相続税対策に活用できる「4つの贈与」の制度とは?

今回は、相続税対策に活用できる「4つの贈与」の制度についてお伝えします。 ※本連載は、不動産コンサルタントとして活躍し、自身も賃貸経営を行っている山口智輝氏の新刊で、2015年11月に刊行された『大家業を引き継ぐあなたへ』(セルバ出版)の中から一部を抜粋し、大家業の引き継ぎを成功させるノウハウなどをご紹介します。

110万円まで非課税で渡せる「暦年課税制度」

相続税対策の1つに贈与があります。親から子へ財産を移すことで税金を減らす方法です。生前に贈与することで、争続も未然に防ぐ効果もあります。また、相続だと財産を受け取ると、当然の権利と感じ、親への感謝の気持ちが薄くなる可能性がありますが、贈与の場合、直接受け取るので、感謝され、その気持ちも伝えることができるメリットがあります。

 

しかし、贈与税の税率は、相続税より高く設定されているので、注意が必要です。贈与税の制度は、「暦年課税制度」と「相続時精算課税制度」とあわせて、次の4つがあります。

 

⑴ 暦年課税制度

「暦年課税制度」は、年間に1人110万円を超える金額に税率をかけて計算します。毎年110万円以下、もしくは110万円を超え多少贈与税が掛かるくらいで、長期にわたって行えば、親の財産を子どもにうまく移すことができ、相続税を減らすことができます。

 

注意する点は、贈与はあげる人が「あげます」と意思表示し、もらう人が「もらいます」という意思表示、合意が必要です。後からこれを証明するためにも、贈与契約書をつくっておいたほうが安全です。

 

よく問題になるのが、「名義預金」です。親が贈与のつもりで、子や孫の名義で定期預金を積み立てていても、預金の存在を子や孫に伝えていない場合があります。無駄なことに使われてしまうのを心配して伝えていないのですが、存在を知らなければ「もらいます」の意思表示はできませんから、税務上認められず、相続税の対象となります。

 

さらに、仮に子や孫が存在を知り、「もらいます」の意思表示をしていても、親が預金通帳と印鑑を管理し、子や孫が自由に引き出すことができない場合も、贈与と認められない可能性が高いです。また、税務調査では、この部分を特にチェックされます。なお、相続開始3年前までの贈与は、相続税の課税対象になるので、計画的に、早めに始めるべきです。

 

⑵ 相続時精算課税制度

「相続時精算課税制度」は、贈与された財産1人2500万円まで非課税になり、相続時にその分を相続税に含め精算する制度です。この制度は、実際の節税効果はほぼゼロです。メリットがあるのは、もともと相続税がかからない場合には、相続発生前に効果的に財産を移すことができるという点です。また、贈与時の評価額で相続税に加算されるので、価格下落が予想される財産は注意が必要です。

教育資金の一括贈与で1500万円まで非課税

⑶ 配偶者控除の特例

「配偶者控除の特例」は、婚姻期間20年以上の配偶者に自宅などの居住用不動産、または居住用不動産を取得するための金銭の贈与が行われた場合、基礎控除のほかに2000万円まで控除できる制度です。

 

⑷ 教育資金贈与

「教育資金贈与」は、平成31年12月31日までの時限立法にはなりますが、30歳未満の子や孫に、授業料等の教育資金を一括して贈与した場合には、1人当たり1500万円まで非課税で贈与できる制度です。

 

これについては、そもそも論になるのですが、扶養義務者から被扶養者への教育費の贈与は贈与税の課税対象外なのです。また、教育資金の一括贈与の場合、30歳までに使いきらないと、残った分に対して贈与税がかかるので、あえて活用するメリットは少ないように感じます。

 

生前贈与は、相続税の節税対策としては、メリットがありますが、子や孫のファイナンシャルリテラシーや倫理観が未熟なうちに多額の財産を与えられると、人生観や人間性に問題が生まれ、財産を与えられる前より不幸になる可能性もあるので、慎重に検討しないといけないです。

本連載は、2015年11月20日刊行の書籍『大家業を引き継ぐあなたへ』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

山口 智輝

アセットクリエイションズ 代表取締役 一般財団法人日本不動産コミュニティー 福井支部長

アセットクリエイションズ代表。一般財団法人日本不動産コミュニティー福井支部長。福井大家塾理事。J-REC公認不動産コンサルタント。相続診断士。相続アドバイザー協議会認定会員。
大学卒業後、建設会社で土地活用の飛込み営業を行う。仕事を通じたさまざまな経験から、アパマン経営の事を本当に相談できる窓口になるべく賃貸経営専門の不動産コンサルタントとして独立。また、不動産コンサルタントなら賃貸経営をするべきとの考えに至り、競売で全室空室物件を落札。3か月で満室にし、現在も満室を継続中。不動産コンサル個人実績 30億円。
2015年11月に刊行された書籍「大家業を引き継ぐあなたへ」はamazonランキング1位(株主総会、取締役会、会社継承部門)を獲得。

著者紹介

連載大家業の「引継ぎ」を成功させる方法

大家業を引き継ぐあなたへ

大家業を引き継ぐあなたへ

山口 智輝

セルバ出版

「この本は、大家業を引継ぐ2代目、3代目大家さんが、大家業を通じて明るい未来を描ける本です」 大都市を中心に、元々地主でない不動産大家、サラリーマン大家といった不動産投資家が増加しているが、 地方では、元々地主の家…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest