遺言書で言及しておきたい「子の配偶者」への財産分与

今回は、遺言書で言及しておきたい「子の配偶者」への財産分与について見ていきます。本連載は、日本公証人連合会理事・栗坂滿氏の著書、『トラブルのワクチン―法的トラブル予防のための賢い選択―』(エピック)の中から一部を抜粋し、遺言、相続にまつわるトラブルとその予防・解決法を紹介します。

同居しても尽くしても…相続では不利な立場の「嫁」

前回の続きです。

義父と夫が同時に死亡・・・夫の財産は嫁である花子さんが相続できたのですが、義父の財産の相続はできないといわれてしまいました。

 

≪トラブルを避けるためのワクチン接種≫

花子さんのような立場におられる女性は多いのではないかと思われます。そのため、現在法制審議会(法務大臣の諮問機関)では、配偶者の遺産相続を手厚く拡大する方向で民法を改正する作業が進められているところです。

 

とにかく、このケースで大事なのは、やはり子がいない夫婦は相続問題となると不利な立場に立たされることもあるということを認識し、そのことを自分たちだけでなく親兄弟など周りの者にも理解してもらうことです。

 

太郎さんの両親には同居して実際に身の回りの世話や介護などを親身になってやってくれている花子さんのようなお嫁さんが困るような立場に陥らないように遺言書できちんとお嫁さんに対する配慮思いやりを形にして書いておくことが必要だと思われます。また、花子さんを養子にしておくのも一つの方策といえます。

 

生前世話になっておりながらそれに報いることができないどころか、死後にも苦労を掛けるようなことだけは絶対に避けるべきであり、それに気付かないなら周囲の者が適切な助言を行うべきだと思います。

 

太郎さんも生前に自分が遺言書を書くくらいなので花子さんの立場をわかっていたはずであり、両親にも遺言書を書くよう強く勧めておけばこのようなトラブルは避けられたのではないかと思われます。

遺言書がないと、遺された者が泣くことも多い

子どもが親に遺言書を書くように勧めることはなかなかし辛いことかもしれず禁忌とさえ思われています。しかし、遺言書を書かずにいれば、遺された者が苦労したり泣くことが多いという事実を親が知らない場合は、そのことを知らしめることに何のためらいもいらないと考えます。

 

「立つ鳥跡を濁さず」という諺がありますが、「逝くもの後を乱さず」というのが終活期の心掛けであり、遺言を残さぬ死に方は迷惑になりかねないことをもっと自覚する必要があるといえるのです。

 

自分を含め、家族に万一の不幸があって相続が開始されるとき、誰がどのように財産を引き継ぐことになるのかについての法の定めがよくわからない方は、公証役場に出向いて公証人と相談したらよいでしょう。そして、その結果を受け入れることに問題があり、トラブルが生じかねないと思うなら、迷わず遺言書を作成して早めにトラブルの予防を講じておくべきです。

本連載は、2016年8月1日刊行の書籍『トラブルのワクチン―法的トラブル予防のための賢い選択―』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

徳島公証役場 公証人 芦屋大学 客員教授

京都府出身。関西大学法学部卒業後、1983年検事に任官。以後、大阪、京都、神戸、広島など関西、西日本の高検・地検を中心に勤務し、京都地検公判部長、広島高検刑事部長等を経て、2011年神戸地検尼崎支部長を最後に退官。同年公証人に任じられ、徳島地方法務局所属公証人として活動を始める。
現在、市民生活にもっと溶け込んだ有益な公証業務の普及を図るべく日常業務の他、講演活動、執筆活動に携わっている。

著者紹介

連載公証人が教える「遺言」「相続」をめぐるトラブル事例と予防策

トラブルのワクチン ―法的トラブル予防のための賢い選択―

トラブルのワクチン ―法的トラブル予防のための賢い選択―

栗坂 滿

エピック

「あなたの遺言書の書き方は正しいですか?」 間違った遺言書はトラブルのもと!! 正しい遺言書・公正証書の書き方40例を解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧