相続・事業承継 事業承継 贈与
連載オーナー社長のための税金ゼロの事業承継【第13回】

暦年贈与の効果を検証する――「損益分岐点」はどこか?

暦年贈与相続税

暦年贈与の効果を検証する――「損益分岐点」はどこか?

贈与税と相続税で単純に比較すると、相続税のほうが税金は安くなります。しかし、暦年贈与を活用することで、相続税より有利になるケースもあります。今回はその「損益分岐点」について考えてみましょう。

「110万円の基礎控除」を考慮した実効税率に着目

暦年贈与には110万円の基礎控除があり、1月1日から12月31日までの1年間に110万円以内の贈与なら税金がかからず、これは毎年使える制度です。税金がかからない贈与枠があるわけですから、例えば、年間110万円ずつ、10年間続ければ1100万円を非課税で贈与できるなど、年数を重ねれば重ねるほど効果は期待できます。
 
しかしそれ以上に、相続税の実効税率と贈与税の実効税率との差に着目することで、税金を低く抑えることもできそうです。

 

その分岐点になるのが、「贈与の損益分岐点」といわれるものです。

何年かけて贈与ができるのか?

贈与の損益分岐点は、相続税の節税を目的にして生前贈与する場合は、
①「何年かけて」生前贈与すればいいか
②「いくらまで」生前贈与すればいいか
③「いくらずつ」生前贈与すればいいか

の3つの観点から、生前贈与が相続よりも有利になる分岐点がどこにあるかをシミュレーションで探していく方法です。

 
なお、生前贈与の対象者は無制限が基本で、法定相続人以外にも贈与することができますが、 株式承継は集中が原則なので、ここでは贈与を法定相続人に限っています。

 
贈与の損益分岐点は、まず現状分析を行いながら、相続税と贈与税のそれぞれの「実効税率」を求めることから始めます。「実効税率」は、実際に払うことになる税額が、承継する財産の総額にどれだけの割合を占めるかで決まります。

実効税率から毎年の贈与額を算定

相続税額は後継者である長男が自社と事業用の不動産を引き継いで相続割合が1/2、税額が1億6650万円、妻と次男はそれぞれ相続割合が1/4、税額が8325万円ですが、妻は配偶者控除があるので、実際には相続税はかからず、納税額の合計は2億4975万円となります。

この納税額を遺産総額の10億円で割ると、実効税率は24.98%と算定できます。

次に贈与税の実効税率を、速見表を使って見ていきます。すると、先に算定した24.98%の実効税率は、贈与税率50%の区分に合致します。

これらの数値を基にして、逆算する方法で毎年生前贈与する金額を割り出していきます。 以下の計算式による算定の結果、この年に1人に生前贈与する金額の損益分岐点は、理論上、1119万円ということになります。

24.98%={(A-110万円)×50%-225万円}/A   A≒1119万円

本連載は、2012年12月19日刊行の書籍『オーナー社長のための税金ゼロの事業承継』から抜粋したものです。2015年1月1日施行の税制改正は反映されておりませんので、ご留意ください。

GTAC

GTAC(ジータック)とは、株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/(写真は代表取締役の山下征孝)

著者紹介

連載オーナー社長のための税金ゼロの事業承継

オーナー社長のための税金ゼロの事業承継

オーナー社長のための税金ゼロの事業承継

編著 GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

事業承継の成功は自社株式を制することにあり ムダな税金を払わずに後継者に事業を譲り渡す。その秘訣は自社の株価を極限まで引き下げることにあった。「一年分のオフィス賃料は一気に払う」「高収益部門を分社化して本体の利…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest