あります。

 

①心の報酬
②技術の報酬
③お金の報酬(給与)

 

まず①については、「認められた」「褒められた」「感謝された」という心の報酬です。心の報酬は、社内において、感謝を伝える風土や、ありがとうを言う習慣によって産まれます。じつは、これが従業員のやる気の源になっている会社も多数存在します。仲間同士の連帯意識が芽生えて、従業員がイキイキと働いてくれるようになるのです。

 

②については、自分の成長に気づける、手に技をつけるという報酬です。お寿司屋さんで働いている若い職人さんが、そんなに高い給与をもらっていないのに辞めないのはこれがあるからです。大将や先輩から技術を教えてもらって、または自分で会得して、将来、店を出すために働いています。これも、どれくらいの品質のものを、どれくらいの時間でできたなどの数値化した基準を設けることで、やる気の底上げにつながります。

 

このように「心・技術・お金」の3つの報酬で、従業員のやる気をUPさせ、高いパフォーマンスを発揮できる風土づくりをすることで、喜び溢れる職場環境を作ることができるのです。

 

スティーブ・ジョブズの名言で、「美しい女性を口説こうと思ったとき、ライバルの男がバラの花を10本贈ったら、君は15本贈るのかい?」というものがあります。従業員の求人広告を出す場合、他社が高い給与で募集していたら、あなたはもっと給与を高くして募集しますか?

 

同じ項目で量だけを増やすのでは、大きな効果は期待できません。新たに従業員を募集するとき、従業員の離脱防止のために、他社がやることと同じ尺度で勝負せずに、違う基準を作り上げて勝負する必要があると感じています。経営者は従業員の笑顔を創り、幸せにするヒーローです。どのタイミングで、どんな表情で、どんなセリフを言うのか。お金を使わないとしたら、何ができるのかを考えることが、これからは重要です。

本連載は、2017年1月31日刊行の書籍『今すぐ社長の給料を半分に下げなさい』(リンダパブリッシャーズ)から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「税金」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「節税」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載社長必見!間違いだらけの節税対策

税理士。感動経営コンサルタント。

1983年、石川県羽咋市生まれ。立命館大学大学院法学研究科修了。
2010年、税理士としての仕事にも慣れ、結婚もして、「さあ、これから」というときに、原因不明の病に倒れ、緊急入院。死を覚悟し、妻、父、母、祖父、祖母に感謝を伝える遺書を書く。半年間の闘病生活の中で、仏教本を読みまくり、死を免れて生きることができたなら、社会の役に立てる仕事をしたいと強く望むようになる。
経営について真剣に悩んでいる社長の方々に、節税対策などのアドバイスだけでなく、売上UPのお手伝いもしたいと考え、退院後は精力的に数々のマーケティングおよびコンサルティングのノウハウを学ぶと同時に、独自のメニューの研究を始め、メニューを変えるだけで売上を劇的にUPさせる独自のノウハウを確立。
現在は、税理士としてクライアントに税務に関するアドバイスをするだけでなく、メニューを自在に操ることでクライアントの利益増のサポートも行っている。さらに、世界的に有名な宿泊施設の管理職研修を行う等、研修講師としても活動中。主な研修内容は、「メニューを変えるだけで売上を激増するメニュー作り研修」「リピーターを増やすブランディング戦略研修」「集客アップチラシ作り研修」「従業員の意識改革研修」など。

著者紹介

今すぐ社長の給料を半分に下げなさい

今すぐ社長の給料を半分に下げなさい

西浦 雅人

リンダパブリッシャーズ

はじめまして、税理士の西浦雅人です。私はこれまで数多くの社長や個人事業主の方とお会いしてきましたが、残念なことに世の中には間違った節税対策をしている人が、本当にたくさんいるものです。私の知り合いの社長も、そんな…

資産運用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

ピクテに学ぶ最新の資産保全術と、「投資信託」の正しい使い方

~スイスで育んだピクテ212年の経験に学ぶ「富裕層が今、資産を守るためにすべきこと」

講師 冨中則文 萩野 琢英 氏
日時 2017年10月04日(水)
内容

<第1部>ピクテが考える資産保全

~想定すべき今後のリスクと「バーゲンハンティング」の機会を見据えて~

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧