相続・事業承継 相続対策
連載土地の評価を見直して相続税を取り戻す方法【第2回】

相続税還付の手続きで「1億3000万円」も戻ってきた実例

相続税還付金税理士相続税還付広大地評価

相続税還付の手続きで「1億3000万円」も戻ってきた実例

前回は、税理士に相続税の申告を依頼しても、相続税を納めすぎてしまうケースについてお伝えしました。今回はその中でも、高額な相続税還付金を受けた事例をご紹介いたします。 ※本連載は、2014年1月に刊行された不動産鑑定士・藤宮浩氏、税理士・髙原誠氏の共著、『あなたの相続税は戻ってきます』(現代書林)の中から一部を抜粋し、土地の評価額を見直して相続税の還付を受けるポイントを紹介します。

もともと支払った相続税額は1億7500万円

筆者のグループが平成24年に扱った相続税還付手続きの案件の中で、最も還付額が大きかったケースを紹介しましょう。

 

田崎正平さん(65歳・仮名)は、ある地方都市の大地主です。3年ほど前にお父さまを亡くされ、たくさんの土地を相続しました。


顧問税理士に相続税申告書の作成を依頼すると、相続税額は1億7500万円にものぼったそうです。いかに資産家でも、そんな大金を現金ですぐに用意できるわけはありません。田崎さんは金融機関から借入を起こし、なんとか相続税を納めました。


その後、たまたま田崎さんのお知り合いの保険代理店を営むAさんが、当グループのセミナーを受講し、田崎さんにこう言って勧められたそうです。「納めた相続税額が大きく、またその資産の大部分が土地である場合は、多額の相続税が還付される可能性があるそうです。一度、見てもらったらいかがでしょう」


田崎さんは「そんなうまい話があるわけない」と乗り気ではありませんでしたが、熱心に勧められるので、「話だけでも聞いてみようか」ということになったのです。

まったく本気にしていない田崎さんだったが・・・

私たちがはじめてご自宅までご説明にうかがったときも、田崎さんはまったく本気にしていない様子でした。つまらない冗談でも聞いているかのように「ふーん」と相槌を打ち、苦笑いを浮かべておられます。


申告書を拝見すると、「広大地評価」が明らかに可能なのに、適用されていない土地がいくつも見つかりました。もしかしたら1億円規模の還付になるかもしれない・・・と考えられましたが、この段階では「少なくとも3000万、4000万円くらいは戻る可能性があります」と申し上げておきました。


私たちの説明を聞き終わった田崎さんは、それでも一向に信じてくれる様子がありません。最後には、こう言って大笑いされました。


「もしも税金がまったく戻らなかったら、そちらにお金を払わなくていい、つまり完全成功報酬ということだね。それなら、うん、やってみたらいいよ」


「ただし、うちはハナから国税局出身の権威ある税理士の先生に申告をお願いしたんだから。土地評価にしてもガチガチにやってもらってるからね。悪いけど、『くたびれ儲け』になるよ。むしろお宅らがやった方が税額が上がっちゃうんじゃないの? わっはっは」

「広大地評価」が適用されているか?

相続税申告書をお預かりして事務所に戻り検討してみると、やはり「広大地評価」がまったく無視されています。

 

「広大地評価」という評価方式が適用できるかどうかで、土地の評価額にはとんでもなく大きな差が生じます。適用しなければ土地の価額が高くなり、それだけたくさんの相続税を納めなければならないのです。

 

私たちは「広大地評価」のほかにも減額できる要因を細かくチェックし、田崎さんが相続した財産の総額を再計算しました。最初の申告書では相続税額が約1億7500万円でしたが、私たちの計算では約4700万円となり、なんと1億3000万円近くも相続税額が下がったのです。


私たちは還付手続きのための書類を作成し、管轄税務署に提出しました。何度か税務署担当者とのやりとりがありましたが、最終的には私たちの評価が認められ、間もなく田崎さんの指定した銀行の口座には約1億3000万円が、管轄税務署から相続税の還付金として振り込まれました。

 

 

驚いたのは田崎さんです。国税局OBの、当該税務署にはいちばん顔が利く偉い税理士だったはずなのに・・・というわけです。


ここまで高額になるケースは珍しいとしても、このような例は非常によくあることなのです。どの相続人も信頼する税理士に依頼するわけですが、相続した財産の中に土地が多く、ある程度の額の相続税を納めた方の場合には、かなりの相続税が戻ってきています。


なぜそんなことが起こるのか、次回からじっくり解説していきたいと思います。

藤宮 浩

フジ総合グループ 株式会社フジ総合鑑定 代表取締役
不動産鑑定士

埼玉県出身。平成7年宅建試験合格、平成16 年不動産鑑定士試験合格及び登録、平成24年ファイナンシャル・プランナー(CFP)登録。
「株式会社フジ総合鑑定」の代表取締役であり、23年間で3,000件以上の相続税申告・減額・還付実績を持つ「フジ総合グループ」の代表。
雑誌『家主と地主』、大家さんのためのフリー・マガジン『オーナーズ・スタイル』誌等に、「不動産鑑定士から見た相続税の現場」に関するコラムを連載しているほか、各企業からの要請により、年間50本を超えるセミナー・講演活動も行っている。
主な著書に『あなたの相続税は戻ってきます』『土地持ち喜寿・米寿世代のための 日本一前向きな相続対策の本』(以上、現代書林)などがある。

フジ総合グループWEBサイト:http://fuji-sogo.com/

著者紹介

髙原 誠

フジ総合グループ フジ相続税理士法人 代表社員
税理士

東京都出身。平成17年税理士登録、平成21年ファイナンシャル・プランナー試験(AFP)合格。
平成18年、相続税のセカンド・オピニオン業務の第一人者である、税理士・吉海正一とともに「フジ相続税理士法人」を設立。年間400件を超える相続税の申告・減額・還付業務を取り扱う。「フジ総合グループ」内に設立された、「NPO法人相続手続きサポートセンター」の監査役でもある。
雑誌『経理ウーマン』『日経マネー』『プレジデント』等、多数の刊行物への寄稿・取材協力を行うほか、年間40本を超えるセミナー・講演活動も行っている。
主な著書に、『あなたの相続税は戻ってきます』『土地持ち喜寿・米寿世代のための 日本一前向きな相続対策の本』(以上、現代書林)などがある。

フジ総合グループWEBサイト:http://fuji-sogo.com/

著者紹介

連載土地の評価を見直して相続税を取り戻す方法

あなたの相続税は戻ってきます

あなたの相続税は戻ってきます

藤宮 浩・髙原 誠

現代書林

相続税、納めすぎてはいませんか? 一度納めた相続税でも、5年以内であれば戻ってくる可能性があります。資産家の方や不動産を複数お持ちの方にとって相続税は高額になりやすいため、戻ってくる額も10万円、20万円ではありま…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest