株式投資において「見切りをつけるべき」ケースとは?

今回は、株式投資において、見切りをつけるべきケースを見ていきます。※本連載は、株式ジャーナリストとして活躍する天海源一郎氏の著書、『こんな時代にたっぷり稼げる株の見つけ方』を一部抜粋し、個人投資家が株式投資で成功する思考法と売買スタイルを紹介します。

前段で急騰、購入後の上値が限られそうな場合

含み損が出ていなくても、ダメだと思って見切りをつけるべき銘柄はあります。すでに前段において急騰していて、自分が買った後の上値がどうも限られていそうだとわかってきたケースです。

 

つまり、必ずしも「見切り=損切り」ではないということです。

 

ちょっと辛抱していればもう一段上の水準をめざす展開が待っていることも考えられますが、少なくとも株価が頭打ちとなっている目の前の時点では、確かにそれが起こるとわかっているわけではありません。ならば、いったん見切ってしまったほうがいいと私は考えます。

どんなにスゴイ会社でも「凹む局面」がある

株式投資をしていると、「ソニーがまだ東京通信工業だった頃に買っておけば・・・」とか、「セブン─イレブンが国内に初出店した頃にその株を買っていたら・・・」といった幻想も抱きがちです。

 

ソニーやセブン─イレブンの大成功例は、いつの時代にも「最も成功した例のひとつ」として用いられるものです。けれど、現実にごく一般的な個人投資家でそういったことを実践できた人はほぼ皆無のような気がします。

 

この2社にしても、株価が低迷した局面は何度となく訪れました。株を手放す前提がほとんどない経営に参画している立場ならともかく、その間にも惑うことなく保有し続けるためにはかなりの精神力が必要ではないでしょうか?

 

私にはそのようなマネはできません。大事なのは、どんなにスゴイ会社であっても株価が凹(へこ)む局面があるという感覚を持っておくこと。そして、そのような局面でもガマンし続けられるように精神を鍛えるよりも、そのような局面は別の元気な株で勝負するほうが現実的だと私は思っています。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載個人投資家の絶対的売買イメージ~『こんな時代にたっぷり稼げる株の見つけ方』より

株式ジャーナリスト
個人投資家

1968年大阪市生まれ。関西大学社会学部卒業後、ラジオNIKKEI(旧ラジオたんぱ)入社。東京証券取引所兜記者ク ラブ記者、株式市況アナウンサー、マーケット情報部ディレクターなどを歴任。個人投資家向けの株式情報番組をプロデュースする。2004年独立後、個人投 資家向けの執筆、講演、プロデュースなどに精力的に取り組んでいる。個人投資家が儲けるための投資の啓蒙をライフワークとする。『夕刊フジ』(産経新聞) にて毎週木曜日「天海源一郎の株式フジ」連載中。『週刊現代』、『FRIDAY』(ともに講談社)、『サンデー毎日』(毎日新聞出版)、『ネットマネー』 (産経新聞出版)『BIGtomorrow』(青春出版社)等、各種メディアで活躍。

著者紹介

こんな時代に たっぷり稼げる株の見つけ方

こんな時代に たっぷり稼げる株の見つけ方

天海 源一郎

幻冬舎

時間をかけて勉強して理解した「理論」が、実際に株式投資を行う際には「ヤマ勘」と対して変わらないものになるというのが、多くの個人投資家の実像である。本書は、「ヤマ勘株投資」と決別するために必読の一冊。株式市場の全…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧