不動産 国内不動産
連載建築デザインの力で「変形地」の価値を高める方法【第4回】

条件の悪い土地を「生まれ変わらせる」ためのポイントとは?

レンタブル比貸借面積傾斜地擁壁損害賠償責任

条件の悪い土地を「生まれ変わらせる」ためのポイントとは?

今回は、条件の悪い土地からの「収益性」を高めるポイント、そして「土地の管理」に関する注意などを見ていきます。

収益性を高める「レンタブル比」の引き上げ

条件の悪い土地を生まれ変わらせることは十分可能ですが、いくつかのセオリーがあります。これまで手掛けてきた実績をもとに、条件を逆手に取って土地を生まれ変わらせるポイントがどこにあるのかを見ていきましょう。

 

前提として、収益性にこだわるという姿勢は欠かせません。いくら構造物をつくっても、それが収益を生み出さなければ、事業は成り立ちません。それはレンタブル比0%の構造物ということになってしまいます。

 

例えば賃貸住宅を建てても、床面積のすべてを貸し出せるわけではありません。エントランスもあれば、階段やエレベーターのような上下に移動するためのスペースがあります。各階には廊下もあるでしょう。これらはすべて、貸し出せないスペースです。

 

ところが、これらのスペースをつくるのにも当然、コストは掛かっています。コストは掛かっていながら、それを回収できないスペースなのです。これに対して、これら共用部を除いた各住戸の面積は賃貸面積としてカウントできるスペースです。つくるのにコストは掛かっていますが、それを回収できるスペースです。

 

こうしたスペースの性格から、賃貸面積をできるだけ多く確保し、レンタブル比を引き上げることが、収益性を上げる一つのポイントになります。要するに、収益を生まないスペースはできるだけ省く。できればつくらないようにするということです。

 

もう一つ重要なのは、その収益性は場所によって異なるという点です。どの場所が高く貸せるかという点は用途によって異なるので一概には言えませんが、例えば店舗を例に取ると、地続きの1階が賃料は最も高いと考えていいでしょう。

 

地上12階建ての共同住宅・店舗併設の建物で駐輪場の確保が問題になったことがあります。この建物では1階店舗の賃料は坪単価で月3万円。2階に上がると、同じ店舗でも坪単価で2万5000円にまで下がります。3階まで上がると坪単価は1万5000円になってしまいます。その1階店舗部分を泣く泣く駐輪場に充てることを検討しようと建築主のOさんが言うのです。

 

しかし、1階店舗は貴重な収益源です。かたや駐輪場は収益をほとんど生み出しません。できれば、1階店舗はなるべく広く確保したい。ただ、そうすると、駐輪場をどこに確保するかという問題が浮上します。

 

最終的には、地下に駐輪場を確保し、地上階との間を結ぶ専用エレベーターを設置することにしました。エレベーターの設置コストなど費用は掛かりますが、1階に店舗を確保できるという経済メリットは享受できます。トータルで考えれば、1階の店舗スペースを駐輪場に充てるより収益性は大きいという結論に達しました。また別のケースでは、地下につくるのをやめて、3階部分や屋上に駐輪場を設置したこともあります。

 

収益を生まないスペースはできるだけつくらないようにする一方で、収益を生む場所にある床にはできるだけたくさん生み出させる――。これこそ、土地活用の一つのセオリーです。

変形地を所有している場合は「土地の管理」に注意

この考え方を斜面地に適用すると、そこをただ擁壁で土を覆うのではなく、賃貸住宅のような収益性の見込める構造物で傾斜地を覆うという発想が生まれます。

 

斜面地を所有している場合、その管理責任には注意を払う必要があります。例えば土砂崩れが起きて斜面地下に被害をもたらしたような場合、管理責任を負う土地所有者がそれを予見できたと認定されれば、損害賠償責任を問われる恐れがあるからです。

 

したがって、斜面地を所有していて、万が一それが崩落したときにその下に被害を受けそうなものがある場合には要注意です。あるいは既に、被害を受けそうな側から何らかの要請を受けているかもしれません。

 

問題はそのような場合です。要請を受け入れて、斜面が崩落しないように擁壁で覆おうとするかもしれません。確かに、万が一のことを考えると、ここで擁壁築造代を支払ってでもあらかじめ安全を確保したほうが、賢明かもしれません。損害賠償請求訴訟の対象にされてしまってはたまりません。

 

しかし、擁壁築造代はそれだけであれば回収しようがありません。擁壁を築造したことで斜面下の安全性が高まったとはいえ、それは誰も評価してくれません。万が一の場合が生じても安全だったというのは、半ば当然のことと見られてしまうからです。

 

そこで、この擁壁を単なる構造物ではなく、人の暮らす共同住宅で構成できないかと考えます。同じ構造物として斜面を覆う造りである以上、それが共同住宅だとしても、擁壁と同じ役割は果たせるはずです。斜面の崩落によってその下に何らかの被害を及ぼすことはまず考えられません。

 

もちろん、構造物としては規模がはるかに大きくなりますから、工事費用はかさみます。ただ一方で、賃貸部分を持つわけですから、そこを貸し出すことで一定の収益を得ることができます。支出は大きくなるものの、それをカバーする収入が発生するのです。それらがうまくバランスを取れる、十分検討に値するはずです。

本連載は、2014年6月12日刊行の書籍『変形地の価値を高めるマンションづくり』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

宮坂 正寛

株式会社環境建築設計 代表取締役
株式会社六耀 代表取締役 

早稲田大学理工学部建築学科卒業。「環境と人との接点を意識し心を配ること」を基本に、土地活用企画、分譲・賃貸マンションの企画・設計・施工管理、賃貸マンションの監理、建て替え、大規模修繕、コンサルティングなどを手がけ、35年間で300弱の竣工物件の実績を持つ。

著者紹介

連載建築デザインの力で「変形地」の価値を高める方法

変形地の価値を高めるマンションづくり

変形地の価値を高めるマンションづくり

宮坂 正寛

幻冬舎メディアコンサルティング

別荘地のような斜面地、一角に他人の土地を挟む変形地、奥まった場所にある旗竿地・・・。活用をためらってしまうような条件の悪い土地を活用するためには、その土地の潜在価値を引き出すことが重要です。本書では、そのために…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest