相続・事業承継 事業承継 贈与
連載オーナー社長のための税金ゼロの事業承継【第14回】

決して侮れない「コツコツ贈与」の効果

非課税枠株式

決して侮れない「コツコツ贈与」の効果

暦年贈与の基礎控除110万円は、たしかに数億円単位での財産移転に悩んでいる方にとっては、微々たる数字に見えるかもしれません。しかし、チリも積もれば山となります。そんな「コツコツ贈与」の効果について見ていきましょう。

「株式=支配権」は少しずつ譲り渡す方法も

「非課税といっても、年にたった110万円では、いったいどの程度の財産を渡せるというのだろう……」
 
そんなオーナー社長の嘆きの声も聞こえてきそうです。確かに、億単位の財産を持つ人にとっては、非課税枠が年間(たったの)110万円というのは、あまり魅力的には思えないかもしれません。
 
それでも、「コツコツ贈与」も大切です。そもそも、後継者だって、いきなり平社員から社長に昇格するのではなく、社内での実績を積み上げ、役員としての経験を積んでなど、段階を踏んで社長の座を承継します。そんな後継者の成長に合わせて、役職に見合った自社株式を贈与していくかたちをとればいいのです。

 

後継者に対しては、非課税枠のみにとらわれず、前節の損益分岐点を考慮すれば、意外に節税メリットが多いもの。事業承継計画を進めつつも、少しずつ「株式=支配権」を後継者に譲り渡していくという一つのストーリーを作り上げることができるのです。
 
ただし、贈与に関して、節税面で注意すべきことがあります。せっかく非課税枠の110万円を毎年コツコツと贈与していったとしても、万が一途中でオーナー社長が亡くなってしまった場合、過去3年にさかのぼってその贈与財産(330万円)は、相続税の対象となってしまうということです。

配偶者控除を利用して妻に自宅を贈与

贈与や相続は何も後継者に対してのみ限ったことではありません。年間110万円の非課税枠を使って他の親族にコツコツと贈与しておけば、後に発生する相続税対策となったり、相続税の支払いのための資金としたりすることも可能でしょう。

配偶者に対しては、いわゆる「贈与税の配偶者控除の特例」が使えます。

結婚してから20年以上経った配偶者に限り、自分が住むための土地や建物などの不動産、あるいは不動産を購入するための資金を贈与する場合は、一定の要件を満たせば2000万円までの贈与に対しては、贈与税を非課税にする制度です。

基礎控除の110万円を合わせれば、2110万円までの不動産または購入資金の贈与には、贈与税がまったくかかりません。

とくに、土地・建物の不動産の評価は、時価ではなく路線価や固定資産税評価額に基づいて行われるため、現金よりも低くすることができます。不動産評価と暦年贈与の合わせ技で、より多くの財産を配偶者に残すことができます。

また、相続税には「小規模宅地等の特例」という規定があります。240平方メートル以内という制限付きですが、最高80%減額できるので、どのようなケースでも贈与税の配偶者控除の特例のほうが、節税効果が高いわけではありません。

自宅が240平方メートルよりはるかに大きい場合は、相続ではなく贈与で少しずつ配偶者に渡していくといいでしょう。あくまでも配偶者の長年の労をねぎらうために、生きているうちに、かたちにしてプレゼントしたいときに活用できる、そう考えておくのもいいと思います。

なお、贈与税の配偶者控除の特例を利用する場合は、不動産取得税や登記費用など、不動産取得に関わるさまざまな税金や費用が発生しますので、そうした費用も考慮して相続の節税効果と比較してみてください。

「贈与契約書」の作成がトラブルを防ぐ

贈与はあげる人ともらう人の合意があってはじめて成立する制度です。こうした点で後々になってトラブルにならないように、「贈与契約書」を残しておくことも大切です。ポイントは下記の5つです。


①契約(贈与)の目的を明確にする
②贈与の目的物(自社株式等)を明確にする
③引き渡しの履行期、引き渡しの費用の負担を明確にする
④贈与者、受贈者双方が記名または署名のうえ、押印する
⑤贈与契約の存在、作成時期を明確にしておきたい場合には、公証人役場に作成した契約書を持参して、「確定日付」を押してもらう

本連載は、2012年12月19日刊行の書籍『オーナー社長のための税金ゼロの事業承継』から抜粋したものです。2015年1月1日施行の税制改正は反映されておりませんので、ご留意ください。

GTAC

GTAC(ジータック)とは、株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/(写真は代表取締役の山下征孝)

著者紹介

連載オーナー社長のための税金ゼロの事業承継

オーナー社長のための税金ゼロの事業承継

オーナー社長のための税金ゼロの事業承継

編著 GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

事業承継の成功は自社株式を制することにあり ムダな税金を払わずに後継者に事業を譲り渡す。その秘訣は自社の株価を極限まで引き下げることにあった。「一年分のオフィス賃料は一気に払う」「高収益部門を分社化して本体の利…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest