分譲マンション保有のリスクを高める「民泊」の隆盛 

今回は、民泊の流行によって表面化する分譲マンションのリスクについて見ていきます。※本連載は、ジャーナリストの榊淳司氏の最新刊『新築マンションは買ってはいけない!!』(洋泉社)の中から一部を抜粋し、新築マンションで「外国人」と共存する不動産投資リスクについて紹介します。

「ホテル不足」が深刻な問題となっている日本

分譲マンションには、「気がついたら外国人専用のホテルになっていた」というリスクもある。

 

日本政府観光局の発表によると、2015年に日本を訪れたインバウンド(海外からの旅行客)は1973万人だった。前年比の147%である。

 

その結果、足りなくなったのが宿泊施設である。インバウンドはこの5年間で2.3倍という急増ぶりだ。これに対して旅館やホテルなどの宿泊施設はさほど増えていない。とくに旅館は減少傾向が続いてきた。

 

インバウンドの増加によるホテル不足の実態は深刻だ。東京や大阪、名古屋などの大都市では「ホテルがとれない」状態になっている。3年前なら5000円程度で宿泊できた大都市のビジネスホテルが、ときに一泊3万円にハネ上がっているケースも普通になっている。これは異常事態というべきだろう。

高い収益が得られる「民泊」に利用される可能性が・・・

そうした状況のなか、にわかに脚光を浴びてきたのが「民泊」である。ホテルや旅館ではない普通の住宅に、有料で旅行客を宿泊させる、というものだ。

 

アメリカに本社があるAirbnbという企業がネット上にホスト(宿泊施設提供者)とゲスト(宿泊利用者)を結びつけるサイトをつくり、世界に広めたことで一気に利用者が増えた。日本でも爆発的に増加しており、メディアでも盛んに取り上げられるようになった。

 

さらに、投資用に購入したマンションを、Airbnbなどを介して旅行客に1泊単位で貸し出すケースが増えてきた。ホスト側からすると、普通に賃貸に出すよりも民泊で活用したほうが高い収益が得られるのだ。

 

おおよその基準として、Airbnbが仲介する宿泊施設の一泊の料金は月額賃料の1割である。一カ月のうち20日稼働すれば、賃貸に出したときの2倍の収益が得られる計算になる。

 

とくに、外国人の区分所有者は管理組合と多少のトラブルになることをあまり気にしないため、高収益な民泊活用に走る傾向にある。現にそうしているケースも少なくないようだ。そうでなくても、日本中で賃貸用住宅は余り気味で、月額賃貸での借り手が不足している。

 

さらには、Airbnbの業務をすべて代行してくれる企業も続々と誕生している。彼らに任せてしまえば、オーナーは何もせずともAirbnbでの収益を手にすることができる。月額家賃で賃貸運営をおこなうのと、ほとんど変わらない。

 

この話は次回に続く。

本連載は、2016年3月18日刊行の書籍『新築マンションは買ってはいけない!!』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

住宅ジャーナリスト

1980年代後半のバブル期以降、約30年に渡ってマンション分譲を中心とした不動産業界に関わる。2007年に「マンション値引き・価格情報」ブログを開設。テレビ・ラジオ出演、新聞・雑誌などへの執筆、メディアへのコメント提供など多数。不定期にセミナーも開催。宅地建物取引士。

著者紹介

連載「新築マンション」に潜むリスクと正しいマンションの選び方<外国人との共存リスク編>

新築マンションは 買ってはいけない!!

新築マンションは 買ってはいけない!!

榊 淳司

洋泉社

横浜で発覚したマンション傾斜問題は、氷山の一角にすぎない!欠陥工事のみならず、人口減少時代を迎え、すでに住宅価格は下がり続けている。 いざ入居してみたら住民が外国人だらけだったり、隣人や管理組合でのトラブル、民…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧