日本にはどのくらい「外国人労働者」がいるのか?

今回は、平成25年時点での外国人労働者の人数と、その出身国について見ていきます。※本連載は、外国人社員のビザ手続きや、外国人雇用コンサルティングなどを提供するACROSEEDグループの佐野誠氏(代表取締役/行政書士)、宮川真史氏(行政書士)、野口勝哉氏(社会保険労務士)、西澤毅氏(税理士)による共著、『すぐに使える! 事例でわかる! 外国人雇用 実戦ガイド』(レクシスネクシス・ジャパン)より一部を抜粋し、外国人の就労実態や業種別の傾向など、企業目線で「外国人雇用」の現状を説明します。

平成25年時点で、外国人労働者の数は「717,504人」

日本における外国人雇用については、厚生労働省が発表している「『外国人雇用状況』の届出状況まとめ(平成25年10月末現在)」(平成26年1月31日)によって、その概要をつかむことができます。

 

これは本書でも説明する外国人労働者の雇入れ・離職時にハローワークへ届け出る「外国人雇用状況の届出制度」の届出状況を取りまとめたもので、厚生労働省が定期的にその内容を公表しています。以下では、平成25年10月末現在の内容を抜粋し、最近の傾向と対策をまとめました。

 

①外国人労働者を雇用している事業所及び外国人労働者の状況

 

平成25年10月末現在、外国人労働者を雇用している事業所数は126,729か所で、外国人労働者数は717,504人でした。

 

これは平成24年10月末現在の119,731か所、682,450人に対し、6,998か所(5.8%)の増加、35,054人(5.1%)の増加となりました。外国人を雇用している事業所数、及び外国人労働者数ともに平成19年に届出が義務化されて以来、過去最高の数値となっています。

 

外国人労働者数が増加した要因として、現在、政府が進めている高度人材、留学生の受入れが進んできていることがあげられます。それに加え、依然として一部に厳しさがあるものの、雇用情勢が改善傾向のうちに推移していること、外国人労働者を雇用した場合の届出制度の浸透が進んでいることなどの影響も考えられます。

中国国籍が最も多いが、ベトナムも大幅に増加中

②外国人労働者の属性

 

外国人労働者を国籍別にみると、中国が最も多く303,886人で、外国人労働者全体の42.4%を占めます。次いでブラジル95,505人(同13.3%)、フィリピン80,170人(同11.2%)、ベトナム37,537人(同5.2%)の順となっています。特にベトナムについては対前年同期比で10,709人(39.9%)増加しており、大幅な増加となっています。

 

[図表1]国籍別外国人労働者の割合

 

一方で、在留資格別にみると、「身分に基づく在留資格(※1)」が外国人労働者全体の44.4%を占め、次いで技能実習生等の「技能実習」が19.0%、「専門的・技術的分野の在留資格(※2)」が18.5%となっています。

 

(※1)身分に基づく在留資格:永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者
(※2)専門的・技術的分野の在留資格:教授、芸術、宗教、報道、投資・経営、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術、人文知識・国際業務、企業内転勤、興行、技能

 

専門的・技術的分野の外国人労働者は132,571人と前年同期比で8,312人(6.7%)増加しており、専門的な知識・技術を持つ外国人の雇用が拡大しています。また、「資格外活動(留学)」が102,534人と前年同期比で10,807人(11.8%)増加しています。

 

[図表2]在留資格別外国人労働者の割合

 

さらに国籍別・在留資格別にみると、中国は「技能実習」が31.8%、「資格外活動(留学)」が23.0%、「身分に基づく在留資格」が21.4%となっています。

 

ブラジル及びペルーは「身分に基づく在留資格」がそれぞれ99.4%、99.3%を占めています。なお、ブラジル及びペルーの「身分に基づく在留資格」の内訳では「永住者」の割合が最も高く、国籍別の外国人労働者数に占める「永住者」の割合は、ブラジル国籍者が46.7%、ペルー国籍者が59.8%となっています。

 

フィリピンは「身分に基づく在留資格」が83.5%であり、うち「永住者」が45.8%を占めています。ベトナムは「技能実習」が45.8%、次いで「資格外活動(留学)」が24.7%となっています。G8諸国や韓国は「専門的・技術的分野の在留資格」がそれぞれ58.9%、41.7%を占めています。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「経営戦略」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載就労実態、業種別の傾向――「外国人雇用」の現状を知る

株式会社ACROSEED 代表取締役
行政書士 

「日本社会の調和と活力あるグローバル化に貢献する」ことをミッションとし、外国人や外国人雇用企業向けのプロフェッショナルサービスを提供している。

著者紹介

行政書士法人ACROSEED 行政書士

上場企業から中小企業までの外国人雇用コンサルティング実績を多数有し、外国人従業員の在留資格手続から外資系企業の日本進出サポートまで幅広く対応。外国人雇用に関する講演活動などで実績多数。

著者紹介

社会保険労務士法人ACROSEED 社会保険労務士

外国人従業員の労務管理を専門とし、企業の外国人雇用管理コンサルティングに精通。採用した外国人従業員が企業に定着し業績に貢献するための評価制度、社内環境の整備に定評がある。

著者紹介

税理士法人ACROSEED 税理士

外資系企業や外国人雇用企業の国際税務を専門に扱い、税務・会計、財務管理などのコンサルティングサービスを提供している。

著者紹介

すぐに使える! 事例でわかる! 外国人雇用 実戦ガイド

すぐに使える! 事例でわかる! 外国人雇用 実戦ガイド

佐野 誠,宮川 真史,野口 勝哉,西澤 毅

レクシスネクシス・ジャパン

平成27年改正入管法に対応。 外国人雇用を成功させるための“キーワード”は7つ。その手続・実務を、豊富な他社事例を通して、企業の目線でわかりやすく解説します。改正の目玉・「高度外国人材」の活用促進、永住権取得要件緩…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!