相続・事業承継 相続対策
連載円満相続を実現する「遺産分割」の留意点【第2回】

もめやすい遺産分割を円満に進める方法とは?

遺産分割

もめやすい遺産分割を円満に進める方法とは?

前回は、相続税対策で「最優先」すべき事項について取り上げました。今回は、もめやすい遺産分割を円満に進める方法について見ていきます。

遺産分割の割合は「誰が親の面倒をみるか」がポイント

ここで、最重要課題の「相続人の円満」を少し考えてみましょう。

 

遺産分割のやり方はとりあえず二つに大別できます。一つは長男といった家の跡継ぎがほとんどの遺産を相続するという長子相続的な分割。もう一つはその対極に位置する均分相続的な分割です。そして全般的には後者が増えているように思います。

 

しかし近年はこれらとは別に、誰が親の面倒をみるか(みたか)が大きなポイントになりつつあるようです。今日、介護は大変な作業です。むろん親にしてみても、早々とどこかの施設に入るより、なるべく自宅で子どもに介護してもらいたいと思っているでしょう。

 

したがって私は、基本的には最後まで親の面倒をみた人が遺産の多く(少なくともその住まい)を相続すべきだと考えます。とするならば、その人が跡継ぎであるべきでしょう。しかし、現実にはそうでない場合も少なくないようです。この調整は難しく、遺産分割の争いはこのあたりから発生するケースがかなりあります。

相続人どうしが、互いの状況を理解し合うことが大切

分割に当たっては、各相続人の現在の状況も考慮されてしかるべきでしょう。たとえば事業等に成功して金銭的にも余裕のある人と、生活苦にある人との違いです。先に述べた民法の法定相続分の規定など、まさに「大きなお世話」です。まったく気にする必要はありません。とにかく皆が納得するような、柔軟かつ臨機応変の分割を行うべきだと思います。

 

では、円満にまとめるにはどうすべきなのでしょうか。それにはまずお互いが、自身の立場や考え方を忌憚なく説明することです。そして何より重要なことは、そうした相手の立場等をお互いが理解することだと思います。そうすれば(構造的な対立がない限り)、落ち着くべきところに落ち着くのではないでしょうか。

 

それでも合意に至らない場合には、お互いの本音ベースの主張を理解し合った上で、妥協できる線を探します。その際には「足して二で割る」のも立派な手法です。分割協議の成立は、「妥協の産物」と割り切るべきでしょう。

 

なお、財産の大半を所有する父に相続が発生(一次相続)した場合の遺産分割は、やがて発生するであろう母の相続(二次相続)後の分割を想定した上でのものであるべきです。一次相続における母の相続財産の取得は、二次相続までのつなぎと考えるのです。

 

とはいえ家族によっては、円満はおろか簡単には妥協できないといった場合もありましょう。たとえば、以前から家族間に深刻な感情的対立がある場合、むちゃとも言うべき主張をする人がいる場合、兄弟が跡継ぎといった一つの座を争う場合、親から一部の人がすでに多くの資産を持ち出していると思われる場合等々です。

 

しかし、それでも決裂は絶対に避けるべきです。決裂するのは簡単ですが、これをやってしまうといいことは何もありません。自身の主張が実現されないことはもちろん、遺産もほぼ凍結状態です。しかも、何とか体裁だけはとりつくろっていたはずの家族は、もう完全にバラバラ。残るはお互いの憎しみだけです。将来の冠婚葬祭もまともな対応がとれなくなることでしょう。

 

となれば何とか妥協に持ち込むことです(その際には誰かに間に立ってもらうのもいいと思います)。妥協となれば「せめて足して二で割ったところで」とお考えかもわかりません。しかし、決裂した場合との比較をしつつ考えるべきです。場合によっては、先方の主張を丸呑みするのに近い状況すら覚悟する必要もあるでしょう。

 

いわば「煮えくり返る思いを胸に、笑って判を押す」といったところです。極めて難しいことは承知の上ですが、この路線でいかれることを進言いたします。

本連載は、2014年2月27日刊行の書籍『相続税を減らす不動産相続の極意』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

森田 義男

森田税務会計事務所 代表

税理士・不動産鑑定士。
昭和23年埼玉県生まれ。昭和47年東京教育大学卒業。同年三井信託銀行入社。16年間の在籍中10年間にわたって不動産業務を担当。その後、同社を昭和63年退社。同年森田税務会計事務所を開設する。資産税(特に不動産の評価・分割)を得意分野とし、二十数年にわたり数多くの相続税対策、申告を手掛ける。主な著書に『はじめての不動産実務入門』(近代セールス社)、『新・間違いだらけの土地評価』(週刊住宅新聞社)、『公示価格の破綻│驚くべき鑑定評価の実態』(水曜社)、『新・嘆きの「固定資産税」物語』『新・怒りの「路線価」物語』(ともにダイヤモンド社)、『相続力』(BKC)等がある。

著者紹介

連載円満相続を実現する「遺産分割」の留意点

相続税を減らす不動産相続の極意

相続税を減らす不動産相続の極意

森田 義男

幻冬舎メディアコンサルティング

相続税対策の成否は「土地の相続税評価をいかに行うか」にかかっています。しかし、専門家であるはずの税理士や金融機関の担当者等が、まったくと言っていいほど不動産を知らない状況にあるとしたら…。 本書では二十数年にわ…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest