貸借対照表の「負債」の種類と読み方

今回は、会社の資金繰りで重要となる貸借対照表の「負債」の種類について説明します。※本連載では、株式会社アイ・シー・オーコンサルティング主任コンサルタントで、公認会計士・税理士の福岡雄吉郎氏の著書『決算書で面白いほど会社の数字がわかる本』(あさ出版)より一部を抜粋し、経営効率を上げるための決算書の読み方を、図解を用いて分かりやすく説明します。

売上が増えるほど、必要な「運転資金」も増える

貸借対照表の右上に並ぶ負債(他人資本)のルールも、資産と同じです。すぐに支払期限がくる負債は上半身、すぐにやってこないものは、下半身に並んでいます。

 

上半身を“流動負債”、下半身を“固定負債”といい、その分かれ目を1年としていることも、資産と同じです。

 

代表的な負債は、次の3つです。

 

①未払いの仕入代金…買掛金、支払手形(113ページ※書籍参照)

②運転資金としての借入金…短期借入金(返済まで1年内)

③設備投資する際の借入金…長期借入金(返済まで1年超)

 

【図表1】他人に支払うお金(他人資本)を“負債”といいます

 

②の“運転資金”は、事業を運転するための資金です。事業は在庫を仕入れて、それを販売して、売上代金を回収するのが基本です。当然、従業員には毎月給料も払います。このとき、売上代金を回収するよりも、在庫の仕入代金、人件費や経費の支払のほうが、タイミングとして早くやってきます。このタイミングの差を埋めるお金が、運転資金なのです。

 

この場合、売上が増えるほど運転資金は必要になります。しかし、なかには運転資金が必要のない商売もあります。家賃、授業料、手付金など、売上代金を先にもらう業界です。この場合は「前受金(建設業は129ページ※書籍参照)」が負債に記録されています(「売掛金の反対」ということで負債と考えてください)。

 

78ページ(※書籍参照)のとおり、資金繰りを考えれば、売上代金は先にもらうことが理想です。

 

【図表2】売り上げが増えれば増えるほど、お金が足りなくなる?

「借金があるのは信用の証」というのは勘違い

ちなみに「未払金」「未払費用」は、仕入代金以外(たとえば接待で使ったお店の飲食代や設備などの購入資金)の未払分を指します。

 

「~引当金」は“やがて支払う必要のあるもの”で、賞与や退職金の支払に備えて、計上されます(114ページ※書籍参照)。

 

負債のなかで、一番重要なのは「銀行からの借入金」です。借入金が月商(年間売上÷12カ月)の3カ月以上あるなら「黄色信号」、6カ月以上なら、「赤信号」といわれています。ただし、巨額の設備が必要な装置産業、不動産業は、業種的に、借入金がふくらまざるを得ません。

 

借入金が多くても、返済できる力があれば問題ありません。現在の借入金を7年以内で返済できれば、大きな問題はないといえます(詳しくは140ページをご覧ください※書籍参照)。

 

【図表3】銀行借入金と月商を比較する

本連載は、2016年7月9日刊行の書籍『決算書で面白いほど会社の数字がわかる本』から抜粋したものです。その後の法律、税制改正等、最新の内容には対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

株式会社アイ・シー・オーコンサルティング 主任コンサルタント
公認会計士・税理士

名古屋大学卒業後、中堅監査法人へ入社。年商数億円から1000億円を超える企業まで、さまざまな業種の監査業務に従事。2012年、アイ・シー・オーコンサルティング入社。中小、中堅企業のお金を増やすための財務改善指導(オフバランス、資金繰り改善、投資計画策定)、お金を守るための内部監査業務に従事。最近は、オーナー経営者の高額退職金の支給や株式相続などの事業承継、M&A(会社売買)の指導で全国を奔走している。

著者紹介

株式会社アイ・シー・オーコンサルティング 会長

昭和17年 大阪生まれ。早稲田大学卒。昭和59年 大手コンサルティング会社を経て、株式会社アイ・シー・オーコンサルティングを設立。企業再建の「名外科医」として、赤字会社の中に入り込み、社長や役員を叱りとばしながら思い切った手を果敢に打って短期間に収益を回復させる。経営指導暦は40年を超え、これまで400社以上を直接指導。オーナー社長のクセを知り尽くし、1社も潰さず、一部上場はじめ株式公開させた企業も十数社にのぼる。

著書:「儲かるようにすべてを変える」「カネ回りのよい経営」「後継者の鉄則」(いずれも日本経営合理化協会出版局)、「社内埋蔵金をお金にする知恵」(中経出版)「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」(ダイヤモンド出版)など。

著者紹介

連載「貸借対照表」を分析して社内の埋蔵金を発掘する方法

決算書で面白いほど 会社の数字がわかる本

決算書で面白いほど 会社の数字がわかる本

井上 和弘 福岡 雄吉郎

あさ出版

企業の収益性、安全性、金融力、生産性。いかに経営効率をあげ、カネ回りをよくするか!決算書でお金の動きだけを注目し、必要なところだけを見る!ムダにメスを入れ、社内埋蔵金をキャッシュに変えるヒントが満載。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧