「遺留分の特例」で経営権承継の環境を整備する

事業承継実現のハードルとなる「遺留分」の存在。その問題解決に資する制度が、中小企業経営承継円滑化法の民法特例に規定されています。今回はその内容をご紹介します。

活用したい「除外合意」と「固定合意」の規定

オーナー社長の人生最後の希望さえも覆す効力を持つ、民法の「遺留分」規定。事業承継にとって手強い相手には違いありません。
 
中小企業経営承継円滑化法の民法特例の規定によると、自社株式を事業承継するときに、後継者を含む相続人全員の合意があれば、オーナー経営者から後継者に生前贈与された自社株式について、次のようにできます。
 
一つが「除外合意」です。これは、遺留分の対象となる相続財産に対して相続人の間で合意できれば、自社株式は遺留分の対象となる財産から除くことができる特例です。
 
もう一つは「固定合意」。これは自社株式は遺留分に含めることにして、遺留分は株式評価で業績がよければ上がり、悪ければ下がるので、承継者が承継する直前のタイミングで価額を固定してしまう特例です。生前贈与から相続までの間に株式評価が上がったのは、後継者の力によるところとして、後継者が安心して事業に邁進できるようにする制度です。

本当に「合意」できるかがポイント

固定合意の評価額に関しては、第三者(税理士、公認会計士、弁護士など)から価額証明をとる必要があります。いずれの合意も家庭裁判所での手続きが必要で、相続人同士だけで、内々で勝手に決めることはできません。
 
また、合意をする際には、非後継者(後継者以外の相続人)がオーナー社長から生前贈与によって取得した財産についても、遺留分算定の基礎財産に算入しなくていいというような合意をすることができます。
 
この規定を活用しながら、後継者と他の相続人との間のバランスを図り、お互いに納得できる内容にすることが大切です。一定の除外をすることで生じる損失は、多少補填してあげなさい、というバーターの側面はありますが、「合意」できるかどうかが、この制度のポイントになります。

本連載は、2012年12月19日刊行の書籍『オーナー社長のための税金ゼロの事業承継』から抜粋したものです。2015年1月1日施行の税制改正は反映されておりませんので、ご留意ください。

GTAC(ジータック)とは、株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/(写真は代表取締役の山下征孝)

著者紹介

連載オーナー社長のための税金ゼロの事業承継

オーナー社長のための 税金ゼロの事業承継

オーナー社長のための 税金ゼロの事業承継

編著 GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

事業承継の成功は自社株式を制することにあり ムダな税金を払わずに後継者に事業を譲り渡す。その秘訣は自社の株価を極限まで引き下げることにあった。「一年分のオフィス賃料は一気に払う」「高収益部門を分社化して本体の利…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧