視野の中に「青虫のような光」が見えるのはなぜなのか?

前回に引き続き、目の「光・色の感じ方」の変化から探る病気のサインを、Q&A方式で探っていきましょう。今回は、視野の中に「青虫のような光」が見える場合の原因などを取り上げます。

網膜の病気である「光視症」の可能性が高い!?

Q:私には遠視と乱視があるのですが、眼鏡で矯正しており、特に不自由なことはありません。ただ、時々視野の中で変な光が見えることがあり、非常に困っています。紫から青ぐらいの色で短く小さな青虫のような形をしています。瞬間的に見えることもあれば、数秒間視界の隅に見えることもあります。

 

一度眼科の先生に伺ったのですが、首をひねられてしまいました。今のところ日常生活に支障はきたしていないのですが、特に心配する必要はないのでしょうか。

 

A:このような症状は光視症というもののひとつだと思われます。原因となる代表的な病気には網膜裂孔などの網膜の病気があります。後部硝子体剥離が起きかけていれば、網膜に一過性に刺激が加わって起こるものと推測します。もし症状が変化したり、悪化してくるようであれば再受診をおすすめします。

眼底検査のみでは異常が見つからないことも

Q:最近、左目の端の方が非常にギラギラします。光がほぼずっと見えます。私はかなりひどい飛蚊症・光視症持ちですが、光視症とは違うような感じがします。

 

最近は眼科で眼底検査などの検査を受けましたが、そのときは異常ありませんでした。光視症でこのように感じることはよくあることなのでしょうか? それとも「硝子体の液状化が進んできた」ということでしょうか?

 

A:通常光視症の場合は、視野の周辺部でピカピカと光が走って見えるような状況で、ギラギラという感じはあまりないかもしれません。眼底検査で異常がないようでしたら別の所に問題があるのかもしれません。

 

基本的に光が通っていく角膜、水晶体、硝子体など、どの場所の異常でも起こりえます。進行性の可能性もあるため、しばらく様子を見て悪化傾向があれば眼科を受診しましょう。「硝子体の液状化が進む」ことで、そのように見えるという例は聞いたことがありません。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「健康」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載目の違和感は病気のサイン!? 見え方の変化Q&A

日本眼科学会認定眼科専門医
指導医 

1998年名古屋大学医学部卒業後、社会保険中京病院に勤務。
2000年、社会保険中京病院眼科医員。
2005年ハーバード大学 Massachusetts Eyeand Ear Infirmary 留学。2006年、イリノイ大学眼科留学。2012年慶應義塾大学医学部大学院卒業博士号取得。同年、岐阜赤十字病院眼科主任部長、名古屋アイクリニック角膜・眼表面担当医に就任。白内障、レーシック、フェイキックIOLから角膜移植術、角膜クロスリンキング、眼瞼手術など最先端の手術をマルチにこなす。2011年~2015年までの手術実績約3700眼。
慶應義塾大学医学部 眼科学教室 非常勤講師。
大連医科大学客員教授。
中華人民共和国 非常勤医師免許取得。
ICLインストラクター。
トラベクトームインストラクター。

著者紹介

目の悩み・疑問がスッキリ解決する500のQ&A

目の悩み・疑問がスッキリ解決する500のQ&A

小島 隆司

幻冬舎メディアコンサルティング

「白内障の手術受けるべき?」「目がかすんで見えるけど、これって病気?」ウェブ上の「眼科相談室」には、毎日全国の方々からたくさんの悩みが寄せられています。著者は、約10年間にわたって約6000件以上の質問に丁寧に答え…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧