グローバル化する日本経済 問われる「外国人雇用」への対応

本連載は、外国人社員のビザ手続きや、外国人雇用コンサルティングなどを提供するACROSEEDグループの佐野誠氏(代表取締役/行政書士)、宮川真史氏(行政書士)、野口勝哉氏(社会保険労務士)、西澤毅氏(税理士)による共著、『すぐに使える! 事例でわかる! 外国人雇用 実戦ガイド』(レクシスネクシス・ジャパン)より一部を抜粋し、外国人の就労実態や業種別の傾向など、企業目線で「外国人雇用」の現状を解説します。

少子高齢化が「グローバル人事戦略」の波を起こす

現在、中国、インド等のアジア諸国の「新興国」が、世界経済における存在感を急速に拡大させています。世界の経済活動を隔てる国境の壁は低くなり、グローバル化の波が日本社会にも押し寄せています。

 

日本の大手企業は、日本国内で完結するビジネスモデル(ドメスティック企業)からグローバル企業への変化を迫られ、新しいビジネスモデルの確立のため、グローバル人材である「高度人材」の採用に積極的に乗り出しています。

 

また、日本は人口減少に転じ、今後、本格的な人口減少社会の到来を迎えます。内閣府の「労働力人口と今後の経済成長について」(平成26年3月12日)によると、女性がスウェーデンなみに働き、高齢者が現在よりも5年長く働いたとしても、2013年における6,577万人の労働力人口が2060年には5,400万人程度まで減少すると予測されています。

 

人口減少・少子高齢化は、国内の高度専門技術者などの労働力投入量の減少を意味しており、日本経済の成長に対する制約要因となります。

 

世界経済のグローバル化、日本企業の営業利益の「新興国」への依存、人口減少・少子高齢化が大手企業を中心にグローバル人事戦略の波を起こし、それが日本の中小企業へと波及していくことは、もはや必然といえます。

就職活動において、国籍より実力が問われる時代は近い

このような状況の中、日本国内での外国人雇用は年々拡大・加速しています。

 

以前は、外国人労働者が単純労働などに就き不法就労問題が発生することもありましたが、現在では「採用活動を行った結果、最も優秀な人材がたまたま外国人であった」という理由で外国人採用を行う企業も増加しています。一部の職種では、フィリピンや中国などの外国人従業員が、日本人従業員よりも高給をとっている例もみられます。

 

就職活動に関して、国籍ではなく実力で勝負する時代が近づきつつあるのです。

 

その背景には、人口構造の変化、通信技術や交通インフラの発達、そして日本企業の国際化などがありますが、今後は、「少子高齢化」が特に大きなポイントとなるでしょう。同様の問題を抱えるアメリカやドイツなどの先進諸国では、人口構造を維持するために、条件付きながら積極的に外国人を受け入れています。

 

日本では外国人労働者の受入れに関して様々な意見があるため、積極的な受入れが進むかは未知数ですが、今後も多様な分野で、段階的な規制緩和がなされていくことは十分に考えられます。

 

とはいえ、外国人雇用の増加がもたらすものはメリットだけではなく、同様にデメリットも発生すると予想されます。デメリットとしては、不法就労や刑法犯などの増加、日本人の雇用機会の縮小、日本人と外国人が二層化された社会を構成するおそれ、などといった点が考えられます。

 

そのため、外国人の入国や就労には、ある程度の制限を設け、一定の枠内での受入れを実施する必要があるでしょう。その一環として、不法就労助長罪の新設、外国人情報の一元管理など、外国人雇用を取り巻く法整備も着々と進んでいます。

 

このように、外国人労働者の積極的な受入れには様々な問題が予想される一方で、日本が抱える労働力不足、経済縮小などの状況を考慮すると、外国人の雇用が今後、増加の一途をたどることは明らかです。これからの日本企業にとって、「外国人雇用」が重要な人事戦略の1つとなることは疑いがありません。

 

そのため、外国人雇用を実施する企業は、コンプライアンスを遵守しながら外国人労働者を受け入れるための適正な社内体制を構築していく必要があります。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「経営戦略」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載就労実態、業種別の傾向――「外国人雇用」の現状を知る

株式会社ACROSEED 代表取締役
行政書士 

「日本社会の調和と活力あるグローバル化に貢献する」ことをミッションとし、外国人や外国人雇用企業向けのプロフェッショナルサービスを提供している。

著者紹介

行政書士法人ACROSEED 行政書士

上場企業から中小企業までの外国人雇用コンサルティング実績を多数有し、外国人従業員の在留資格手続から外資系企業の日本進出サポートまで幅広く対応。外国人雇用に関する講演活動などで実績多数。

著者紹介

社会保険労務士法人ACROSEED 社会保険労務士

外国人従業員の労務管理を専門とし、企業の外国人雇用管理コンサルティングに精通。採用した外国人従業員が企業に定着し業績に貢献するための評価制度、社内環境の整備に定評がある。

著者紹介

税理士法人ACROSEED 税理士

外資系企業や外国人雇用企業の国際税務を専門に扱い、税務・会計、財務管理などのコンサルティングサービスを提供している。

著者紹介

すぐに使える! 事例でわかる! 外国人雇用 実戦ガイド

すぐに使える! 事例でわかる! 外国人雇用 実戦ガイド

佐野 誠,宮川 真史,野口 勝哉,西澤 毅

レクシスネクシス・ジャパン

平成27年改正入管法に対応。 外国人雇用を成功させるための“キーワード”は7つ。その手続・実務を、豊富な他社事例を通して、企業の目線でわかりやすく解説します。改正の目玉・「高度外国人材」の活用促進、永住権取得要件緩…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧