倒産のリスクにも!? 派閥が社内に蔓延させる「マイナス発想」

前回は、中小企業の経営を揺るがしかねない「他力本願社員」の存在を解説しました。今回は、ときには会社を倒産させることもある、派閥によって引き起こされる社内の危険な状況について見ていきます。

成績の上がらない先輩が「数字をこっちへ回せ」と・・・

前回の続きである。

 

この派閥こそが他力本願体質を生む元凶なのだ。全社員が100人にも満たないような中小企業では、社内が2つの派閥に分かれ、互いに足の引っ張り合いをしていることがままある。

 

私がはじめて派閥というものを知ったのは、20歳を超えて営業職でバリバリ働きだしてからだった。私の直属の上司になった主任のHさんは、営業マンの鏡のような人で、社内でメキメキと頭角を現し、古参の社員を飛び越えて課長、部長、名古屋支店長まで出世していった。Hさんは社内で必要と思われることはつぎつぎと実行していった。会社の業績もうなぎ上りだ。私もHさんの薫陶よろしく営業でトップをとるようになった。

 

こうなると古参社員たちはおもしろくない。なにしろいままで年功序列に乗っかって部長だ、課長だと威張っていた人たちが、つぎの日から机も変われば座る場所も変わる。つぎつぎと窓際に追いやられていくわけだ。そこでこうした「負け組」が大っぴらに徒党を組み派閥ができることになる。負け組の派閥から聞こえてくるのは、Hさんへの批判と、Hさんの手腕をかっている社長への不満ばかりだ。このころから実力主義社会の波が押し寄せてきた。

 

こうなるとHさんの周りにも勝ち馬に乗りたい社員が集まってきて派閥ができる。そしてその気がなくても、当然私はHさんの派閥と見られてしまう。すると成績の上がらない同期の社員や先輩社員がやってきては、こういうのだ。

 

「それ以上、成績をあげても仕方ないだろう。数字をこっちへ回せ」

 

そのころ私は2年続けて営業でトップ賞をもらうほど営業力をつけていたので、たしかにノルマは早々に達成してはいたが、かといって大学卒で私より高い給料をもらっている同期の社員に自分の数字をやる理由はない。しかし月末がくる度に彼らの圧力に苦しめられた。そこでHさんに相談するとこう説得された。

 

「社員というのは会社の歯車のようなものだ。君のような優秀な社員には、どんどん成績を上げて、その数字をみなに回してもらわないと困るんだ」

 

その言葉を聞いたとき私は、会社員なんてやってられんなーと心底思った。

 

症状が進めば「派閥の理屈」が絶対化されることに

会社にとって害があるばかりの派閥がなぜ生まれるかといえば、会社という組織に乗っかって仕事をしているだけという不安が社員のなかにあるからだ。自分自身では何も考えられないし判断できない、責任もとれないという劣等感もある。

 

こうした不安や劣等感が常に心のなかにあるから、何か自分に不利なことが起きそうになると、自分以外のだれかのせいにしたがる。その共通の「だれか」を槍玉に挙げることで結びつくのが「派閥」だ。

 

派閥には、そのなかでしか通用しない「理屈」がある。派閥の外から見れば、それは理屈でも何でもなく、ただの甘え合いであったり、慰め合いであったりするのだが、派閥のなかにいるとそれが見えなくなる。ここから堕落がはじまる。

 

さらに症状が進むと派閥の理屈が絶対化されていくようになる。こうなると何のために会社にいて、何のために働いているのかがわからなくなる。人事も派閥が認めないと機能しなくなるし、営業方針や製品開発にまで派閥が介入するようになってくる。

 

すべてがマイナス発想になり、会社の組織は硬直化、社内は変化を好まないぬるま湯のような雰囲気になる。まさにこれが倒産にまで至る「堕落界」に堕ちた会社の姿だ。

 

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「経営戦略」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載中小企業経営の極意…「最強の社員」を育てる社長の意識改革術

昭和22年9月15日、現在の愛知県・豊川市に生まれる。昭和37年愛知県立豊川高校入学。昭和40年3月高校卒業。同年4月(株)磯村時計商会(名古屋)入社。昭和44年4月上京。(株)斉藤商店に入社しボランタリーチェーンの実際を学ぶ。東南アジア視察旅行やアメリカ合衆国一周視察旅行で知見を広め、昭和52年(株)お茶の雅設立。社長となる。平成4年若者の集い・雅会を設立。平成7年(株)雅、携帯電話事業に参入。平成15年(有)アイティエヌ設立。開発業、土地・建物の総合プロデュースに進出。

著者紹介

中小企業の経営極意 裏と表とそのあいだ

中小企業の経営極意 裏と表とそのあいだ

井指 好康

幻冬舎メディアコンサルティング

儲かる会社をつくる社長の思考・行動とは? 自分のため、会社のために働く「自立型社員」を増やし、 顧客から求められる会社になるための具体的ノウハウを満載! 中小企業コンサルタントが明かす「勝ち組社長」の共通点 ●…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧