不動産 海外不動産 海外移住
連載投資ビザ・永住権取得を視野に入れた「スペイン不動産」投資の可能性【第2回】

なぜスペインの不動産投資がヨーロッパで一番人気があるのか?

ナイトフランク社カナリア諸島カタルーニャ州スペイン不動産

なぜスペインの不動産投資がヨーロッパで一番人気があるのか?

ヨーロッパの不動産投資対象国として最も人気のあるスペインは、次点のドイツ、イギリスに比較しても高い利回りが魅力です。今回は、なぜスペインの不動産は利回りが高く、世界中から人気を集めるているのか、その理由を見ていきます。

高利回りで多くの投資家を魅了するスペイン不動産市場

世界的に有名なイギリスの大手不動産会社ナイトフランク社は、2015年はヨーロッパの中でスペインが一番の不動産投資対象国だったと発表しました。また、150人の著名な個人投資家・投資会社の中で27%が、今後3〜5年後に不動産投資をしたい対象国としてスペインを選びました。

 

ナイトフランク社のハンフレイ・ホワイト氏によると、不動産バブルがあった2008年には及ばないものの、2014年よりスペインへの不動産投資は著しく増加し、過去12ヶ月でオフィスの賃貸率は前年に比べて20%増加、ショッピングセンターの賃貸投資は、2104年第1期から2015年第2期までの過去6期間上昇しているとのことです。

 

ヨーロッパの不動産投資対象国として、スペインの次にドイツ、イギリスが挙げられていますが、スペインに比べるとすでに不動産市場が定着しており、利回りの上昇が少ないため、投資家たちは来年度のスペインの不動産投資にも強い関心を寄せています。

 

●2015年後期から今後3〜5年後に不動産投資したい対象国

スペイン・・・26.8%
ドイツ・・・25.4%
イギリス・・・17.4%
ベルギー・ルクセンブルク・・・ 8.7%
フランス・・・ 5.8%
ポーランド・・・ 5.1%
他の南欧諸国・・・ 3.6%
北欧・・・ 2.9%
ロシア・・・ 2.2%
中央・東ヨーロッパ・・・ 2.2%

          (ナイトフランク社調べ)

2016年は不動産投資に絶好のタイミングとなる!?

不動産投資をする市場のサイクルとタイミングを見極めることは非常に重要です。スペインにおける2008年の不動産バブル崩壊については、世界中によく知られています。

 

スペインの不動産市場は、リーマンショックがあった2007年の翌年である2008年から崩壊し始め、2013年には新築物件、中古物件も不動産価格が底をうちました。しかし、2014年からは、経済の回復と共に不動産価格が少しずつ上昇し続けています。2014年からは、国内外の個人バイヤーが再び増加しています。

 

●スペイン不動産市場の動き

スペイン国立統計局 INE(Instituto Nacional de Estadistica)より

スペイン国立統計局INE(Instituto Nacional de Estadistica)より。
スペイン住宅価格平均指数2007年平均価格を基準とした。

 

世界中から集まる学生が不動産賃貸料を上昇させる

2012、13年度のスペインは、他国から40,202人の学生を受け入れました。EU33国のうち、スペインは学生の受け入れが一番多い国であり、学校が始まる9月頃になると、EU圏内だけでなく、各国の学生がスペインに来て賃貸物件を探します。近年は世界のトップ5にはいるIESEやESADEという有名なビジネススクールを中心に、各国から多くの学生が押し掛けているのです。

 

そのため、この時期になると賃貸物件が不足がちとなり、賃料が上がっても契約したいと考える学生やその家族がいます。したがって、賃料は近年値上がりしており、例えば2015年上半期のバルセロナは、スペインでもっとも高い12,9ユーロ/㎡となり、前の年の2014年よりも1ユーロ/㎡以上上昇しています。

 

スペインの大手不動産検索ポータルサイトは、不動産を購入して賃貸経営を行った場合、2015年前期で最も収益率が高いのはカナリア諸島の5.5%、次にカタルーニャ州の5.4%であると発表しました。

 

カナリア諸島はアフリカに近いスペインの自治州で、スペイン人にとって日本の沖縄のような場所にあたります。特に夏になると、多くのスペイン人をはじめ、ヨーロッパの観光客が訪れます。また、カタルーニャ州はバルセロナ市を州都とし、このバルセロナ市は観光客の訪問者が全世界で3位になっています。

 

大手不動産検索ポータルサイトの担当者によると、スペインの近年の住宅販売価格の上昇は賃貸料金の上昇率より低いため、収益率が上がってきているとのことです。

 

●バルセロナ市の賃貸物件平均1㎡の単価

バルセロナ市の賃貸物件平均1㎡の単価
セルジ グラウ

BBS ABOGADOS ASOCIADOS 弁護士事務所 弁護士

1998年にポンペウ・ファブラ大学(スペイン・バルセロナ市)法学部を卒業。2001年に法学大学院を卒業。BBS ABOGADOS ASOCIADOS 弁護士事務所に所属。専門は移民法と刑事法。2004年から2008年、バルセロナ弁護士会の顧問メンバー。2007年から2010年までペルー領事館の移民法専門弁護士として活躍。同じ弁護士事務所には不動産弁護士も所属。現在ペルー商工会議所の顧問弁護士も務める。多くの日系企業のお客様、日本人の学生、研究者のお客様の各種ビザ、不動産投資ビザの申請を手がける。
提携先WEBサイト:http://www.takumibcn.com/

著者紹介

連載投資ビザ・永住権取得を視野に入れた「スペイン不動産」投資の可能性

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest