資産運用 資産形成
連載ゆとりあるシニアライフを送るための「家計学」【第6回】

老後に必要なお金が分かる「シニア会計」の改善策

シニア家計

老後に必要なお金が分かる「シニア会計」の改善策

今回は、老後に必要なお金が分かる「シニア会計」を改善策を見ていきます。※本連載は、シニア世帯の家計健全化に貢献してきた梅本正樹氏による書籍、『シニアのなっとく家計学』(水曜社)の中から一部を抜粋し、ゆとりあるシニアライフを送るための「家計のコントロール方法」を紹介します。

シニア会計がプラスであれば、とりあえず安心

前回の続きです。前回ご紹介した二例だけを比較しても、シニア会計の中身は全く異なっていました。

 

もちろん世帯ごとに世帯員の年齢、家族構成、給与の多寡、年金の多寡、持家と賃貸の別、教育費の多寡、節約観念の度合い、などの要素は当然異なります。よって、あなたの世帯のシニア会計の内容は、他の世帯と当然のように異なっているはずです。

 

ただ、他世帯のシニア期におけるマネジメント、すなわち「シニアライフマネジメント」は、その世帯に任せておけばいいことです。あなたは、ご自分の世帯のシニアライフマネジメントだけに関心を寄せていただければ十分なのです。

 

前回ご紹介した二例の説明で、シニア会計の全体像はおおよそ理解していただけたと思います。

 

あなたの世帯のシニア会計を計算する場合は、「収入」「支出」「資産」「負債」の各要素に含まれる金額を洗い出してみてください。

 

洗い出した「収入」「支出」「資産」「負債」の各金額は、適当な用紙にシニア会計の図を書いて、該当する区分に書き込んでいってください。そうすれば右下の区分には、差額としてあなたの世帯の「シニア剰余金」が、自動的に算出されてくることになるでしょう。

 

シニア剰余金がプラスであった場合は、とりあえず安心していただいて結構です。もちろんプラスの金額を500万円よりは1000万円、1000万円よりは3000万円、というふうに増額する対策を取っていただければなお結構です。

 

増額するにつれてシニアライフを脅かす様々なリスク、すなわち「シニアリスク」に対する危険度はさらに逓減していくことでしょう。

マイナスの額によっては、生活を根本から変える必要も

一方シニア剰余金がマイナスとなった場合は、早急に「シニア会計改善策」、すなわちシニア会計の中のシニア剰余金を、プラスに転化する対策を取っていただく必要があります。年齢にもよるのですが、年間30万円程度のマイナスであれば、生活費の削減策実行などで比較的容易にプラスに転化できるはずです。

 

例えば現在70歳の方であれば「(90歳-70歳)×30万円」で600万円、現在50歳の方であれば「(90歳-50歳)×30万円」で1200万円のシニア剰余金がマイナスのケースです。

 

しかし現在70歳でおおよそ1000万円以上のマイナス、現在50歳であればおおよそ2000万円以上のマイナスとなってくると容易にはプラスに転換できません。ライフスタイルの大転換が必要な、抜本的な改善策を実施せざるを得なくなってくるでしょう。改善策の基本は次の通り誠に明瞭です。

 

①「収入」又は「資産」の増加策を講じる。

②「支出」又は「負債」の減少策を講じる。

 

本連載の中からこれらの策に活用できる、あなたに合ったヒントを見つけ出してみてください。

 

梅本 正樹

税理士
ファイナンシャルプランナー
社会保険労務士
中小企業診断士 

1960年生まれ。石川県金沢市出身。大阪府立大学経済学部経営学科卒業。複数資格によるシナジー効果を生かし、延べ1,000を超える案件でシニア世帯の家計健全化に貢献。他の保有資格は宅地建物取引士(有資格者)。
著書に『「起業」「法人化」を考えた時に読む本』(彩図社)。

著者紹介

連載ゆとりあるシニアライフを送るための「家計学」

シニアのなっとく家計学

シニアのなっとく家計学

梅本 正樹

水曜社

老後はどれくらいのお金が必要なの? 貯蓄額は充分? 急な病気になったら・・・。それは“シニア剰余金"の数字でわかります! 延べ1000を超える案件で、シニア世帯の家計健全化に貢献してきた著者が、会計知識がない人にも…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest