不動産 海外不動産 資産形成
連載知る人ぞ知るアメリカの注目都市「デンバー」の不動産事情【第2回】

開発が進むアメリカ「デンバーダウンタウン」の魅力とは?

新連載アメリカ不動産デンバー

開発が進むアメリカ「デンバーダウンタウン」の魅力とは?

近年盛んに開発が行われている、米国コロラド州にある都市「デンバー」。本連載では、投資としての「デンバー不動産」の魅力を、天候・地理・産業など様々な視点で紹介します。今回は、特に開発が進む「デンバーダウンタウン」の魅力と、おすすめ不動産を見ていきましょう。

スポーツやアートなど様々な魅力を持つダウンタウン

デンバーダウンタウンにはさまざまな魅力を持つ場所があり、多くの人々で賑わっています。今回は、その中でも代表的なスポットをご紹介していきましょう。

 

<ユニオンステーション>

 

近年開発が盛んに行われているデンバー、特にダウンタウンは、オフィスやアパートメントビルディングの建設がとても盛んです。

 

1881年に建造された歴史ある「ユニオンステーション」は2014年夏に改装され、駅構内、また駅周辺にレストランやバーが沢山できました。

 

 

6月から10月末までは、毎週土曜日に現地の農家直送のファーマーズマーケットも開催され、地元の人々や観光客でますます賑わいを見せます。

 

 

<クアーズ・フィールド>

 

 

ダウンタウンには、かつて松井稼頭央選手も所属したことのある、メジャーリーグのコロラド・ロッキーズのホーム球場、「クアーズ・フィールド」があります。

 

 

この球場は、アメリカの大手ビール会社クアーズビールにちなんで名付けられており、球場内にはビール醸造所もあります。クアーズやブルームーンといったクラフトビールの試飲ツアーが、試合のない毎週火曜日から土曜日、午後2時から午後8時まで行われています。

 

 

毎年10月にデンバーダウンタウンで開催される全米最大規模のビールのお祭り、グレイト・アメリカン・ビア・フェスティバルでは、世界各地からビール愛好家が集結します。昨年は全米にある1552箇所の醸造所から3800種類ものビールが集まり、チケットは販売後数時間で完売になってしまいました。それほど人気のあるイベントなのです。

 

そのほか、デンバーは芸術も盛んに取り入れられた都市であり、ダウンタウンにある全米第2の規模を誇るデンバー・パフォーミング・アート・コンプレックスでは、バレエやブロードウェイ・ミュージカル、オーケストラ、オペラなどさまざまなパフォーマンスが1年を通して行われ、人々に楽しまれています。

 

デンバーダウンタウンのおすすめ高級マンションとは?

今回は、こんな魅力的なデンバーダウンタウンの市場で、今一番ホットでとても希少な高級マンションの一室をご紹介したいと思います。

 

ダウンタウンの中でも、劇場とコンベンションセンターの間に位置するこの42階建ての高層ビルは、都心の機能性・利便性に優れ、都会的でありながら温かみのある空間を持っており、また24時間体制のコンシェルジュサービスなど、ビル内の設備も充実した近代的なマンションです。

 

その中でも、2ベッドルーム3バスルームのこのお部屋は、唯一3341スクエアフィート(310平米強)の広さを誇り、1584スクエアフィートの広々としたテラスは、ダイナミックなダウンタウンのパノラマビューを昼夜問わず楽しめます。

 

 

また、14フィート(約4.3メートル)もの高い天井と大きな窓は心地よい日差しを取り入れており、50畳の広々としたリビング・ダイニングルームを、ハウスパーティーなどのイベントを行うのに最適な空間にしています。

 

それに加え、ダウンタウンのマンションで最も広いテラスには、BBQコンロ、ソファー、テーブル、暖炉などが設置され、夜にはライトアップされた幻想的なダウンタウンの夜景を独り占めすることができます。

 

マンションの共有施設には、年中楽しめる温水プール、ジャグジー、ジム、シタールームがあります。さらにこのお部屋の持ち主は、マンションでも限られたお部屋の人しか使えない42階にあるスカイクラブの利用も可能であり、スカイクラブ限定のワインイベントなどに参加することが可能です。

 

 

夢のような空間を持つこの部屋がリセールマーケットに出るのは初めてです。現オーナーによって内装外装の全てにおいてトップラインのデザイン性の高いものにリノベーションされており、現在17万米ドルで売りに出されています。

デイビッド ライナック

Engel & Völkers(エンゲルアンドヴォルカーズ)インターナショナル 不動産コンサルタント(アメリカ、コロラド州不動産ライセンス保持)

アメリカ、コロラド州の不動産全般のサービスを担当。
生まれ育ったスウェーデン、またスイス、オーストラリア、アメリカにて多彩な教育を受け、のちにMBAを取得。その国際的な多文化の豊富な経験を生かしたインターナショナルな顧客、企業へのアプローチを得意とする。 オフィス、小売、工業、住宅投資市場を含むほとんどの主要な不動産部門に幅広く活躍し、特に不動産投資を目的の顧客には、銀行融資から不動産売買、不動産管理などを含むトータルサービスを現地住人ならではの知識とともに提供している。
エンゲルアンドヴォルカーズのアメリカ国内及び世界各国での国際的なマーケティングプログラム、またデイビッド自身が築いたアメリカで難しいとされている外国人への銀行融資も可能とし、国内外問わずインターナショナルに、顧客への可能な限り最高なサービスを提供する。

著者紹介

連載知る人ぞ知るアメリカの注目都市「デンバー」の不動産事情

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest