含み損を抱える不動産を「分離」するメリットとは?

含み損のある不動産などを所有している場合、それを「分離」することで株価引き下げを実施できます。そのポイントを見ていきましょう。

含み損のある不動産をまずは洗い出す

本業は好調なのに、バブル期に投資した不動産がなかなか処分できず、含み損を抱えたままになっている場合、会社の好調な事業から不良な部分を切り離してしまい、「評価差額に対する法人税等相当額(42%)の控除」を活用して、資産圧縮することで株価引き下げを導き出すようにします。
 
まず、基本的なやり方としては、不動産を含み益のある不動産と含み損のある不動産に分け、後者は外部に売却するなどして、会社全体から切り離してしまいます。そして、含み益の部分に評価差額に対する法人税等相当額(42%)の控除の制度を活用し、株価を引き下げていきます。
 
含み損を分離せずにそのままにしておいた場合は、含み益と相殺してしまい控除が使えなくなるので、結果的に、株価の引き下げ効果も期待できなくなります。

1株当たりの純資産を算出する計算式とは?

下記は評価差額に対する法人税相当額(42%)の控除を活用した、1株当たりの純資産価額を算出する計算式です。
 
帳簿価額による総資産・・・・・・30億円
資産の含み益・・・・・・10億円
負債・・・・・・20億円(相続税評価額も同額)
発行済株式数・・・・・・20万株

 

①相続税評価額による純資産価額
30億円+10億円-20億円=20億円

 

②帳簿価額による純資産価額
30億円-20億円=10億円

③評価差額に対する法人税相当額


(20億円-10億円)×42%=4億2000万円

④1株当たりの純資産価額
(①-③)/20万株=(20億円-4億2000万円)/20万株=7900円
 
「評価差額に対する法人税等相当額」とは、相続税評価額による総資産価額から負債金額を差し引いた純資産価額と、帳簿価額による純資産価額の差額である「評価差額」に42%を掛けて算出した額になります。

本連載は、2012年12月19日刊行の書籍『オーナー社長のための税金ゼロの事業承継』から抜粋したものです。2015年1月1日施行の税制改正は反映されておりませんので、ご留意ください。

「事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「相続対策」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載オーナー社長のための税金ゼロの事業承継

GTAC(ジータック)とは、株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/(写真は代表取締役の山下征孝)

著者紹介

オーナー社長のための 税金ゼロの事業承継

オーナー社長のための 税金ゼロの事業承継

編著 GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

事業承継の成功は自社株式を制することにあり ムダな税金を払わずに後継者に事業を譲り渡す。その秘訣は自社の株価を極限まで引き下げることにあった。「一年分のオフィス賃料は一気に払う」「高収益部門を分社化して本体の利…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧